16
06月

松本零士特集(6/16~6/29)前売券発売中

CATEGORYイベント
titlehp_2018042517170532a.jpg(C)松本零士・東映アニメーション

松本零士特集(6/16~6/29)

~メトロ劇場に銀河が蘇る~

福井市美術館にて行われる『松本零士展 ー漫画界のレジェンドー』展示会、および『銀河鉄道999 』40周年を記念し『銀河鉄道999』(1979年)、『さよなら銀河鉄道999』(1981年)の2作品を上映いたします。両作品ともフィルム上映を予定。
浪漫溢れるこの2作品が今再びスクリーンに…この機会お見逃しなく!

999_20180430103220b55.jpg
若者は いま 未来へ旅立つ
母を殺した機械伯爵に復讐するため、そして永遠の命を手に入れるため、少年星野鉄郎は母に生き写しの謎の美女メーテルの協力を得て、遙か彼方のアンドロメダへと旅立つ。その先々に立ち寄る惑星で体験するさまざまな人間模様と出会いと別れ。やがて少年から大人へと成長していく姿を描くSFファンタジーアニメーションの傑作。

さよなら999 
・・・そして 少年は大人になる
地球に帰還し機械人間と戦い続ける鉄郎は、メーテルからのメッセージを受け取り再び999号に乗り込んだ。やがてラーメタルという星で若者ミャウダーと出会った鉄郎は、“メーテルがプロメシュームの跡を継いだ"という噂を聞いてしまう。程無くメーテルと再会を果たす鉄郎だが、メーテルはなぜか鉄郎に早く999を降りるようにすすめるのだった。そして黒騎士との戦い、謎の幽霊列車との遭遇を経て、999号は終着駅の惑星大アンドロメダに到着するが・・・。

松本零士展 -漫画界のレジェンドー / 福井市美術館 [アートラボふくい]

漫画・アニメ界の巨匠、松本零士(1938―)は、「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」など、宇宙を舞台にしたSF作品を数多く手掛け、私たちに夢とロマンを与え続けています。本展では、15歳でマンガ家としてデビューしてから現在にいたる足跡を、直筆の漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを通して紹介します。
会期=2018年6月2日(土曜)~7月8日(日曜)
観覧料=一般900円/大・高生600円/小・中生300円

松本零士来館イベント

於:福井市美術館 [アートラボふくい]
・トークショー 6/10(日) 13:30~
・サイン会 6/10(日) 15:00~
※詳細は福井市美術館 [アートラボふくい] 様にてご確認ください

往年の名作ポスター展

~第3回 漫画界のレジェンド 松本零士~

3回目となりました往年の名作ポスター展。
松本零士特集に合わせ、福井市美術館 [アートラボふくい] にて「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」、「わが青春のアルカディア」など10数点を展示いたします。お楽しみに!

特別前売鑑賞券 発売開始(5/18(金)~)

上映に先立ち、前売鑑賞券の発売を開始いたします。
一般:1300円/大学・専門・シニア(60歳~):1100円/小中高:800円
※メトロカードお持ちの方には入場時に1ポイント押印いたします
※前売り券ではサービスデー、レイト、駐車券等のサービスは対象外とさせて頂きます
 (フィルム代へのカンパだと思ってのご協力、ご理解頂けますと幸いです)
公開当初の前売り券を再現したデザイン。チラシは本特集に合わせた特別バージョンです!
是非この機会、お見逃しなく!!
999チラシ前売 

roby999.jpg 
ファンの方よりお借りした懐かしのLDジャケット計29枚展示!
ありがとうございます!!
26人のメーテルに見つめられるロビーは少し落ち着かない?
皆さまも懐かしグッズありましたらお寄せください♪
01
09月

貴方が創るフランス映画祭 上映作品アンケート

CATEGORYイベント

franceenq.jpg

 【貴方が創るフランス映画祭】上映作品アンケート

9月頃を予定している『フランス映画祭』
上映作品のアンケートを実施いたします!

ドロン、ドヌーヴ、モロー、ベルモンド!
フランスが世界に誇る名優たちの代表作7作品より、アンケートで選ばれた作品を上映。

ご応募お待ちしております!

場内での応募に加え、WEBでのアンケートも行っております。
下記よりお願いいたします。


france.jpg 
『太陽がいっぱい』『ダンケルク』 
これは難しい。「昼顔」も「悲しみのトルスタリーナ」も大好きな映画なのでドヌーブ二本にしてもいいけど、ドロン(本当は「ショック療法」とかがいいんだけど)と「ダンゲルグ」はノーラン版と比べてみてほしいと思うので、この二本になってしまった。 

『太陽がいっぱい』『昼顔』
 本音を言えば「アメリ」と「ニキータ」なんですけどね~ まあ古典名作ならこの2つかな… あ、あと「冒険者たち」が入ってないのはつくづく残念(´Д`) 

『太陽がいっぱい』『ダンケルク』 
昔の映画なので流石に観たことがない

『哀しみのトリスターナ』『ダンケルク』 
全部やった方が良い。

『昼顔』『突然炎のごとく』 
よろしくお願いします!

