29
09月

『夜明け前』上映特別イベント(9/29~30)

CATEGORYイベント

夜明け前eventtitle『夜明け前』上映後特別イベント

2日間限定。映画鑑賞後に参加いただけます。
 呉秀三(日本の近代精神医療の礎を作った精神科医)が日本における「私宅監置」の状況を報告してから、今年で100年目を迎えます。「私宅監置」とは、明治・大正期の日本で行われていた制度で、自宅に専用のスペースを作り精神の病を持つとされた人を留置することです。WHO含め、世界各国では、メンタルヘルスの意識啓発と偏見・差別をなくすための活動が行われている一方、日本の現状は道半ばです。精神科病床が世界最高の30万床を超え、その多くが社会的入院と言われています。また、長期入院者が多数いるだけではなく、自宅監禁や自由の制限などが後を絶ちません。
 「夜明け前」と題されたこの映画の意味は何か?すべての人には存在価値があること、人が無意識にもつ偏見など、地域社会が関心をもち、理解を深めていくことが大切ではないでしようか。この映画とイベントを通して、もう一度、共に考え合う機会にできればと思います。

2018年9月29日(土) 上映:13時~/講演:14時10分~15時10分

特別講演「イタリア・ボローニャでの精神障がい者と地域との共生の歩み ―よりあたりまえな地域社会の実現に向けて―」
 イタリアでバザーリア法(精神病院を無くす法律)が制定され、今年40年。イタリアは世界に先駆けて、精神の病をもつ人の隔離や排除を止め、社会に開かれた地域精神保健サービスを確立した国です。イタリアでも精神の病をもつ人を拘束していた時期はありました。拘束から解放され、あたり前に地域で暮らせるようになるまでの歩みを、ボローニャでの実例を通して講演いただき、地域生活中心のメンタルヘルスケアについて考えます。
ドネガーニ 
講演 イヴォンヌ・ドネガーニ(精神科医/ボローニャ精神保健局元局長)
通訳  栗原 和美 (イタリア国立ミラノ大学 哲学専攻)

2018年9月30日(日) 上映:13時~/トーク:14時10分~15時10分

トークショー「これからの日本の精神科医療保健の方向性は?-身体拘束について考えてみましょう-」
 呉秀三が精神の病をもつ人の多くが座敷牢にいることを調査、報告してからちょうど100年。今も30万近い人が精神科病院に入院しています。さまざまな環境や状態がある中で、身体拘束は増加傾向にあります。地域一体となって、これからの方向性について、共に考えてみましょう

長谷川三脇

講師:長谷川 利夫(精神科作業療法士/杏林大学保健学部教授)
コメンテーター:三脇 康生 (精神科医/仁愛大学大学院教授)

メトロ劇場 特集上映「いきる!-生と幸福、尊厳、人生・・・-」

shino.jpg 
 言葉がうまく話せない志乃、音痴な加代。不器用な2人の傷だらけでまぶしい日々。

kodomoga.jpg 
 毎日が愛おしい。

breath.jpg 
 人生は 冒険だ
06
10月

華麗なるフランス映画 (10/6~11/2)

CATEGORYイベント
華麗なるフランス映画イベントタイトル

華麗なるフランス映画

ドロン!ドヌーヴ!モロー!ベルモンド! フランスが世界に誇る名優たちの代表作を一挙上映!

franceticket.jpg 

特別観賞券 発売開始!

¥3000にて3回ご入場頂けるお得なチケット🎵
メトロカードはご利用時にスタンプ、家族やお友達との共有もOKです😀
ぜひご利用ください‼️

sec_img01.png

太陽がいっぱい(10/6~10/12)

 1960年/フランス・イタリア/カラー/119分
 監督:ルネ・クレマン
 出演:アラン・ドロン、モーリス・ロネ、マリー・ラフォレ
まばゆい太陽が照りつける地中海の上で実行された、孤独な野心家の殺害計画野性味あふれる美貌と肉体美で、スターへの仲間入りを果たしたドロンの代表作
貧しい青年トムは、イタリアで豪遊する金持ちの息子フィリップと一緒に、ヨットで海に出かける。フィリップからの不当な扱いに怒りを覚えたトムは、船上でフィリップを殺して彼になりすまし、彼の財産と美しい恋人を奪おうとするが…。『禁じられた遊び』のルネ・クレマンによる緻密な演出が功を奏し、ニーノ・ロータのテーマ曲と共に大ヒット!ドロンの名を世界に轟かせた犯罪サスペンス。

sec_img03.png 

昼顔(10/13~10/19)

