03
06月 2017

はじまりへの旅(6/3~16)

cbdba562d49e714b (1) 

6/3~16


普通ってなんですか?

監督:
 マット・ロス
出演:
 ビゴ・モーテンセン
 フランク・ランジェラ
 ジョージ・マッケイ
 サマンサ・アイラー
 アナリース・バッソ

カンヌを始め、世界中の映画祭で数々の賞を受賞!

森で暮らすヘンテコ家族が、旅に出た。世界中が大喝采!笑いも涙も溢れ出る、最強で最高のロードムービー!!

どこを見渡しても雄大な自然が広がるアメリカ北西部。電気やガスはおろか、携帯の電波さえ届かない大森林の中で、自給自足のサバイバル生活を送る奇妙な一家がいた。高名な哲学者ノーム・チョムスキーを信奉し、現代の文明社会に背を向けた父親ベン・キャッシュと6人の子供である。18歳の長男ボウドヴァン、15歳の双子キーラーとヴェスパー、12歳の次男レリアン、9歳の三女サージ、そして7歳の末っ子ナイは学校に通わず、先生代わりのベンの熱血指導のもと、古典文学や哲学を学んで6ヵ国語をマスター。おまけにアスリート並みに体を鍛え、ナイフ1本で生き残る術まで身につけていた。子供たちにとって大森林での生活は毎日が冒険で、そこはまさにキャッシュ家の理想の楽園だった。

ある日、“スティーブ”と名付けたバスに乗って山のふもとの雑貨店を訪れたベンは、数年前から病で入院していた妻レスリーが亡くなったという知らせに心を痛める。泣きじゃくる子供たちは、「お葬式に行かなくちゃ」「ママに会いたい」と懇願。レスリーの父親ジャックと折り合いが悪く、「来れば警察を呼ぶ」と警告されているベンはためらうが、意気消沈した子供たちを不憫に思い、彼らの願いを受け入れる。目指すは2400キロ離れたニューメキシコ。一家が成し遂げるべきミッションは、仏教徒のママを教会から“救出”すること。ベンが「戦闘開始だ!」と号令をかけると、バスに乗り込んだ子供たちは一斉に雄叫びを上げた。

--------------------------------------------

世の中にはちょっと変わった家族はよくいるが、キャッシュ家の親子7人ほど何もかもが型破りで、奇妙キテレツな一家はどこにもいない。現代社会に背を向けてアメリカ北西部の山奥にこもり、インターネットなどのテクノロジーには一切依存せず、自給自足のサバイバルライフを実践。厳格な父親ベンの教えのもと、18歳から7歳までの6人の子は古典文学や哲学書に読みふけり、誰もが6ヵ国語をしゃべる。さらに鍛え抜かれた身体能力はアスリート級で、ロッククライミング、狩猟、マーシャルアーツと何でもござれ!
そんな大森林で暮らす一家の“初めての旅”を紡ぎ上げたロードムービーが、行く先々で観客の笑いと涙を誘い、熱狂的な拍手喝采を浴びている。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた快挙を皮切りに、世界各国の映画祭や全米の賞レースをにぎわせ、わずか4館での封切りでスタートした全米公開は600館にまで拡大し、4ヵ月以上のロングラン・ヒットを記録。かくしてインディペンデント映画の枠を超え、異例の快進撃を続けている話題作、それが『はじまりへの旅』である。
27
05月 2017

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(5/27~)

2b4767ec547894ca.jpg 

5/27~


人生何があっても、「生きること」を楽しんで。

監督:
 松谷光絵
出演:
 ターシャ・テューダー
 セス・テューダー
 ウィンズロー・テューダー
 エイミー・テューダー

~ターシャ・テューダー生誕100年企画~
アメリカを代表する絵本作家であり、世界中に愛された<スローライフの母>ターシャ・テューダーの魅力を解き明かす永久保存版ドキュメンタリー

「忙しすぎて心が迷子になっていない?」色とりどりの花が咲き誇る庭を眺めながら、丁寧に淹れたお茶をゆったりと味わう女性が、スクリーンの中からそう問いかける。現代社会に生きる私たちのほとんどが、大きくうなずくことだろう。
彼女の名前はターシャ・テューダー、アメリカを代表する絵本作家の一人だ。1938年に23歳でデビューし、コーギ犬が主人公の『コーギビルの村まつり』がベストセラーを記録、児童書の普及に貢献した人物に贈られるレジャイナ・メダルなど数々の栄誉ある賞に輝いた。

