07
10月

ローマ法王になる日まで(10/7~10/13)

489c4569f9c34674.jpg 

10/7~10/13


振り返れば、いつも彼らと共にいた。

監督:
 ダニエレ・ルケッティ
出演:
 ロドリゴ・デ・ラ・セルナ/ホルヘ・ベルゴリオ(1961~2005)
 セルヒオ・エルナンデス/ホルヘ・ベルゴリオ(2005~2013)
 ムリエル・サンタ・アナ/オリベイラ判事
 ホセ・アンヘル・エヒド
 アレックス・ブレンデミュール
配給:
 シンカ、ミモザフィルムズ

“ロックスター”法王と呼ばれ人々を熱狂させる、現ローマ法王フランシスコの知られざる激動の半生とは—

2013年3月13日、第266代ローマ法王に就任したフランシスコはサンピエトロ広場に集まった20万人の信徒に歓喜の熱狂によって迎えられた。その期待を裏切ることなく、新法王は貧しさや困難にあえぐ人々に寄り添った活動を展開、環境問題や人種差別や金融システムにも言及し、壁を作ると発言した選挙中のトランプ大統領候補(当時)に苦言を呈するなど、今や世界で政治家以上の影響力を持つ。ローリング・ストーン誌の表紙まで飾ったその人気は、“ロックスター”のようだと喩えられるほどだ。本作は、一人の心優しきアルゼンチンの青年が、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長となるまでの激動の半生を、事実に基づき再現した実話の映画化である。



監督を務めるのは、『我らの生活』のイタリアの名匠ダニエーレ・ルケッティ。主演のベルゴリオを演じたのは『モーターサイクル・ダイアリーズ』のロドリゴ・デ・ラ・セルナ。

「タンゴの幻影」で知られるスペイン出身のアルトゥーロ・カルデラスの音楽が、彼の波乱の人生の陰影を静かに奏で上げ、余韻と感動を深めている。

0 Comments

Leave a comment