19
11月 2016

だれかの木琴(11/19~12/2)

entry_img_22.jpg  

11/19~12/2

 
この<想い>を何と呼べばいいのだろう?
常盤貴子 池松壮亮 佐津川愛美 / 勝村政信
監督・脚本・編集:東 陽一
原作:井上荒野
観る者が心の奥底に抱える孤独を解き放つ、魂の美しき共鳴の物語
平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心を囚われていく。あなたなら、この〈名前のない想い〉を何と呼ぶ?好奇心…衝動…執着…恋…それとも欲望? エスカレートしていく彼女の言動に息をのみながら、私たちはふと気づくだろう。SNSでフォローしている特別な相手に対してやっている自分の行為と似ていることに。休日に誰とどこへ出かけたのか、今どこで何を食べているのか、見たい、知りたい──。
閉塞した現代社会で孤独を癒すためにSNSに逃げ込む私たちと、癒す術を持たず美容師の男にのめりこむ主婦、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合っていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く、大人のためのサスペンスが誕生した。

0 Comments

Leave a comment