10
03月

平和と環境 ForPeace - 3.11 伝えたい想い -

CATEGORYイベント

311hp_20180101192109323.jpg 平和と環境 For Peace

- 3.11 伝えたい想い - 


2011年3月11日 1万5千人近くの尊い命を奪い今も2,600名あまり行方不明のままとなっている東日本大震災。まるで映画を見ているかのような光景、そして追い打ちをかけるかのような福島第一原発事故。時間とともに風化していく人々の記憶。
しかし、今なお事故処理は遅々として進まず、たくさんの方々が避難生活を強いられ、困難と不自由の日々を送っている現実があります。  

福島からは遠く離れますが、数多くの原発を抱えるこの福井の地においては、決して
他人事で済ましてはいけない、考えなくてはならない問題ではないでしょうか。

毎年8月15日 終戦の日に戦争・平和・環境問題を扱ってきた『平和と環境 For Peace』。
本年からは3月11日の震災・環境問題、8月15日の戦争と平和、とテーマを分けて開催させていただきます。
ぜひこの機会に各々の問題に触れ、一緒に考える時間を頂戴したく存じます。

岩国英子 陶展『避難区域内に残された動物』(3/10~16)

『被ばく牛と生きる』上映に合わせ、越前市の陶芸家、岩国英子さんの作品展示を行います。

岩国英子
女性として尽きないイメージとともに、旅をつづける陶芸家。
1947年兵庫県生まれ。福井県 越前市在住。
1981年より作り手から使い手にじかに手わたす『ベロ亭やきものキャラバン』を企画開催。北海道から沖縄まで全国600ヶ所でやきものを通した新たなつながりを模索、展開し続ける。
1993年以来、東京、神戸、大阪、京都、広島、福井、益田、ペルーのクスコ市などで個展を多数開催。

上映期間中『避難区域内に残された動物』をテーマに作成された三部作を展示いたします。
1、Esta murienndo (死にゆく)
2、Esta muerto (固定された死)
3、Esta resucitado (よみがえる)
(2011年 福井スペースおいち(SPACE OICHI)、東京HIGUREギャラリーで発表)

信州軽井沢の展示会では、実際に福島で牛を飼っておられた方が観覧。「3作目の牛が甦る姿に救われた」と涙したエピソードも。
28308809_1825707287448850_318108542_n.jpg 
※画像はギャラリーOICHIでの展示風景です。

hbks_2018031423203552c.jpg
hbkus.jpg
メトロでの展示風景

nkkm.jpg 
『警戒区域の牛 題材に』
日刊県民福井 3/8 ご紹介頂きました。ありがとうございました。

fks_201803142318193c3.jpg 
『銀幕で震災、考えて』
3/9(金) 福井新聞朝刊にて紹介頂きました。
ありがとうございます。

0 Comments

Leave a comment