19
06月

『殺意の道程』井浦新さんリモート舞台挨拶決定!(6/19)

CATEGORYイベント
satsui_ogp.jpg

『殺意の道程』井浦新さんリモート舞台挨拶決定!(6/19)


『殺意の道程』福井上映を記念し、主演・井浦新さんのリモート舞台挨拶が実現!!
皆さま、この機会お見逃しなく!!

◆スケジュール

15:00~殺意の道程』上映(2h00m)
 上映後、井浦新さんリモート舞台挨拶

※スケジュール・登壇者は急遽変更される可能性がございます。ご了承ください。

afbf8976-d0f6-4d73-af41-bd5519a50622.jpg

井浦新

1974年東京都生まれ。『ワンダフルライフ』で映画初主演。その後、数々の話題作で印象深い演技を披露。『かぞくのくに』で第55回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』では、第22回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞。また、アパレルブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」のディレクターを務めるほか、⽇本の伝統⽂化の繋げ拡げていく活動を⾏なっている。
12
06月

『街の上で』上のしおり(朝子役・福井出身)来場決定!(6/12、6/19)

CATEGORYイベント
machinoue_ogp2.jpg

『街の上で』上のしおり(朝子役・福井出身) 来場決定!(6/12、6/19)


『街の上で』上映を記念し、作品では朝子役を演じている福井出身の俳優・上のしおりさんの来場が決定いたしました!
皆さまお誘いあわせの上ご来場ください!

◆スケジュール

6/12(土)
 15:30~『街の上で』上映(2h10m)
 上映後、上のしおりさん 舞台挨拶

6/12(土)
 18:10~『街の上で』上映(2h10m)
 上映後、上のしおりさん 舞台挨拶

ueno_shiori_01.jpg

上のしおり プロフィール

1999年2月16日生まれ、22歳・福井県福井市出身。
京都芸術大学 映画学科俳優コース11期生 卒業。
在学中に学内の作品以外にもフリーランスの俳優部として映画制作に携わる。

主な出演作は、阪元裕吾監督「スロータージャップ」(2017)「ファミリー☆ウォーズ」(2018)、「最強殺し屋伝説国岡」(公開未定)、「黄龍の村」(2021公開予定)、白石晃士監督「恋するけだもの」(2020)、今泉力哉監督「街の上で」(2021)等がある。
31
12月

2021年 上映予定

tytleD.gif 

◆ 2021年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

新型ウィルス禍の影響により、突然のスケジュール変更を行う可能性がございます。
ご来場の際には最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。


6/12

6/18

JUNK HEAD

劇場版 殺意の道程

街の上で

上のしおり(朝子役・福井出身)舞台挨拶(6/12、6/19)

キンキーブーツ

約束の宇宙(そら)
6/19

6/25

パーム・スプリングス

レッド・スネイク
6/26

7/2

ビーチ・バム まじめに不真面目

SNS 少女たちの10日間

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
-
ファンタスティック・プラネット[1973]
7/3

7/9

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン
-
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
7/10

7/16

ローズメイカー 奇跡のバラ

明日の食卓

カムバック・トゥ・ハリウッド!!
7/17

7/23

くもりのち晴れ
7/24

7/30

1秒先の彼女
7/31

8/6
8/7

8/13

ライトハウス
8/14

8/20
8/21

8/27
07
08月

ライトハウス(8/7~8/20)

The_Lighthouse.jpg
謎が、満ちていく―

監督:
 ロバート・エガース
出演:
 ロバート・パティンソン
 ウィレム・デフォー
原題:
 The Lighthouse
上映時間:
 109分
日本公開日:
 2021年7月9日
製作:
 2019年製作/アメリカ・ブラジル合作
映倫区分:
 R15+
配給:
 トランスフォーマー

神は荒れ狂う波間で哀願する魂を救いたもう
1890年代、ニューイングランドの孤島に2人の灯台守がやって来る。 彼らにはこれから4週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。 だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイクと未経験の若者イーフレイム・ウィンズローは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。 険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで2人は島に孤立状態になってしまう。

