22
07月 2017

パキスタン映画『娘よ』(7/22~7/28)

7bb211b501e946bf.jpg 

7/22~7/28


婚礼の当日----花嫁となる10歳の娘を守るために
命を賭けた脱出は始まった!

パキスタン映画『娘よ』


監督:
 アフィア・ナサニエル
出演:
 サミア・ムムターズ アッララキ
 サレア・アーレフ ゼナブ
 モヒブ・ミルザ トラック運転手
配給:
 パンドラ

2015年ソノマ国際映画祭最優秀作品賞受賞 2014年米国アカデミー賞パキスタン代表

母と幼い娘の命がけの逃避行が始まる!

パキスタンとインド、中国の国境にそびえ立つカラコルム山脈。その麓には多くの部族がひしめき合っていた。
そのうちの一つの部族に属する若く美しい母アッララキの生き甲斐は、10歳の娘ザイナブと過ごす時間だった。
だが部族間でのトラブル解決のために、ザイナブと相手部族の老長老との結婚が決められてしまう。
アッララキの一番恐れていたことが現実となった。これで娘の人生は終 わってしまう。
自分が15歳の時に経験したのと同じように…。
決して抗うことのできない鉄の掟。掟に背く者には死が待つのみ。
だが、意を決したアッララキは結婚式当日、娘を連れて部族を離脱。
一方、体面と誇りを傷つけられた両部族は共同で二人の追跡を開始する。 果たして二人の行方に待つものとは…。


構想10年。実話をもとに決死のロケーションを敢行! 

パキスタンの村で起こった実話をもとに、10年の準備期間を経て、ついに完成した話題作
知られざるパキスタンの人々の日常生活を描きながら、山岳地帯の部族間での一触即発の危機を はらんだ撮影を始め、目もくらむような切り立った岸壁など、スクリーンを通して伝わって来る緊迫感は並々ならぬものがある
出演陣は、アララッキに舞台出身の名女優サミア・ムムターズ、幼い娘ザイナブに本作がスクリーン・デビューとなったセーレハ・アーレフ この他人気No.1男優のモヒブ・ミルザーなどパキスタンの演劇人が顔を揃えている
また、全編を彩る印象的な音楽は米ドラマでも活躍する作曲家ピーター・ナシェルが当たっている。

0 Comments

Leave a comment