 1967年/フランス・イタリア/カラー/101分
 監督:ルイス・ブニュエル
 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・ソレル、ミシェル・ピコリ
昼は娼婦、夜は貞淑な妻。欲望にとらわれた若妻が現実と妄想の間を行き来する気品と色気を両立させた、ドヌーヴの完璧な美しさとモードな着こなしは必見!
医者の妻として何不自由ない生活を送っていたセヴリーヌは、友人から聞いたパリに現存する娼館を好奇心から訪ね、“昼顔”という偽名で働き始める。封印していた性を解放することで、夫への愛情が深まったように思えたが…。23歳にして女性が持つ二面性を好演し、ドヌーヴの女優開眼のきっかけとなった本作は、ヴェネツィア映画祭金獅子賞を受賞。衣装は無名時代のイヴ・サンローランが手がけた。

sec_img05.png

突然炎のごとく(10/20~10/26)

 1961年/フランス/モノクロ/107分
 監督:フランソワ・トリュフォー
 出演:ジャンヌ・モロー、オスカー・ウェルナー、アンリ・セール
二人と女一人の三角関係。モローの小悪魔的魅力が炸裂する恋愛映画の金字塔
ジュールとジムは、パリで出会い意気投合し親友になる。知り合ったカトリーヌに二人とも夢中になるが、自由気ままな彼女に翻弄され…。三人の長きにわたる恋愛模様を綴ったトリュフォー屈指の傑作で、モローは奔放で破滅的なファムファタルを演じる。

sec_img07.png 

ダンケルク(10/27~11/2)

 1964年/フランス・イタリア/カラー/124分
 監督:アンリ・ヴェルヌイユ
 出演:ジャン=ポール・ベルモンド、カトリーヌ・スパーク
母国に取り残されたフランス兵の愛と悲劇。ベルモンド主演のフランス版戦争大作
第二次大戦中、独軍の侵攻により、フランスの港町ダンケルクに、英仏連合軍40万人の兵士が追いこまれていた。撤退を試みる英軍艦船に便乗できなかった仏兵ジュリアンは、現地に暮らす少女ジャンヌと親しくなる。陸海軍全面協力による戦闘シーンは圧巻!

sec_img02.png 

太陽はひとりぼっち(10/13, 16 ,19)

 1962年/イタリア・フランス/モノクロ/126分
 監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 
 出演:アラン・ドロン、モニカ・ヴィッティ
都会に生きる男女の儚い恋愛感情と虚無感。ドロンがローマの現代っ子に扮する
理由がわからないまま婚約者と別れ、退屈を感じていたヴィットリアは、証券取引所に勤めるピエロと新しい恋を始める。二人は、抱き合い、愛の言葉を交わし、次のデートの約束をして別れるが…。アントニオーニ監督「愛の不毛」三部作の最後を飾る作品。

sec_img04.png

哀しみのトリスターナ(10/14, 17)

 1970年/フランス・イタリア・スペイン/カラー/100分
 監督:ルイス・ブニュエル
 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フェルナンド・レイ、フランコ・ネロ
無垢な美少女が冷酷な悪女へ。愛を知った女性が豹変する様をドヌーヴが怪演
16歳で両親を失ったトリスターナは、老貴族ドン・ロペの養女となる。男女の関係を迫られても、ロペの言いなりだったトリスターナ。やがて若い画家と出会い、恋に目覚めた彼女は、ロペへの憎しみを募らせる。『昼顔』と同じルイス・ブニュエル監督作。

sec_img06.png

エヴァの匂い(10/15, 18)

 1962年/フランス・イタリア/モノクロ/110分
 監督:ジョセフ・ロージー
 出演:ジャンヌ・モロー、スタンリー・ベイカー、ヴィルナ・リージ
お金しか愛せない謎の美女が、幸せな男を破滅へ導く。モローが冷徹な魔性の女に
元坑夫の新進作家タイヴィアンは、美人女優との結婚を控えていながら、ヴェネツィア社交界の花形エヴァの虜になる。男たちを手玉に取る女だと知っても、彼はエヴァの妖しい魅力に溺れていく。エヴァが聴くビリー・ホリデイの曲“Willow Weep For Me”が印象的。
01
09月

音楽映画特集 -あの感動をもう一度-(9/1~10/19)