絶海の孤島でふたりの灯台守が見たものは――?
恐ろしくも美しい、A24が放つ傑作スリラー
『ミッドサマー』『mid90s』 A24製作×『ウィッチ』監督最新作
ロバート・パティンソン × ウィレム・デフォー、2大スターがW主演! “人間の狂気と恐怖”の根源に迫る、映画史に残る傑作スリラー

孤島にやって来た2人の灯台守 海が荒れ狂うとき、
隠された秘密が暴かれてゆく――
謎めいた孤島にやって来た“2人の灯台守”が外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく、人間の極限状態を恐ろしくも美しい映像で描いた本作。 北米ではA24の製作・配給で公開され、わずか8スクリーンでスタートしたミニシアター系の映画としては異例の興行収入1,000万ドル以上の大ヒットを記録した。 長らく日本での公開が待たれていた本作の監督を務めるのは、長編デビュー作『ウィッチ』がサンダンス映画祭で圧倒的高評価を受け、一躍スター監督へと躍進したハリウッド異端の才能、ロバート・エガース。 物語は、1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件をベースに、神話や古典文学などのエッセンスが幾重にも織り込まれ、唯一無二の謎めいた世界に観る者を誘っていく。 少しずつ狂気の世界に足を踏み入れていく2人の灯台守を演じるのは、言わずと知れた世界の名優ウィレム・デフォーと、最新シリーズの『ザ・バットマン』主演に決定し、昨年公開されたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』で、その人気が不動のものとなったロバート・パティンソン。 ほぼ全編に渡って主演の2人しか登場せず、“ 絶海の孤島”という極度の緊張感が強いられる空間の中で、彼らが繰り広げる壮絶な演技合戦はまさに圧巻の一言! その白熱の演技は各国の映画祭で大絶賛を浴び、多くの演技賞を獲得した。 より人間の感情を際立たせてみせるモノクロームの映像や、緊迫感を増大させる繊細かつダイナミックな音響デザイン、サイレント映画からトーキーへの移行期に隆盛した正方形に近い画面サイズにより“シネマティックな映像美”が実現。 そのこだわりと美しさによってアカデミー賞®撮影賞にノミネートされるなど世界的評価も獲得し、カンヌ国際映画祭監督週間でのプレミア上映では大喝采で迎え入れられた。

24
07月

1秒先の彼女(7/24~8/6)

ichikano.jpg
急がなくても大丈夫、愛はゆっくりやってくる。

監督:
 チェン・ユーシュン
出演:
 リウ・グァンティン
 リー・ペイユー
 ダンカン・チョウ
 ヘイ・ジャアジャア
 リン・メイシュウ
 グー・バオミン
 チェン・ジューション
 リン・メイジャオ
 ホアン・リェンユー
 ワン・ズーチャン
 チャン・フォンメイ
原題:
 消失的情人節
 My Missing Valentine
上映時間:
 119分
日本公開日:
 2021年6月25日
製作:
 2020年製作/台湾
映倫区分:
 G
配給:
 ビターズ・エンド

失くした「1日」を探すなかで見つけたものー
自分らしく生きたいと願う、あなたに贈る物語
郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。何をするにもワンテンポ早い彼女は、写真撮影では必ず目をつむってしまい、映画を観て笑うタイミングも人より早い。ある日、ハンサムなダンス講師とバレンタインにデートの約束をするも、目覚めるとなぜか翌日に。バレンタインが消えてしまった...!? 消えた1日の行方を探しはじめるシャオチー。見覚えのない自分の写真、「038」と書かれた私書箱の鍵、失踪した父親の思い出…謎は一層深まるばかり。どうやら、毎日郵便局にやってくる、人よりワンテンポ遅いバスの運転手・グアタイも手がかりを握っているらしい。そして、そんな彼にはある大きな「秘密」があったー。 失くした「1日」を探す旅でシャオチーが受け取った、思いがけない「大切なもの」とは…!?