だが、ターシャを世界的に有名にしたのは、絵本だけではなかった。1971年、子育てを終えた56歳の時、ターシャはバーモント州の山奥に息子のセスが手作りで建てた18世紀風の農家に移り住む。2008年に92歳でこの世を去るまで、植物と動物をこよなく愛し、自然に寄り添った一人暮らしを続けたのだ。ターシャが作り上げた天国のように美しい庭は、“アメリカのコテージガーデンの手本”と称えられ、彼女の“ライフスタイル”そのものが人々を魅了した。

--------------------------------------------

日本でも、1996年にターシャの暮らしを紹介した『ターシャ・テューダー 手作りの世界 暖炉の火のそばで』(KADOKAWA/メディアファクトリー刊)が出版されて話題を呼ぶ。彼女の言葉を集めた書籍や、庭を紹介する本が次々と刊行され、トータル400万部を超える大ヒットを記録、一大ブームを巻き起こした。さらにTVでもNHKで2005年から4本の番組が放送され、それ以降もファンの願いに応えて地上波とBSで再放送を繰り返す人気番組となった。
そして、生誕100周年となる2015年、ターシャの多彩な世界を紹介する展覧会が開催され、2年をかけて日本全国を巡回、オープニングを飾った松屋銀座では13万人が来場し、全国動員累計38万人という記録を達成した。

このメモリアルイヤーズのクライマックスとなるのが、本作『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』である。監督の松谷光絵が、10年間にわたり取材してきたターシャのリアルな姿。今回追加で撮影した新たな映像が加えられた。これまで撮影が許されなかった、書斎や洗面台などのプライベートスペースと、現在のテューダー家という非常に貴重な映像をカメラに収めることに成功したのだ。記念の年にふさわしい〈完全版〉の映画となって今、ターシャがスクリーンに蘇る。
タイトルの〈静かな水〉とは、「静かな水のように穏やかであること。周りに流されず自分の速さで進むこと」という、ターシャの言葉からとられている。「思う通りに歩めばいいのよ」と微笑む、自由な精神あふれる<スローライフの母>がのこしてくれた、「人生を存分に楽しむヒント」をあなたに──。
20
05月 2017

ヨーヨー・マと旅するシルクロード(5/20~6/2)

b5d6e4300f1fd967.jpg 

5/20~6/2


歓びのハーモニーが 未来への道を結ぶ---

監督:
 モーガン・ネビル
出演:
 ヨーヨー・マ
 ジョン・ウィリアムズ
 タン・ドゥン
 ケイハン・カルホール
 梅崎康二郎

『バックコーラスの歌姫たち』のモーガン・ネヴィル監督が、ヨーヨー・マと【音の文化遺産】を世界に発信するシルクロード・プロジェクトに迫るドキュメンタリー

過去16年間、そうそうたる音楽家たちが音楽の普遍的な力を信じて、共に活動してきた。かつてアジア、アフリカ、ヨーロッパを繋ぐ役割を担った古代の貿易ルートにちなんで名付けられたシルクロード・アンサンブルは、チェロ奏者ヨーヨー・マを中心に結成された国際的な音楽家集団である。ヨーヨー・マの音楽は地図上の国境をなくし、多様な文化を1つにし、アーティストと観客双方に希望をもたらす音楽の力を実証し続けてきている。

本作の中では、総勢50名以上のアンサンブルの楽器演奏者たちの中から、注目すべき音楽家たちを追う。ボーカリスト、作曲家、編曲家、ビジュアル・アーティストなど、実に幅広いメンバーたちである。このアーティストたちは世界各地で集まり、伝統を継承しつつも、芸術がさらなる文化的進化を遂げる方法を模索している。

1回限りのパフォーマンス映像や、アーティストへのインタビュー、貴重な幼少期の映像などを交えながら、カメラはシルクロード・アンサンブルの本拠地ボストンから、世界各地への旅路に焦点を当てる。メンバーそれぞれの情熱、才能、時には育ってきた社会での犠牲などが浮き彫りになり、アーティスト個人のルーツへと迫っていく。それぞれの人生の物語を通して、この大胆な音楽的実験、人々を繋ぐ絆をめぐる探求を、鮮やかな色で描き出している。

