21
01月 2017

男と女(1/21~1/27)製作50周年記念 デジタル・リマスター版

T01a_170208.jpg 


1/21~1/27


たちきれぬ過去の想い。それでも惹かれ合う男と女。

監督・制作・共同脚本:
 クロード・ルルーシュ 『愛と哀しみのボレロ』
出演:
 ジャン=ルイ・トランティニャン 『Z』('69) カンヌ国際映画祭主演男優賞
 アヌーク・エーメ 『男と女』ゴールデングローブ賞主演女優賞、英国アカデミー賞外国女優賞
 ピエール・バルー

カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー賞外国語映画賞、オリジナル脚本賞など、数多くの名誉ある賞を受賞


待望!!フランスが誇るラブストーリーの不滅の名作が、50年ぶりにデジタル・リマスター版でスクリーンに甦る。

♪ダバダバダ〜♪のメロディで知られるクロード・ルルーシュ監督の『男と女』が、50年の時を超えて鮮やかな映像でよみがえったデジタル・リマスターで初上映。

パリで一人暮らしをするアンヌとカーレーサーのジャンは、ドービルにある同じ寄宿舎に娘と息子を預けていることから知りあい惹かれあった。が、いまだ辛い過去を忘れられない二人は……。流麗なカメラワーク、カラーとモノクロームを使い分けた大胆なモンタージュ、そして甘美なメロディが“運命の出会い”に魅入られた男と女の恋を浮き彫りにしていく。“男”には『暗殺の森』('70年)の名優ジャン=ルイ・トランティニャン。“女”にはジャック・ドゥミ監督の処女作『ローラ』('60年)で脚光を浴びたアヌーク・エーメ。慎ましさの中に成熟した女性の色香を漂わせるお洒落な存在自体が、モードの極みだ。映像とサントラ、そして名演がみごとにシンクロした珠玉のラブストーリーは、いま見ても新鮮な衝撃と感動を与えることは間違いない!

0 Comments

Leave a comment