こんなラブストーリーはなかった! 
2人の間のちょっとの《時差》から生まれる、かつてない《奇跡》に笑い、涙する
郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。何をするにもワンテンポ早い彼女は、写真撮影では必ず目をつむってしまい、映画を観て笑うタイミングも人より早い...。
ある日、ハンサムなダンス講師とバレンタインにデートの約束をするも、目覚める となぜか翌日に。バレンタインが消えてしまった...!?
秘密を握るのは、毎日郵便局にやってくる、常にワンテンポ遅いバス運転手のグアタイらしい。シャオチーは街中の写真店で、なぜか目が見開いている見覚えのない自分の写真を偶然見つけるが…。
人よりワンテンポ早い彼女の消えたバレンタインを巡る物語。...と、ワンテンポ遅い彼のもうひとつの物語。その秘密を紐解いていく先に、誰も見たことのない最高 の《奇跡》が待っている。そして訪れる至福のラストに、きっと誰もが笑い、涙する。

台湾アカデミー賞(金馬奨)最多5冠に輝くチェン・ユーシュン監督の
原点回帰にして最高傑作がついに日本上陸!
90年代台湾映画界において、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらの台湾ニューシネマに続く、台湾新世代の〈異端児〉として出現したチェン・ユーシュン。独特のタッチで瑞々しい青春模様を描いた『熱帯魚』(95)、『ラブ ゴーゴー』(97)は若い世代から多くの共感を獲得。当時の日本でも熱狂的な人気を誇り、華々しいデビューを飾るが、その2作品を残してしばらく映画製作から離れてしまう。その後、CM業界に活躍の場を移していたが、16年ぶりに本格的に映画製作に復帰。長編復帰3作目となる『1秒先の彼女』は、20年前から温めていた脚本を基に撮りあげた。その「時間」と「愛」についての物語は、今この時代を生きる私たちの心にそっと寄り添ってくれる。
チャーミングな人柄そのままにシャオチーを演じるのは、人気司会者であり俳優のリー・ペイユー。グアタイを演じるのは、いま台湾で大ブレイク中の実力派俳優リウ・グァンティン。愛すべきはみ出し者たちをユーモアと優しさ溢れる眼差しで描いてきたチェン・ユーシュンの原点回帰にして、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)に輝く渾身の最高傑作がついに日本上陸!

17
07月

くもりのち晴れ(7/17~7/30)

kumohare.jpg
もう二度と、負けられん。

監督・脚本:
 片山享
プロデューサー:
 山田雅也
主題歌:
 ナオリュウ「曇りのち晴れ」
出演:
 細川岳
 長野こうへい
 安楽涼
 熊谷弥香
 大宮将司
 天津弥
 金谷真由美
 塚原大助
上映時間:
 65
日本公開日:
 2021年7月17日
製作:
 2021年製作/日本
企画・制作:

2021年7月17日より福井メトロ劇場にて2週間限定ロードショー

「建てる」ことは駅伝と同じだ。
高校時代駅伝部だった昇は、大会でタスキを途切れさせてしまった。そのトラウマから社会人になった今も「もう止まりたくない」 という想いが強い。
昇の職業は建設業の職人。一朝一夕で上手くなるはずがなく、仲間にどんどんおいていかれ焦る昇。焦れば焦るほど、過去が感情を逆なでする。
思い出したくない過去があるからこそ負けたくない、そんな負けず嫌いな物語。

普段描かれることのない、職人の葛藤と希望を描く、
どうしようもない「負けず嫌い」の物語が生まれた
きつい、汚い、危険、いわゆる3Kと呼ばれる建設現場での仕事。その仕事には夢や希望は ないように思われがちだが、実際はそうではない。
「建てる」ことは駅伝と同じだ。
次の工程の人、次の工程の人と、そしてそれを使う人へとタスキをつないでいく。普段知られることのない、職人の葛藤と希望が描かれた負けず嫌いの物語が誕生した。

 監督には、デビュー作「轟音」で国内外で高い評価を受けた片山享がつとめ、主演には「佐々木、イン、マイマイン」で強烈な印象を残した細川岳を起用、「新橋探偵物語」の長野こうへい、「追い風」の安楽涼、「ソワレ」の塚原大助などがその脇を固める。

© 2021 株式会社タッセイ
10
07月

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(7/10~7/23)

The_Comeback_Trail.jpg
このジジイたち、殺しても死なない!?