--------------------------------------------

世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000年に【音の文化遺産】を世界に発信するために立ち上げた“シルクロード・アンサンブル”。異文化がクロスするシルクロードにゆかりがあり、さまざまな歴史的、文化的、政治的背景を背負ったメンバーたちとともに、ヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確立していく。

クラシック界の巨匠ヨーヨー・マが追求しているものは何か?パリの幼少期からの貴重な映像、ニューヨークで親交を深めたジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言と、名曲の演奏シーン。ステージでは見ることのできない音楽創造過程や、世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。ケマンチェ、中国琵琶(ピパ)、尺八、バグパイプなど伝統的な東西の音楽と現代音楽とが融合し、国境を超えた究極の音楽そして人間のハーモニーが紡がれ、観る者の心に響く。
20
05月 2017

ラビング 愛という名前のふたり(5/20~6/2)

2c1e64dec07b3aa6.jpg 

5/20~6/2


ただ、一緒にいたかった----
  その切なる願いが、世界を変えた。

監督:
 ジェフ・ニコルズ
出演:
 ジョエル・エドガートン
 ルース・ネッガ
 マートン・ソーカス
 ニック・クロール
 テリー・アブニー

本年度アカデミー賞 最有力!! ゴールデン・グローブ賞Wノミネート

1958年、
黒人と白人の結婚が違法だった時代に結ばれた、ラビング夫妻の感動の実話。
アメリカ史上最も純粋なラブストーリー

レンガ職人のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

--------------------------------------------

1958年、アメリカ、ある夫婦が逮捕される。
ふたりの肌の色が違うというだけで──。

ある夜、突然逮捕されたラビング夫妻。その罪の名は、“結婚”──今からわずか60年前のこと、アメリカのいくつもの州で異人種間の結婚が禁じられていた。だが、活動家でもなく、ごく普通の労働者階級のラビング夫妻の訴えによって、1967年に遂に法律が変わる。この驚くべき実話に深い感銘を受けた名優コリン・ファースがプロデューサーを名乗り出て、映画化が実現した。
いったい、ラビング夫妻はどうやって国を動かしたのか? きっかけは、妻のミルドレッドが、ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ司法長官に書いた1通の手紙。愛する夫のリチャードと生まれ故郷で夫婦として暮らしたいと願ったのだ。
気鋭の監督が丁寧に慈しむようにスクリーンに焼きつけたのは、実在の夫妻の慎ましくも美しい人生。主演の二人の一点の曇りもない演技が、観る者すべての心を揺さぶる。
二人は自分たちの“LOVINGラビング”という名前の通り、ただひたすらに愛を貫いた。歴史までを変えた、史上最も純粋な愛を描いた感動作が誕生した。
13
05月 2017

デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』(5/13~19)

ziggy.png 

5/13~5/19


宇宙から落ちてきた男は世界に愛され、そして星になった

監督:
 D.A.ペネベイカー 
撮影:
 ジム・デズモンド、マイク・デイヴィス、ニック・ドーブ
 ランディ・フランケン、D.A.ペネベイカー
編集:
 ロリー・ホワイトヘッド
衣装:
 フレディ・バレッティ、山本寛斎
メイク:
 ピエール・ラロシュ 

1973年7月3日、グラム・ロックの頂点に君臨しながら自らその幕を下ろした
「ロックン・ロールの自殺者」デヴィッド・ボウイ 宿命の歴史的ライヴ!

2016年1月10日、
 稀代のロッカー、デヴィッド・ボウイは
 予言的な最後のアルバム『★』を残して逝ってしまった。
 
さかのぼること43年、1972年2月から73年7月にかけて、
 「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っ提げ、
 25歳のボウイは、クィーン・エリザベスⅡ世号に乗船し
 イギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。
 
そして73年7月3日、
 ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での最終公演。
 華やかで妖しいグラム・ロックの寵児ボウイは、コンサートの最後で、
 突然自らグラム・ロックを葬り去るのだった。

--------------------------------------------

レディ・ガガ、マドンナら世界の音楽シーンに多大な影響を与えた伝説のロック・スター、デヴィッド・ボウイ。その衝撃的な死から一年。1973年の歴史的ライヴを寺尾次郎の新訳で全曲完全字幕付きで本邦初公開!

