04
11月

パターソン(11/4~11/17)

dd1e1cefb73193b2.jpg 

11/4~11/17


毎日が、新しい

監督:
 ジム・ジャームッシュ
出演:
 アダム・ドライバー/パターソン
 ゴルシフテ・ファラハニ/ローラ
 バリー・シャバカ・ヘンリー/ドク
 クリフ・スミス/メソッド・マン
 チャステン・ハーモン/マリー
配給:
 ロングライド

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品

妻にキスし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。
それは美しさと愛に溢れた、かけがえのない物語。

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン(アダム・ドライバー)。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に芽生える詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見変わりのない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。



『パターソン』は、ひっそりとした物語で、主人公たちにドラマチックな緊張らしき出来事は一切ない。物語の構造はシンプルであり、彼らの人生における7日間を追うだけだ。『パターソン』はディテールやバリエーション、日々のやりとりに内在する詩を賛美し、ダークでやたらとドラマチックな映画、あるいはアクション志向の作品に対する一種の解毒剤となることを意図している。本作品は、ただ過ぎ去っていくのを眺める映画である。例えば、忘れ去られた小さな街で機械式ゴンドラのように移動する公共バスの車窓から見える景色のように。

── ジム・ジャームッシュ(監督・脚本)

0 Comments

Leave a comment