監督:
 ジョージ・ギャロ
出演:
 ロバート・デ・ニーロ
 トミー・リー・ジョーンズ
 モーガン・フリーマン
 ザック・ブラフ
 エミール・ハーシュ
 エディ・グリフィン
 ケイト・カッツマン
 ブレメル・デシュタニ
原題:
 The Comeback Trail
上映時間:
 104分
日本公開日:
 2021年6月4日
製作:
 2020年製作/アメリカ
映倫区分:
 G
配給:
 アルバトロス・フィルム

ロバート・デ・ニーロ × トミー・リー・ジョーンズ × モーガン・フリーマン
アカデミー賞に輝くハリウッドの<3大レジェンド>が豪華共演!!
舞台は1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックスは、ギャングのレジーからの借金が返せず大ピンチだが、起死回生の大トリックを思いつく。危険なスタント撮影で死亡事故が起きれば、保険金がガッポリ入って大儲けができる!早速ボツにしていたサイテーの脚本を引っ張り出し、老人ホームから往年のスター、デュークを担ぎ出して西部劇の撮影を開始する。ただし真の目的は、映画を絶対に完成させないこと、そして撮影中にデュークに死んでもらうこと。ところがデュークは思いの外しぶとくて、撮影は順調に進んでしまう。さあ、どうするマックス!?

映画業界の裏表!? ハリウッドにまつわるオマージュや小ネタ満載!
他人を騙してナンボのハリウッドとはいえ、詐欺スレスレどころか絶対アウトなダメ男マックスに扮するのはロバート・デ・ニーロ。自殺願望を持ちながらも意外な大活躍を見せる元西部劇スターのデュークにトミー・リー・ジョーンズ。そして極悪なギャングのボスで映画マニアのレジーにモーガン・フリーマン。世界の映画ファンに愛されてきた重鎮3人が、同じ画面で演技合戦を繰り広げているでもスゴいが、ノリはあくまでも軽く、ドタバタな珍騒動を楽しそうに演じている姿がたまらない。平均年齢78歳。煮ても焼いても食えないジジイたちのタフさと愛嬌に魅了されずにはいられない、すべての映画ファンに贈る最高の《お達者コメディ》が誕生した!

10
07月

明日の食卓(7/10~7/23)

ashitanoshokutaku.jpg
息子を殺したのは、私ですか――?

監督:
 瀬々敬久
脚本:
 小川智子
出演:
 菅野美穂
 高畑充希
 尾野真千子
 柴崎楓雅
 外川燎
 阿久津慶人
 和田聰宏
 大東駿介
 山口紗弥加
 山田真歩
 水崎綾女
 藤原季節
 真行寺君枝
 渡辺真起子
 菅田俊
 烏丸せつこ
 宇野祥平
上映時間:
 124分
日本公開日:
 2021年5月28日
製作:
 2021年製作/日本
映倫区分:
 G
配給:
 KADOKAWA、WOWOW

どこにでもいる、私たちと同じ、普通の人でした。
それぞれが息子の「ユウ」を育てながら忙しく幸せな日々を送っていた。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。苦労はあっても、息子への愛に偽りはなかったはずなのに、どこで歯車が狂ってしまったのか。「ユウ」の命を奪った犯人は誰なのか、そして三つの石橋家がたどり着く運命とは……?

石橋ユウ、10歳。
同じ名前の息子を持つ3人の母親たち。
だがある日、ひとりの「ユウ」君が母親に殺されたー

豪華女優陣&人間ドラマの名手・瀬々敬久監督が突きつける、
誰もみたことのない、だが誰にでも起こり得る事件。
 原作は、2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子による『明日の食卓』。どこにでもいる母と子供たちの、リアルで壮絶な物語。
 本作に挑んだのは菅田将暉、小松奈々出演の『糸』や綾野剛主演の『楽園』、そして『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を生み出した佐藤健と再びタッグを組んだ『護られなかった者たちへ』の公開が控え、精力的に作品を生み出している瀬々敬久監督。
 同じ【石橋ユウ】という子供を持ち、住む場所も環境も全く違う母親3人には、豪華女優陣が集結。
『ジーン・ワルツ』(2011年/大谷健太郎監督)以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂がフリーライターで二人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親をパワフルに演じる。また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈には高畑充希。若くして子供を産み、日々非正規の仕事を掛け持ち、時間に追われながらも息子のために健気に生きる姿が心を打つ。そして年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せを手に入れているあすみを尾野真千子が丁寧に演じている。

