23
12月

ボブという名の猫×福井犬・猫を救う会(12/23~1/5)

CATEGORYお知らせ
23755634_1521594074554582_1116747981304071949_n.jpg 

ボブという名の猫×福井犬・猫を救う会(12/23~1/5)

ねこあつめの家」に続き第2弾!!


猫の映画を観に行こう!!

12月23日~1月5日

ボブという名の猫」上映に合わせて「福井犬・猫を救う会」様の企画をさせて頂きます!
会の取り組みを知って頂ければ幸いです。

今回は映画にちなんで猫を迎えた家族がどう変わったか、どう感じているかをお便りを通して 少しでも伝わればと思い、ほんの一部ではありますがお便り・写真をご紹介致します。
是非見に来てくださいね

● 新しい飼い主様からのお便り展 ●
● 福井犬・猫を救う会の活動を知る ●
● 募金箱の設置 ●
● 他にも企画中!その他企画はメトロ劇場にて ●





31
05月
13
01月

笑う故郷(1/13~1/26)

bcdf136eaf5ae16d.jpg 

1/13~1/26


まったく人間って奴は---

監督:
 ガストン・ドゥプラット
 マリアノ・コーン
出演:
 オスカル・マルチネス/ダニエル・マントバーニ
 ダディ・ブリエバ/アントニオ
 アンドレア・フリヘリオ/イレーネ
上映時間:
 117分
配給:
 パンドラ

2016年 ヴェネチア国際映画祭 最優秀主演男優賞

それはノーベル賞受賞作家の40年ぶりの帰郷から始まった
アルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエルは、故郷の田舎町サラスからの招待を受け、40年ぶりに遥々スペインから帰郷する。国際的文化人ダニエルの帰郷に沸き上がるサラス。懐かしい故郷は、彼に「名誉市民」の称号を与え,人々は暖かく迎え入れてくれる。 青春時代を過ごした田舎町、旧友たちとの昔話、初恋の人との感傷的な再会…。町の絵画コンクールの審査員長も依頼され、故郷の英雄に熱い視線を送る若い女性なども出現し、ダニエルの帰郷は心地よい驚きと、秘密の喜びまでも味わっていた。
だが、ふと気づいてみると、彼を取り巻く事態は、いつの間にか思いもよらぬ方向へと方向転換しはじめ、田舎町サラスと国際人ダニエルは悲喜劇の渦に呑み込まれることに…。


アルゼンチンの田舎町を悲喜劇の渦が呑み込む!

本作「笑う故郷」は米アカデミー賞のアルゼンチン代表作に選出されたのを始め、スペイン・アカデミー賞で最優秀イベロマロウ文化賞を受賞。同じくスペイン国際映画祭の作品賞/脚本賞をW受賞、ギリシャ・テッサロニキ国際映画祭で観客賞など南米のみならず、ヨーロッパ各国で数々の映画賞を受賞。

いよいよ映画ファン待望の日本公開となる!
06
01月

婚約者の友人(1/6~1/19)

47818608a111c175.jpg 

1/6~1/19


彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く---

監督:
 フランソワ・オゾン
出演:
 ピエール・ニネ/アドリアン
 パウラ・ベーア/アンナ
 エルンスト・ストッツナー/ハンス
 アントン・フォン・ルケ/フランツ
 マリー・グルーバー/マグダ
上映時間:
 113分
配給:
 ロングライド

1919年、戦後のドイツ。愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く──

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし悲しみの日々を送っていたアンナは、ある日、フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼らの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンは自らの“正体”を告白する。
いくつもの謎を残したまま姿を消したアドリアンを探すために、フランスへ旅立つアンナ。パリ管弦楽団、ルーヴル美術館と、心当たりを訪ね歩くアンナは、アドリアンが入院したという病院へたどり着き、衝撃の記録を見つけるのだが──。


モノクロ×カラーの映像美が仕掛ける頭脳と心を揺さぶる極上のミステリー

殺人事件と共に女性の心理までも解き明かそうとした『スイミング・プール』から13年、フランソワ・オゾン監督が前作を超える本格的かつエレガントなミステリーを完成させた。
フランス国内で大ヒットを記録、メディアからも「偉大な作品」「傑作」と最高峰の賛辞を贈られ、たちまちヨーロッパへと広がった熱狂が、ついに日本にやってくる。
31
12月