監督は、ハンディカメラと同時録音によるドキュメンタリーの第一人者で、
すでにボブ・ディランやジョン・レノンを撮影し、ゴダールとも仕事をしていた、
D.A.ペネベイカー(2012年アカデミー名誉賞受賞)。
衣装は、71年に日本人として初めてロンドンでコレクションを行った27歳の山本寛斎。
 
ジギーの物語と言葉の意味が伝わりやすいように、初めて全曲に新訳で歌詞字幕を挿入。
字数制限のある中、ボウイの意図を簡潔に表現した翻訳は、元ミュージシャンでもある寺尾次郎。

--------------------------------------------

Tracks
  • 君の意志のままに
  • 屈折する星くず
  • あの男を注意しろ
  • フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年
  • すべての若き野郎ども
  • ユー・プリティ・シングス
  • 月世界の白昼夢
  • チェンジス
  • スぺイス・オディティ
  • 私の死
  • 気のふれた男優
  • 時間
  • 円軌道の幅
  • 夜をぶっとばせ
  • サフラジェット・シティ
  • ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
  • ロックン・ロールの自殺者
13
05月 2017

お嬢さん(5/13~5/26)

T01a_170486.jpg 

5/13~5/26


愛されたくは、騙せ。

監督:
 パク・チャヌク
出演:
 キム・ミニ  秀子
 キム・テリ  スッキ(珠子)
 ハ・ジョンウ 藤原伯爵
 チョ・ジヌン 上月
 キム・ヘスク 佐々木夫人

世界中で外国語映画賞を席巻!!73ノミネート33受賞!(2017/2/3時点)

令嬢、侍女、詐欺師、富豪。
欲望の館で、誰が誰を騙し、愛されたのか-----。

舞台は1939年の朝鮮半島。支配的な叔父と、膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに暮らす華族令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへ、新しいメイドの少女スッキ(キム・テリ)がやってくる。実は詐欺師一味に育てられた孤児のスッキは、秀子の莫大な財産を狙う詐欺師(ハ・ジョンウ)の手先だった。詐欺師は「伯爵」を名乗り、スッキの力を借りて秀子を誘惑し、日本で結婚した後、財産を奪う計画だ。スッキはメイドとして屋敷に入り込むことに成功するが、秀子お嬢様んい使えているうちに、美しく純真で孤独な秀子に惹かれていく。そして秀子も献身的なスッキに心を開いていく・・・そして物語の幕開けから60分、我々は予想だにしなかった展開に目を見張ることになる -----

--------------------------------------------

「オールドボーイ」のパク・チャヌクが仕掛ける、大胆で過激な罠。
幕が上がったら最後、あなたはもう、極限の騙し合いから逃げられない ----

「オールド・ボーイ」で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、「渇き」で第62回カンヌ国際映画祭・審査員賞を受賞、その後の「イノセント・ガーデン」ではハリウッドへ進出したパク・チャヌクが選んだ最新作は、「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得した、英国の小説家サラ・ウォーターズの傑作「荊の城」。

韓国では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新し、アメリカ、フランスを合わせてすでに500万人以上を動員してスキャンダラスな大ヒット作となった。賞レースではナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で本年度 トップ5 外国語映画に選出されたのを皮切りに、全米映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞外国語映画賞などオスカー前哨戦の各州の批評家協会賞で外国語映画賞を総なめにしている。
06
05月 2017

私はダニエルブレイク(5/6~)

62c01bdc3e2af722.jpg 

5/6~


人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。

監督:
 ケン・ローチ
出演:
 デイブ・ジョーンズ
 ヘイリー・スクワイアーズ
 ディラン・フィリップ・マキアナン
 ブリアナ・シャン
 ケイト・ラッター

第69回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

--------------------------------------------

名匠ケン・ローチが<今、だからこそ>全世界に伝えたいメッセージ。涙と感動の最高傑作。

前作の『ジミー、野を駆ける伝説』を最後に映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督。しかし、現在のイギリス、そして世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々を目の当たりにし、今どうしても伝えたい物語として引退を撤回してまで制作されたのが本作『わたしは、ダニエル・ブレイク』である。

複雑な制度に翻弄され、人としての尊厳を踏みにじられ貧困に苦しみながらも、助け合い生きていこうとするダニエルとケイティ親子との心の交流が世界中を感動と涙で包み込み、カンヌ国際映画祭では、見事、『麦の穂をゆらす風』に続く2度目のパルムドールを受賞した。労働者や社会的弱者に寄り添い、彼らを取り巻く厳しい現実と、それでも今日を懸命に生きようとする人間たちを描き続けてきたケン・ローチ監督の集大成であり最高傑作との声が相次いでいる。
長編映画監督デビューから50年。人間ドラマの名手の集大成にして最高傑作と絶賛される作品が、遂に日本公開となる。
06
05月 2017