『太陽がいっぱい』『突然炎のごとく』
古い映画がとても好きです。このような企画を年に何回かやっていただけると嬉しいです。

『太陽はひとりぼっち』『ダンケルク』 
全部観たいです(笑) 

『太陽がいっぱい』『昼顔』
メトロさんで、観る映画は、いつも、おもしろい。実は、内容が、あまり分からない状態で、観に行くのですが、帰りには、いつも、連れと、観て良かったと話しています。上映時間が、もう少し、朝早く、最終が、遅いと、嬉しいです。でも、都合をつけて、これからも、観に行きます

『太陽はひとりぼっち』『突然炎のごとく』
メトロ劇場でトリュフォー、ぜひ拝見したいです。

『昼顔』『突然炎のごとく』 
東宝特撮映画(怪獣映画を除く)の特集を組んでいただけないでしょうか。
16
06月

第70回 カンヌ国際映画祭 受賞作品特集(6/16~8/3)

CATEGORYイベント
titlehp_20180428105022ce9.jpg 

第70回 カンヌ国際映画祭 受賞作品特集(6/16~8/3)

記念すべき第70回を迎えたカンヌ国際映画祭(2017)。
素晴らしい受賞作品の数々から、パルムドール(最高賞)に輝いた「ザ・スクエア」をはじめ計5作品を特集上映いたします。

bpm.jpg 
グランプリ受賞
全力で生きて、愛して、闘った――
1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。

onn.jpg 
主演女優賞 受賞(ダイアン・クルーガー)
砕かれた愛、癒えぬ悲しみ。この魂が私を突き動かす。
ドイツ、ハンブルク。幸せな家庭を築いていた主人公は、爆発事件により愛する夫と息子を失う。人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明し、愛する家族を奪われたカティヤは憎しみと絶望を抱えてさまよう…

beguiled.jpg 
監督賞 受賞(ソフィア・コッポラ)
ひとりの男、狂いゆく女たち
南北戦争期のアメリカ南部にある寄宿学園を舞台に、負傷して運び込まれた北軍兵士をめぐって、女性たちが情欲と嫉妬をむき出しにする姿を映す。女性の暗部をあぶり出した極上のスリラー

thesquare.jpg 
パルムドール(最高賞) 受賞
あなたの心が、試される
美術館のキュレーターが遭遇するさまざまなトラブルを通じて、現代社会の問題を辛辣な笑いと共にあぶりだす。他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにした風刺劇。

loveless.jpg 
審査員賞 受賞
幸せを渇望し、愛を見失う。
離婚の準備を進める夫婦が、12歳の一人息子の失踪に直面する。息子の行方を追う身勝手な両親の姿を美しくも冷ややかな映像で描くサスペンスドラマ。
31
12月

2018年 上映予定

CATEGORYお知らせ
tytleD.gif 

◆ 2018年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

5/26

6/1

ルイの9番目の人生

ハッピーエンド

時間回廊の殺人
6/2

6/8

アバウト・レイ 16歳の決断

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
6/9

6/15

ナチュラルウーマン
6/16

6/22

BPM ビート・パー・ミニット
(フィルム上映)

銀河鉄道999
6/23

6/29

女は二度決断する
(フィルム上映)

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅
6/30

7/6

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

ダンガル きっと、つよくなる
7/7

7/13
7/14

7/20

ザ・スクエア 思いやりの聖域

さよなら、僕のマンハッタン
7/21

7/27

ラブレス
7/28

8/3

オー・ルーシー!

君の名前で僕を呼んで
8/4

8/10
8/11

8/17
9/1

9/7

フジコ・ヘミングの時間
9/8

9/14
日程
調整中

タクシー運転手 約束は海を越えて NEW!!

四月の永い夢 NEW!!

ワンダーストラック NEW!!

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 NEW!!

この世界の片隅に NEW!!
(8/11~)

女と男の観覧車 NEW!!

ダリダ あまい囁き NEW!!