2017年 上映予定

CATEGORYお知らせ

tytleD.gif 

◆ 2017年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。


◆上映予定一覧

◆ 調整/検討中

ノクターナルアニマルズ
幸せな人生の選択
ギフト僕が君に残せるもの
オン・ザ・ミルキー・ロード
はじまりの街
ユダヤ人を救った動物園
ブレードランナー ファイナル・カット
悪と仮面のルール
ほか


30
12月

シンクロナイズドモンスター(12/30~1/12)

eee58fcc623da6c4.jpg 

12/30~1/12


ダメウーマン⇔大怪獣 シンクロ率100%

監督:
 ナチョ・ビガロンド
出演:
 アン・ハサウェイ/グロリア
 ジェイソン・サダイキス/オスカー
 ダン・スティーブンス/ティム
 オースティン・ストウェル/ジョエル
 ティム・ブレイク・ネルソン/ガース
上映時間:
 110分
配給:
 アルバトロス・フィルム

巨大な怪獣を操るダメウーマンが、負け犬人生と世界の危機に立ち向かう!!

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの毎晩酒に酔って暴走し、ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出されてしまう。 家も仕事も彼氏も失ったグロリアが向かったのは、生まれ故郷の小さな田舎町。 そこでばったり再会した幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)に誘われ、グロリアはオスカーが営むバーで働くことになる。

グロリアが新生活への一歩を踏み出す中、衝撃のニュースが世界を駆け巡る。 韓国のソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。 テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、ただひとりグロリアはある異変に気付く。 「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!


主演・製作総指揮アン・ハサウェイ、会心の一撃!!

アカデミー賞®受賞女優アン・ハサウェイ。出世作『プラダを着た悪魔』を経て、『マイ・インターン』でのキャリアウーマン役で再び多くの女性から共感を呼んだのも記憶に新しい。
そんな彼女が、本作では打って変わってダメウーマンのグロリアを演じる。それだけでも驚きだが、なんと巨大な怪獣とシンクロしてしまうというから、洗練された彼女に憧れるステキ女子は気絶してしまうかもしれない。しかし、プロデューサーとしても本作に関わった彼女自身は「最も自分らしいキャラクター」であると語る。もちろん怪獣の方ではない。そして、俳優・コメディアンのジェイソン・サダイキス、『美女と野獣』で世界的ブレイクを果たしたダン・スティーヴンスら男性陣が脇を固める。
本作は、まさに怪獣バトルとダメウーマンの成長という対極にある物語が、見事にシンクロしたエンターテインメントである!
女子力ゼロのセカイ系バトル・エンターテインメントついに日本上陸!!
30
12月

ありがとう、トニ・エルドマン(12/30~1/12)

2933376a6f07e08c.jpg 

12/30~1/12


愛は不毛じゃない。

監督:
 マーレン・アーデ
出演:
 ペーター・シモニスチェク/トニ・エルドマン
 サンドラ・フラー/イネス
 ミヒャエル・ビッテンボルン/ヘンネベルク
 トーマス・ロイブル/ゲラルト
 トリスタン・ピュッター/ティム
上映時間:
 162分
配給:
 ビターズ・エンド

第89回米アカデミー外国語映画賞ノミネート
他 多数受賞

はじめまして、トニ・エルドマンと申します。
悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。たまに会っても、イネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くブカレストへ。父の突然の訪問に驚くイネス。ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行った。ホッとしたのも束の間、彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。職場、レストラン、パーティー会場──神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラもつのる。しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの仲は縮まっていく…。


ジャック・ニコルソンが自ら名乗りを上げ、ハリウッド・リメイクが決定!! 観る者の心を鷲掴み! 40以上もの賞に輝く、これぞ2016年の映画ベスト1!

ワールドプレミアとなったカンヌ国際映画祭で公式上映されるや、カンヌは本作の話題で持ちきりとなった。スクリーン・インターナショナルの星取りでは、歴代最高得点3.7(4.0満点)を獲得。主要賞は逃したものの「観客と批評家にとってのパルムドール」と言わしめ、マスコミから絶賛された。既に公開されたドイツ、フランスでは異例の大ヒットを記録し、アカデミー賞ノミネートをはじめ、全米、ニューヨーク、ロンドンなどの映画批評家協会賞の外国語映画賞を受賞。ヨーロッパ映画賞では作品賞、監督賞、男優賞、女優賞、脚本賞と主要賞を総なめ! 世界の映画祭、映画賞を席巻している。