CATEGORYイベント
音楽映画特集タイトル

音楽映画特集 -あの感動をもう一度-

世界を魅了する魂のピアニスト フジコ・ヘミング、フランスを代表する女性歌手ダリダ、一世を風靡したキューバ音楽、一夜限りの伝説のロック・フェスティバル…
素晴らしき音楽の世界をお楽しみください♪
fjk.jpg フジコ・ヘミングの時間(9/1~9/14)
 いくつになっても夢を追い求める彼女の今、そして未来を解き明かす―。
パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都・・・フジコと巡る旅
世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、恋の話など彼女の“素顔”を解き明かす
ダリダ あまい囁き(9/15~9/21)
 歌だけが わたしを輝かせる
54歳の若さで亡くなり、2018年に生誕85周年を迎えたフランスを代表する女性歌手ダリダの生涯を描いた伝記ドラマ。
輝かしい成功の一方、私生活では恋愛に翻弄され、87年5月に「人生に耐えられない、許して」と書き残し、自ら54年の生涯を終えたダリダの生涯を、数々の名曲、華やかなファッションとともに描いていく。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ [1999](9/22~9/28)フィルム上映
 キューバから届いた至福の音楽、至福の映像、至福の瞬間
チェ・ゲバラ、ヘミングウェイが愛してやまないキューバ。 そこには、豊かな文化と色彩、忘れられたノスタルジーがあった
地球上で一番セクシーな音楽。天国に近い至福の瞬間がここにある。 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブへようこそ。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(9/29~10/12)
 18年の愛をこめて。
1ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』から18年
グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーが、“アディオス”世界ツアーを決行、ヴェンダース製作総指揮で最後の勇姿を収めた音楽ドキュメンタリーが完成。
ラストワルツ[1978](10/13~10/19)最大音量上映
 40年の時を超えて、伝説のライブが今、大音響リマスター映像で蘇る!
マーティン・スコセッシが監督した伝説のライブ・ドキュメンタリー『ラストワルツ』
ボブ・ディラン、エリック・クラプトン等、二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る。
31
08月

GOMA 20th Anniversary Tour

CATEGORYイベント
goma.jpg
8/31 大盛況、満員御礼!!
 素敵な笑顔ありがとうございます!!
GOMAさん、そしてこの企画を立ち上げ尽力して頂いた山田様、久保様、ありがとうございました!!
『GOMA 20th Anniversary Tour Starting Over in 福井』映画『フラッシュバックメモリーズ3D』上映+GOMAトーク&ライヴ


gomamain2.jpg 

プログラム

19:00 開場
21:00 GOMAトーク&ライブ
22:00 終演予定
 ※終演後 物販・サイン会を予定

限定90席(全席自由)

前売 2,500 当日 ¥2,800 / 小学生以下 1,000

[ 前売り券 取扱店 ]
・メトロ劇場(0776-22-1772
・響きのホール(0776-30-0086
・空中BOOKS 鯖江(0778-62-0545
[ メール予約 ]
件名に「GOMAチケット」と明記の上
「氏名」「電話番号」「必要枚数」「チケット引取予定日」
をお知らせください。
※前売チケット完売の場合、当日チケットの販売はございません

電話:0776-22-1772

全席完売いたしました。ありがとうございます!
→キャンセルが若干数出ております。
 ご希望の方、メールまたは電話にてご予約ください!!

※GOMAさんによるトーク&ライヴからの来場希望の場合はお問合せ下さい。

GOMA_min.jpg 

GOMA

オーストラリア先住民族の管楽器ディジュリドゥの奏者・画家。

1998年にアボリジナルの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガディジュリドゥコンペティション」にて準優勝。ノンアボリジナルプレイヤーとして初受賞という快挙を果たす。全国の野外フェスティバルや海外にも活動の幅を拡げ、勢いに乗っていた2009年、追突事故に遭い「外傷性脳損傷による高次脳機能障害」と診断され、記憶障害を患い活動を休止。2010年、事故後間もなく描き始めた点描画が評判となり、全国各地で展覧会を開催。11年には再起不能と言われた音楽活動も苦難を乗り越え再開した。
2012年、GOMAの復帰を描いた映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が第25回東京国際映画祭にて観客賞、韓国全州映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞。以降「旅のチカラ(NHK)」「ハートネットTVブレイクスルー(Eテレ)」など、事故後のGOMAの活動を取り上げたTV特番の放映や番組出演も精力的に行う。2016年、事故後のGOMA自身の日記やアート作品などをまとめた初の書籍「失った記憶ひかりはじめた僕の世界」を出版。2017年、新宿タカシマヤ美術画廊にて、これまでで最大規模となる個展『GOMA個展~再生~』を開催。現在は音楽活動のみならず絵画展、講演会と多岐に渡り活動中。
活動20周年イヤーとなる2018年は、ライブ、絵画展示、講演会、ワークショップ、映画『フラッシュバックメモリーズ』3D上映など、様々な形で全国47 都道府県を網羅するツアーを行うとともに、同年2月には、GOMA&The Jungle Rhythm Sectionとして9年ぶりとなる待望の新作『STARTING OVER』をリリース。
(official website) http://www.gomaweb.net

gomaチラシ表

8/18 日刊県民福井
ご紹介頂きありがとうございます。
20180818_日刊県民福井_GOMA
31
12月

2018年 上映予定

CATEGORYお知らせ
tytleD.gif 

◆ 2018年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

9/15

9/21

モーリス [1987]