 それぞれの「石橋家」が交錯し、明るく幸せな生活が思いもよらない方向へと向かっていく様は、女優たちのリアリティあふれる演技と、鬼気迫る演技が臨場感をもたらしている。

 子を持つ親なら誰もが直面する社会問題を、社会派エンタテインメントの旗手である映画作家・瀬々敬久監督と初タッグとなる菅野美穂、高畑充希、尾野真千子ら素晴らしい女優陣が、観るものの問題意識を喚起しながら、ハラハラドキドキ感とともにクライマックスへと向かわせ、ラストには見事に希望の光を見出してくれる、第一級のエンタテインメントへと昇華する。

10
07月

ローズメイカー 奇跡のバラ(7/10~7/23)

La_fine_fleur.jpg
咲いたのは、人生でした

監督:
 ピエール・ピノー
出演:
 カトリーヌ・フロ
 メラン・オメルタ
 ファッシャー・ブヤメッド
 オリビア・コート
 マリー・プショー
 バンサン・ドゥディエンヌ
原題:
 La fine fleur
上映時間:
 96分
日本公開日:
 2021年5月28日
製作:
 2020年製作/フランス
映倫区分:
 G
配給:
 松竹

すべてをかけて最後の大舞台に挑む元天才・バラ育種家。
だが頼みの綱は、訳ありなド素人たち・・・!?
《はみだし者たち》が挑むのは、最高峰のバラ・コンクール!
フランス郊外。あふれる才能と魔法のような指で新種のバラを開発し、数々の賞に輝いてきたエヴ。だが数年前から巨大企業のラマルゼル社に賞も顧客も奪われ、亡き父が遺してくれたバラ園も今では倒産寸前に。助手のヴェラが何とか立て直そうと、職業訓練所から格安で前科者のフレッド、定職に就けないサミール、異様に内気なナデージュを雇う。だが3人は全くの素人で、手助けどころか一晩で200株のバラをダメにしてしまう。そんな中、エヴに新種のアイディアが閃いた! 交配に必要なバラがラマルゼル社のバラ園にしかないと知ったエヴは、フレッドにある“特技”を披露させる。パリの新品種コンクールまであと1年、はみだし者たちの壮大な奮闘が幕を開ける──!

笑って、泣いて、希望の花が咲く
愛すべき〈はみだし者たち〉の逆転サクセス・ストーリー!
世界最高峰のバラ・コンクールに挑むのは、バラがすべての頑固なバラ育種家と、世間から見放されたド素人3人組。そのありえない出会いから、思いもよらない最高の奇跡がうまれる。世界屈指のローズブランド監修の元で贈る、人生につまずいた〈はみだし者たち〉が花開く、感動の逆転サクセス・ストーリー!

フランスが誇る大女優カトリーヌ・フロ主演最新作
色、形、香りのすべてにわたって、バラの究極の美を追求する本物のプロフェッショナル、エヴに扮するのはフランスで最も栄誉あるセザール賞に10度ノミネートされ、その内『偉大なるマルグリット』他で見事に2度受賞、大ヒット作『大統領の料理人』でも知られるフランスの国民的大女優、カトリーヌ・フロ。バラ以外には全く関心のなかったエヴが、友情や愛情など人間味あふれる想いに目覚めるまでを、ユーモアと情熱を込めて演じきった。

監督は短編映画“Les Miettes”(08・原題)がカンヌ国際映画祭批評家週間に出品され、セザール賞短編映画賞を始め数々の栄えある賞を受賞したピエール・ピノー。本作ではバラ育種家の美に懸ける情熱に加え、格差社会や育児放棄などの現代の問題をさりげなく織り込みながら、スパイスをほどよくきかせた軽快なユーモアと、はみだし者たちを包み込むどこまでも温かな視線で、爽快なサクセス・ストーリーを描き上げた。

超一流ローズブランドが完全監修。
世界にひとつだけのバラの誕生と、最高峰のバラ・コンクールを華麗に再現!
本作のもう一人の華麗なる主人公であるバラの魅力でスクリーンを満たすために、フランス屈指のローズブランドであるドリュ社、メイアン社やスペシャリストが監修を担当、世界にひとつの新しいバラが誕生するまでの交配と栽培の過程が詳細に明かされる。また、パリのバガテル公園で開催されるコンクールが忠実に再現されているのも見所のひとつ。
住む世界の違う者たちが、ありえない出会いから、それぞれの生き方を変えていく。誰かと繋がることで、人生はいつでも幾度でも花開く。エンドロールですべての人が大輪の希望の花を受け取る、感動の物語!