揺れる大地(5/6~5/12)

51QKK74D2JL.jpg 

5/6~5/12


LA TERRA TREMA (EPISODIO DEL MARE) 

1948年/イタリア/160分/モノクロ/スタンダード/モノラル
監督:
 ルキーノ・ヴィスコンティ
製作:
 サルボ・ダンジェロ
原案:
 ルキーノ・ヴィスコンティ
出演:
 アントニオ・アルチディアコノ
 ジュゼッペ・アルチディアコノ
 アントニーノ・ミカーレ

代々漁業を営んできたヴァラストロ一家の長男ウントーニは、仲買人の搾取を嫌い直接競りに出そうとするが、仲買人とけんかをして逮捕されてしまう。釈放され、今度は家を抵当に入れて鰯の加工業に手を出すが、不幸な出来事が続いて家族はバラバラになっていく。

--------------------------------------------

《本修復について》
この修復版は、CSC-CINETECA NAZIONALE (ナショナル・フィルム・アーカイヴ)と、Ripley’s Film、Viggoのコラボレーションにより、2016年3月に完成した「デジタル2Kリマスター版」です。

 シチリア、アーチ・トレッツァの漁村。
 ヴィスコンティは二作目で、仲買人たちに不当に搾取される漁師たちと、それに刃向ったがために崩壊するある家族の運命を描いた。
 撮影はオールロケ、全出演者を住民からキャスティング、台詞のシチリア方言には標準語字幕をつけるという徹底したリアリズムで、ネオレアリズモの頂点を極めた。だがそれは神話的風格、荘厳さすら漂う叙事詩となり、他のネオリアリズモ作品とは一線を画している。

06
05月 2017

若者のすべて(5/6~5/12)

615Ixjt9MQL.jpg 

5/6~5/12


ROCCO E I SUOI FRATELLI

1960年/イタリア=フランス/179分/モノクロ/ヨーロピアン・ヴィスタ/モノラル
監督:
 ルキーノ・ヴィスコンティ
製作:
 ゴッフリード・ロンバルド
原作:
 ジョヴァンニ・テストーリ
出演:
 アラン・ドロン
 アニー・ジラルド
 レナート・サルヴァトーリ
 クラウディア・カルディナーレ
 カティーナ・パクシヌー

父を失い南部で貧窮にあえいでいたパロンディ家は、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄を頼って、老いた母と兄弟4人でやって来る。しかし、田舎者の彼らに都会の風は冷たかった……。ボクサーとして頭角をあらわしはじめた次男のシモーネは娼婦のナディアにのめり込むが、ナディアが弟のロッコに思いを寄せていると知ったとき、ロッコの前でナディアを激しく犯してしまう……。

--------------------------------------------

《本完全修復版について》
この「179分完全修復版」は、マーティン・スコセッシ設立のザ・フィルム・ファンデーション
とグッチの資金提供によりフィルムを4Kで修復、2015年に完成した「デジタル4Kリマスター版」です。
2015年第68回カンヌ国際映画祭カンヌ・クラシックスにてワールドプレミア上映。
【今回、劇場での上映は4K完全修復版マスターから変換した2K上映となります。】

母親に連れられて貧しい南部の農村ルカーニアから北部の大都市ミラノに移住した大家族。
その五人兄弟が辿る運命を通して、イタリアの南北問題と人間の弱さが残酷なまでに浮き彫りになる。
ヴィスコンティの重要なモチーフである家族崩壊を、重要な特徴であるスター主義でドラマティックに描いたこの一大叙事詩は、ネオレアリズモの最後の作品となった。前期の集大成であるこの作品に、本人は後年深い愛着を示している

29
04月 2017

ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年 没後40年メモリアル(4/29~)

CATEGORYお知らせ
T01a_171476.jpg

---- イタリア・ネオレアリズモの軌跡 ----

三作品特別上映

5112C32GPBL.jpg 
1942年/イタリア/126分/モノクロ/スタンダード/モノラル

51QKK74D2JL.jpg
1948年/イタリア/160分/モノクロ/スタンダード/モノラル



615Ixjt9MQL.jpg
1960年/イタリア=フランス/179分/モノクロ/ヨーロピアン・ヴィスタ/モノラル