ダリダ あまい囁き

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
9/22

9/28
フィルム上映

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ[1999]

ファントム・スレッド
9/29

10/5

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年
10/6

10/12
華麗なるフランス映画

太陽がいっぱい

10/13

10/19

昼顔

太陽はひとりぼっち
※13・16・19日

最大音量上映
ラストワルツ[1978]

子どもが教えてくれたこと

哀しみのトリスターナ
※14・17日

エヴァの匂い
※15・18日
10/20

10/26

突然炎のごとく


バトル・オブ・ザ・セクシーズ NEW!!

ブレス しあわせの呼吸
10/27

11/2

ダンケルク

ウインド・リバー
11/3

11/9

判決、ふたつの希望 NEW!!

えちてつ物語
11/10

11/16

輝ける人生 NEW!!
11/17

11/23

寝ても覚めても NEW!!

告白小説、その結末 NEW!!
11/24

11/30

2重螺旋の恋人 NEW!!

スターリンの葬送狂騒曲 NEW!!
12/1

12/7
12/1

12/2
福井映画祭 12th
日程
調整中

マルクス・エンゲルス NEW!!

斬、 NEW!!

菊とギロチン NEW!!

僕の帰る場所 NEW!!

03
11月

判決、ふたつの希望(11/3~11/16)

hnkt.jpg 

ただ、謝罪だけが欲しかった。


監督:
 ジアド・ドゥエイリ
出演:
 アデル・カラム/トニー・ハンナ
 カメル・エル・バシャ/ヤーセル・サラーメ
 リタ・ハーエク/シリーン・ハンナ
 クリスティーン・シュウェイリー/マナール・サラーメ
 カミール・サラーメ/ワジュディー・ワハビー
上映時間:
 113分
配給:
 ロングライド

人間の尊厳をかけ二転三転する裁判の行方は――
圧倒的な驚きと感動に満ちた前代未聞の法廷劇
 レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の現場監督ヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このときヤーセルがふと漏らした悪態はトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまたトニーのタブーに触れる “ある一言”に尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立は法廷へ持ち込まれる。
やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題を引き起こす。かくして、水漏れをめぐる“ささいな口論”から始まった小さな事件は、レバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった……。

ふたりの男のささいな口論が国を揺るがす法廷争いに――
人間の尊厳をかけ、彼らが見つけた新たな一歩に世界が震えた感動作
 クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つレバノン出身ジアド・ドゥエイリ監督最新作。監督の実体験をもとにした、どこの国でも起こりうる“ささいな口論”が国家を揺るがす法廷劇にまで発展していく物語は、本国で爆発的な大ヒットを記録。さらに世界中を感動の渦に巻き込み第74回ベネチア国際映画祭では主演のひとりカメル・エル=バシャがパレスチナ人初の男優賞を受賞。第90回アカデミー賞®ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げた。
03
11月

えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~(11/3~11/23)

echitetsu.jpg 

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出すー

えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~

監督:
 児玉宜久
出演:
 横澤夏子/山咲いづみ
 萩原みのり/藤本奈緒
 山崎銀之丞/黒川鉄也
 笹野高史/越智圭祐
 松原智恵子/笠羽和子
上映時間:
 110分
配給:
 ギャガ

この秋、福井県の<えちぜん鉄道>を舞台に、
泣いて笑える感動ドラマが日本中を駆け抜けます。
「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。
血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だという心のわだかまりを抱き続けていて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く。そんな中、列車内である出来事が起きる。
その時、いづみがとった行動は・・・
人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆は取り戻せるのか・・・?

