17
03月

『デトロイト』差別問題を考える

CATEGORYイベント
detroithp.jpg  

『デトロイト』差別問題を考える

 ~50年前の大暴動が映し出す"アメリカの今"~


1967年の夏、権力や社会に対する黒人たちの不満が爆発したデトロイト暴動は、死者43名、負傷者1100名以上を数える米史上最大規模の大惨事となりました。ビグロー監督は、その凄まじい暴動の模様を、ドキュメント映像を交えリアルに再現。そして、実在の被害者をアドバイザーとして現場に招き、暴動の最中に起こった白人警官3人による暴行/殺人事件に焦点を絞り、歴史の闇に眠っていた“戦慄の一夜”の真実に肉薄していきます。

2016年、NFLの選手が米国の国歌斉唱中にひざまずき、警察の黒人への暴力に対して抗議したことに始まり今や世界中に広がりつつある人種差別、警察暴力への抗議行動。2017年9月、黒人容疑者を射殺して殺人罪に問われた白人元警察官に対し、米ミズーリ州セントルイスの裁判所が無罪判決を言い渡し、これに反発した抗議デモの一部が暴徒化する事件が起こるなど、今のアメリカ社会は本作が描く50年前と変わらないように見えます。本作は、アメリカが抱え続ける「闇」、「矛盾」を白日にさらします。過去との対比から今のアメリカについて考え、理解する一助となるでしょう。

翻って我が国日本を考えてみてください、果たして「差別はない」のか。

記憶に新しい「ヘイトスピーチ」。外国人労働者の数は100万人を突破し、経済政策と併せて移民受け入れに関する議論はより活性化しています。ダイバーシティーが進むとはいえ社会に残る「Glass Ceiling」、女性軽視、障碍者差別、いじめ、引きこもり.そして人権問題・・・。
対岸の火事では決してないのではないか。

多様性を認め、偏見・差別のない社会を作るにはどうしたらよいか、自分たちに何ができるのでしょうか。

dtr.jpg 
1967年、米史上最大級の暴動勃発。
街が戦場と化すなかで起きた"戦慄の一夜"

デトロイト(3/17~3/30)


10
03月

平和と環境 ForPeace - 3.11 伝えたい想い -

CATEGORYイベント

311hp_20180101192109323.jpg 平和と環境 For Peace

- 3.11 伝えたい想い - 


2011年3月11日 1万5千人近くの尊い命を奪い今も2,600名あまり行方不明のままとなっている東日本大震災。まるで映画を見ているかのような光景、そして追い打ちをかけるかのような福島第一原発事故。時間とともに風化していく人々の記憶。
しかし、今なお事故処理は遅々として進まず、たくさんの方々が避難生活を強いられ、困難と不自由の日々を送っている現実があります。  

福島からは遠く離れますが、数多くの原発を抱えるこの福井の地においては、決して
他人事で済ましてはいけない、考えなくてはならない問題ではないでしょうか。

毎年8月15日 終戦の日に戦争・平和・環境問題を扱ってきた『平和と環境 For Peace』。本年からは3月11日の震災・環境問題、8月15日の戦争と平和、とテーマを分けて開催させていただきます。
ぜひこの機会に各々の問題に触れ、一緒に考える時間を頂戴したく存じます。

「見て見ぬふりをするのは僕にはできないこと」
2011年の東日本大震災以来、被災地への訪問を繰り返していた音楽家の坂本龍一は被災したピアノと遭遇し、津波に流されて水に浸かったピアノの音を聞く。
sr.jpg 
これは最終楽章のはじまりなのか

「殺さなきゃだめですか?」
東日本大震災による原発事故の影響で被ばくした牛たちを、殺処分せずに生かし続ける畜産農家たちの静かな戦い
hbk.jpg 
経済価値が無いからと言って、
被ばく牛の殺処分に合意できますか?
03
02月

早春 芸術特集(2/3~4/6)

CATEGORYイベント

arthp_201801051901405f3.jpg 

早春 芸術特集(2/3~4/6)


セザンヌと過ごした時間(2/3~2/16)
謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス(2/17~3/2)
ゴッホ 最期の手紙(2/24~3/9)
ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(3/10~23)
Ryuichi Sakamoto: CODA(3/10~23)
ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(3/24~4/6)


■ セザンヌと過ごした時間(2/3~2/16)
ピカソに「我々の父」、マティスに「絵の神様」と崇拝された、画家ポール・セザンヌ。
眩い太陽が降り注ぐ南仏プロヴァンス、芸術の都パリを舞台に、名画に隠された、激しくも美しい友情の実話。
http://www.cetera.co.jp/cezanne/

■ 謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス(2/17~3/2)
15~16世紀のネーデルランドで活躍した天才画家。人物像の詳細はおろか生年月日も不明。現存する作品は25点のみと、謎に満ちた人物。“悪魔のクリエイター”とも呼ばれたボスの創作の謎と素顔に迫る。
http://bosch-movie.com/

■ ゴッホ 最期の手紙(2/24~3/9)
世界中の人々を魅了してやまない天才画家ゴッホ。
好色家、狂人、天才、怠け者、探求者……。様々なレッテルを貼られている彼の実像を私達は本当に知っているだろうか?
“動く油絵”ゴッホ自身の絵画で描く圧巻の体験型アート・サスペンス
http://www.gogh-movie.jp/

■ ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(3/10~23)
画家が愛した楽園と、黒髪の女たち――。
19世紀を代表するポール・ゴーギャンのタヒチ時代の、知られざる創作の秘密と愛の悲劇。
http://gauguin-film.com/

■ Ryuichi Sakamoto: CODA(3/10~23)
日本が誇る世界的音楽家・坂本龍一を追ったドキュメンタリー。2012年から5年間にわたって密着取材を行ない、アーカイブ映像も織り交ぜながら坂本の音楽的探求をたどる。
http://ryuichisakamoto-coda.com/

■ ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(3/24~4/6)
世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まない“ドリス・ヴァン・ノッテン”。
世界中に特注した生地が整然と並べられたアトリエは圧巻。彼の創作活動の全貌を明らかにする
http://dries-movie.com/
31
05月
24
03月

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(3/24~4/6)

snk.jpg 


ネコたちのストーリーは、ずっと続いている

ディレクター:
 藤原光暁
出演:
 岩合光昭
上映時間:
 104分
配給:
 ユナイテッド・シネマ

大画面で見つめてほしい、ネコたちの生きる姿。
 今しか観られない、劇場のみの限定公開。

世界的動物写真家 岩合光昭氏がネコの目線で撮影した世界の街角のネコを紹介するNHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。劇場版では、岩合氏が1年以上をかけて子ネコたちの成長を追った、番組ファンの間で人気の《津軽の四季》より“コトラとその家族”を中心に、岩合氏お気に入りの世界6カ国のネコたちの思わず笑みがこぼれる仕草や野生的な瞬間を捉えた映像を再編集。TVでは放送されなかった、選りすぐりの未公開シーンとともに、2017年7月の津軽ロケで撮影された“コトラの子どもたちの今”をご紹介!

24
03月

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(3/24~4/6)

dris.jpg 


究極の美の源泉は揺るぎない信念と美しき生活

監督:
 ライナー・ホルツェマー
出演:
 ドリス・バン・ノッテン
 アイリス・アプフェル
 スージー・メンケス
上映時間:
 93分
配給:
 アルバトロス・フィルム

時代を超えたタイムレスな服を目指している。
 この撮影を通じて成否を判断してほしい――

ミシェル・オバマ前大統領夫人、ニコール・キッドマン、そしてアイリス・アプフェルなど、世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まないファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。これは、ファッション勢力図を塗り変えた企業買収の嵐や、共同経営者の死を乗り越え、唯一無二のブランドを牽引する天才デザイナー、ドリス本人に迫る初のドキュメンタリー映画である。広告は一切しない、自己資金だけで活動する、手軽な小物やアクセサリーは作らない。洋服だけで世界と勝負する潔さは、他の一流ブランドの追随を許さない。独立系ブランドの雄と呼ばれる所以である。

ドリスは25年間、一度も休むことなくメンズとレディースのコレクションを年4回発表してきた。カメラは2014年9月にパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、2016年1月にオペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。彼が半年間かけてクリエイトした努力の結晶を幼さの残るモデルに自ら着付けるショーの舞台裏はもちろん、世界中に特注した生地のサンプルが整然と並べられたアトリエ、インドで彼の要望に応えるためにフル回転する刺しゅう工房など、創作活動の全貌を明らかにする。

これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、全力で何事にも取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは。25年間の軌跡とこれからの25年間を予感させる夢のような93分が、今、始まる!
17
03月

デトロイト(3/17~3/30)

dtr.jpg 


1967年、米史上最大級の暴動勃発。
街が戦場と化すなかで起きた"戦慄の一夜"

監督:
 キャスリン・ビグロー
出演:
 ジョン・ボヤーガ/ディスミュークス
 ウィル・ポールター/クラウス
 アルジー・スミス/ラリー
 ジェイコブ・ラティモア/フレッド
 ジェイソン・ミッチェル/カール
上映時間:
 142分
配給:
 ロングライド

本年度アカデミー賞最有力!

1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

米史上最大級の〈デトロイト暴動〉の渦中に観客を誘う
極限サスペンスに貫かれたキャスリン・ビグロー監督最高傑作
女性初のアカデミー賞®︎監督賞を受賞した『ハート・ロッカー』で一触即発のイラクの戦場へ、『ゼロ・ダーク・サーティ』では闇夜に包まれたビンラディンの隠れ家へと観客を引き込んだキャスリン・ビグロー監督。5年ぶりの最新作は米史上最大級の暴動<デトロイト暴動>の最中に起こった“戦慄の一夜”を描く。センセーショナルな題材選びと圧倒的なリアリティ、臨場感溢れる作風で世界を驚嘆させてきたビグロー監督が極限サスペンスの最高傑作を誕生させた。

[町山智浩(映画評論家)]
40分の尋問シーンは『悪魔のいけにえ』以上の恐怖!
これは現在も続いているアメリカの狂気だ!

[井上三太(漫画家)]
強烈な差別と暴力にゾッとする。これが実話で、さらにその差別と暴力が未だに鳴り止まないことにさらにゾッとする。ただこの重いテーマをビグロー監督は一流のエンターテインメントに仕上げた手腕に脱帽する!面白い!

[小島秀夫(ゲームクリエイター)]
あらゆる"恐ろしい"という感覚を体験させる衝撃の142分。
サスペンスでもホラーでもフィクションでもない。
1967年の「アルジェ・モーテル殺人事件」を元に撮られたビグローの最新作は、
暴動の裏側で蔓延する、社会が抱える秩序という闇を、映画という力をフルに活用して描き切る。凄かった。