01
10月

タクシー運転手 約束は海を越えて(日程調整中)

txi.jpg 

約束は海を越えて
タクシー運転手

監督:
 チャン・フン
出演:
 ソン・ガンホ/キム・マンソプ
 トーマス・クレッチマン/ユルゲン・ヒンツペーター(ピーター)
 ユ・ヘジン/ファン・テスル
 リュ・ジュンヨル/ク・ジェシク
上映時間:
 137分
配給:
 クロックワークス

第90回 アカデミー賞 韓国代表出品
第54回 大鐘賞、第38回 青龍映画賞、他多数

1980年5月。
韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件――
あの日、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と
彼を乗せたタクシー運転手がいた。
ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

実在の人物をモチーフに、 韓国現代史に語り継がれる“あの日”に隠された もう1つの真実が明かされる――
戒厳令下の物々しい言論統制をくぐり抜け唯一、光州を取材し、全世界に5.18の実情を伝えたユルゲン・ヒンツペーター。その彼をタクシーに乗せ、光州の中心部に入った平凡な市民であり、後日、ヒンツペーターでさえその行方を知ることのできなかったキム・サボク氏の心境を追うように作られた本作は、実在した2人が肌で感じたありのままを描くことで、1980年5月の光州事件を紐解いていく。

国境を越えた名優が豪華競演!
韓国主要映画賞を総なめにした2017年No.1大ヒット作!
平凡なタクシー運転手に韓国映画界の名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者にドイツのベテラン俳優トーマス・クレッチマン。 他、唯一無二の存在感を放つユ・ヘジン、若手実力派リュ・ジュンヨルと豪華キャストが集結。ここに『義兄弟』『高地戦』のチャン・フン監督の演出が加わり、平凡なタクシー運転手と外国人記者、そして光州で出会う人々が危険な状況に負けず、最後まで自分の信念を貫き通した“あの日”をドラマチックな感動で包み込む話題作がついに日本上陸する。
01
09月

フジコ・ヘミングの時間(9/1~9/14)

fjk.jpg 

世界を魅了する魂のピアニスト。
いくつになっても夢を追い求める彼女の今、そして未来を解き明かす―。

監督:
 小松莊一良
出演:
 フジコ・ヘミング
 大月ウルフ
上映時間:
 115分
配給:
 日活

苦難を乗り越え、60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング
いくつになっても豊かな人生を奏でる。
パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都
・・・フジコと巡る旅
世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、
恋の話など彼女の“素顔”を解き明かす
60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で演奏活動を続ける フジコ・ヘミング。年間約60本のコンサートをこなし、チケットは即完売で新たな オファーも絶えない。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれている。本作は、世界を巡るフジコを2年間にわたって撮影した初のドキュメンタリー映画。
お気に入りのアンティークと猫た ちに囲まれて暮らすパリの自宅で迎えるクリスマスの情景、宮大工がリフォーム した古民家で過ごす京都の休日、留学時代の思い出が宿るベルリン郊外への旅など、初公開のフジコのプライベートが観れる。世界中の人々を魅了してやまないフジコの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのか?

14歳の時に描いた絵日記を公開!
数奇な人生と知られざる 家族のヒストリーに胸が熱くなる
幼少時に別れたスウェーデン人の父への複雑な想い、 ピアニストの母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、身。 貧しい留学生活、音楽の成功を目前にした聴力の要 失など、撮影中のインタビューと少女時代の絵日記を通 して語られるのは、波乱万丈の人生。どんな時も夢をあきらめず前に進み続けたフジコが、あるエピソードを通して、今再び家族への想いを噛みしめる。

世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、
圧巻の“ラ・カンパネラ
貴重なワールドッアーでの演奏と裏側、2017年12月1 日に東京オペラシティで行われたソロコンサートの「ラ・ カンパネラ」をほぼフルバージョンで収録。5分におよぶ そのシーンの中で、フジコは、生きざまがにじみ出るよう な圧巻の演奏を聴かせる。年齢を重ね様々な困難が あってもステージに立ち続けるフジコに迫る一。

~フジコが奏でる名曲たち~
♪ラ・カンパネラ
♪ため息
♪月の光
♪ノクターン
28
07月

君の名前で僕を呼んで(7/28~8/17)

kmnn.jpg 

何ひとつ忘れない。

監督:
 ルカ・グァダニーノ
出演:
 アーミー・ハマー/オリヴァー
 ティモシー・シャラメ/エリオ
 マイケル・スタールバーグ/パールマン教授(エリオの父)
 アミラ・カサール/アネラ(エリオの母)
 エステール・ガレル/マルシア
上映時間:
 132分
配給:
 ファントム・フィルム

第90回アカデミー賞(2018年) 「脚色賞」受賞!

誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す。
何ひとつ忘れたくないという想いに全米が恋をした。
1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく……。

数々の主演男優賞に輝いた新星ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーの共演。
『日の名残り』の名匠アイヴォリー×俊英グァダニーノの傑作。
17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた本作。男女を問わず、世代を問わず、たとえ今は忘れてしまっていても、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出すような、まばゆい傑作だ。昨年11月に全米公開されると大ヒットを記録。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされ、見事にジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞。いま世界中の映画ファンの注目を集めている話題作である。