えちぜん鉄道のアテンダント嶋田郁美さんのノンフィクション本『ローカル線ガールズ』をヒントに、数々のテレビドラマの企画・脚本を手がけた児玉宜久監督がメガホンを取り、個性派・実力派キャストが集結。
東京から故郷にUターンする主演の新人アテンダント・山咲いづみを演じるのは、お笑いタレントの横澤夏子。血の繋がらない兄・吉兵は緒形直人が熱演。さらに、鍵となる役柄を笹野高史、松原智恵子のベテラン勢が扮します。
また、鉄道沿線の美しい街並や観光名所が脇役となって、作品に彩りを添えています。
27
10月

ウインド・リバー(10/27~11/9)

windriver.jpg 

なぜ、この土地では少女ばかりが殺されるのかー


監督:
 テイラー・シェリダン
出演:
 ジェレミー・レナー/コリー・ランバート
 エリザベス・オルセン/ジェーン・バナー
 ジョン・バーンサル/マット
 ジル・バーミンガム/マーティン
 ケルシー・アスビル/ナタリー
上映時間:
 107分
配給:
 KADOKAWA

第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門>監督賞受賞!!

『ボーダーライン』のテイラー・シェリダンがメガホンを執った
圧倒的な緊迫感と衝撃がみなぎるクライム・サスペンス
アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、遺体の第一発見者である地元のベテランハンター、コリー・ランバートに協力を求め、共に事件の真相を追うが…

わずか全米4館の限定公開でスタートした本作は、作品のクオリティの高さがSNSや口コミで広まり公開4週目には2095館へと拡大。
興収チャート3位にまで昇りつめ、6週連続トップテン入りのロングラン・ヒットを記録した。
 多くの観客の関心を引きつけた大きな要因は、『ボーダーライン』『最後の追跡』に続き、現代社会の潮流から“忘れ去られた人々”に光をあてたテイラー・シェリダン監督の視点にある。今回の舞台となるウインド・リバーは全米各地に点在するネイティブアメリカンの保留地のひとつで、荒れ果てた大地での生活を強いられた人々は貧困やドラッグなどの慢性的な問題に苦しんでいる。保留地で頻発する女性たちの失踪や性犯罪被害にインスパイアされ、その信じがたい現状を告発した本作は、まさに今のアメリカに渦巻く闇を衝撃的なストーリー展開でえぐり出していくのだ。
 さらに、ミステリー仕立てのクライム・サスペンスとしての充実ぶりも目覚ましい。心に傷を抱えた孤高のハンターとFBIから派遣された新人女性捜査官という対照的なコンビが、幾多の苦難に見舞われながらも心を通わせ、理不尽な殺人事件の真相ににじり寄っていく様をスリリングに描出。不意に炸裂するアクション・シーンを織り交ぜながら、主人公たちが必死の思いで貫こうとする“正義”の重みをひしひしと伝えるエモーショナルなドラマは、観る者の心を揺さぶってやまない。
27
10月

ダンケルク [1964](10/27~11/2)

sec_img07.png 

視界を埋める37万の将兵!

空前の物量を叩き込んで凄絶の大作戦を再現する最新・最大の戦争巨篇!


監督:
 アンリ・ベルヌイユ
出演:
 ジャン=ポール・ベルモンド
 カトリーヌ・スパーク
 フランソワ・ペリエ
 ジャン=ピエール・マリエル
 ピエール・モンディ
上映時間:
 124分
制作年:
 1964年
配給:
 KADOKAWA

母国に取り残されたフランス兵の愛と悲劇。ベルモンド主演のフランス版戦争大作

第二次大戦中、独軍の侵攻により、フランスの港町ダンケルクに、英仏連合軍40万人の兵士が追いこまれていた。撤退を試みる英軍艦船に便乗できなかった仏兵ジュリアンは、現地に暮らす少女ジャンヌと親しくなる。陸海軍全面協力による戦闘シーンは圧巻!
© 1964 STUDIOCANAL
20
10月

突然炎のごとく [1961](10/20~10/26)

sec_img05.png 

<愛>を描き続けたフランス映画界の名匠フランソワ・トリュフォーが

若きジャンヌ・モローと共に作り上げた不朽の名作


監督:
 フランソワ・トリュフォー
出演:
 ジャンヌ・モロー
 オスカー・ウェルナー
 アンリ・セール
 マリー・デュボワ
 バンナ・ユルビノ
上映時間:
 107分
制作年:
 1961年
配給:
 KADOKAWA

二人と女一人の三角関係。モローの小悪魔的魅力が炸裂する恋愛映画の金字塔

ジュールとジムは、パリで出会い意気投合し親友になる。知り合ったカトリーヌに二人とも夢中になるが、自由気ままな彼女に翻弄され…。三人の長きにわたる恋愛模様を綴ったトリュフォー屈指の傑作で、モローは奔放で破滅的なファムファタルを演じる。
© 1961 LES FILMS DU CARROSSE / SEDIF