15
04月

母の残像(4/15~21)

f9af3622d785a31c.jpg 

4/15~21


誰も知らない、もう一人のあなた

監督:
 ヨアキム・トリアー
出演:
 ガブリエル・バーン
 ジェシー・アイゼンバーグ
 イザベル・ユペール
 デビン・ドルイド
 デビッド・ストラザーン

遺された者たちの交錯する想いが炸裂する、崩壊と再生の深遠なる物語。

著名な戦争写真家であった母イザベルの突然の死から3年後、開催されることになった回顧展の準備のため、長男のジョナが父ジーンと引きこもりがちな弟コンラッドが暮らす実家に戻ってくる。イザベルの死には事故なのか自殺なのかなど不可解な部分が多くあり、当時まだ幼かったコンラッドにはその真相は隠されていた。久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語るなか、明らかになる彼女の知られざる一面や秘密に戸惑い、悩む。しかしその結果、妻の、そして母の本当の姿が彼らの中で共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが…。

--------------------------------------------

鬼才ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ、カンヌを震わせた北欧の閃光!

2015年5月18日、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門公式上映の夜、ある新鋭監督の作品が喝采を浴びる。
監督の名はヨアキム・トリアー。ラース・フォンを叔父に持つ北欧の新たな才能として一晩で世界にその名を轟かせることとなる。
本作はヨアキム・トリアー監督の長編3作目。世界的俳優・スタッフを起用して作り上げた初の英語作品となる。
『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、ガブリエル・バーン、ジェシー・アイゼンバーグ、イザベル・ユペールら英米仏を代表する個性派俳優が集まった。
「ヨーロッパの映画制作チームとアメリカのチームが合流し、双方の役者を使ってニューヨークで撮った映画。名実ともに国際的な映画と言えるでしょう。ヨアキムはそれらをとても美しくまとめあげました。ヨアキムにとっても、そして私たち役者にとっても得るものが大きい経験だったと思う」イザベル・ユペールは、こう語りトリアー監督の手腕を賞賛した。

0 Comments

Leave a comment