03
07月

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実(7/3~7/16)

The_Last_Full_Measure.jpg
戦争の英雄はなぜ30年間も封印されていたのか?

監督:
 トッド・ロビンソン
出演:
 セバスチャン・スタン
 クリストファー・プラマー
 ウィリアム・ハート
 エド・ハリス
 サミュエル・L・ジャクソン
 ピーター・フォンダ
 リサ・ゲイ・ハミルトン
 ジェレミー・アーバイン
 ダイアン・ラッド
 エイミー・マディガン
 ライナス・ローチ
 ジョン・サベージ
 アリソン・スドル
 ブラッドリー・ウィットフォード
 デイル・ダイ
原題:
 The Last Full Measure
上映時間:
 116分
日本公開日:
 2021年3月5日
製作:
 2019年製作/アメリカ
映倫区分:
 G
配給:
 彩プロ

 1999年、ペンタゴン空軍省の官僚のハフマンは、30年以上も請願されてきたある兵士の名誉勲章授与の精査を行うことになる。1966年のベトナム戦争下、空軍落下傘救助隊のピッツェンバーガーは敵兵の奇襲を受け孤立した陸軍中隊の救助にヘリで向かうが、あまりにも激しい戦闘のためヘリは降下できなかった。すると彼はその身一つで地上に飛び降り、自らの命は顧みず負傷兵たちを救出していくが、ついに銃弾に倒れてしまう。
戦後、ピッツェンバーガーの両親と戦友タリーは、彼の功績は、名誉勲章授与にふさわしいと何度も軍に働きかけるも却下され、彼の武勲は叶わないままだった。
 はじめは気乗りしないハフマンだったが、歴史に埋もれた英雄を知る退役軍人たちの証言を求めてアメリカ各地からベトナムのハノイまで調査を進める。やがて、ピッツェンバーガーの並外れた勇気ある行動を知るに及んで、大きく心を動かされる。そして、彼に名誉勲章が授与されなかった背景に驚くべき陰謀が隠されていたことに気がつくのだった…。

 本作は、ベトナム戦争の英雄であるウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話である。彼は、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士たちを献身的に救い、多くの血が流れたベトナム戦争で戦死した。
 1966年4月11日の救出作戦で、戦線から発つ最後のヘリコプターで脱出するチャンスがあったにも関わらず、ピッツェンバーガーは残された兵士たちを救うために留まった。激戦の最前線で弾丸を浴びて、仲間たちのために自らの命を犠牲にした。この英雄たる行いを評して、ピッツェンバーガーは一兵士が授かれる最高位の勲章である「名誉勲章」を推薦された。この勲章は、義務を超えた個人の勇敢な行為に対して与えられる。しかし、彼への名誉勲章授与は却下されてしまう。 なぜ、名誉勲章は授与されなかったのか。
 なぜ、30年以上もの間、戦友たちは英雄への名誉勲章授与を求め続けたのか。
1999年、30年の時を経て、ペンタゴンのエリート職員スコット・ハフマンが調査を担当することになり、その真実に迫る。
 主人公スコット・ハフマンを演じるのはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)においてキャプテン・アメリカの親友バッキー・バーンズ役で人気のセバスチャン・スタン。共演には、『人生はビギナーズ』(10)でアカデミー賞®助演男優賞受賞のクリストファー・プラマー、『蜘蛛女のキス』(85)でアカデミー賞®主演男優賞受賞のウィリアム・ハートらを筆頭に、MCUでニック・フューリー役として重要な役どころを担っているサミュエル・L・ジャクソン、『アポロ13』(95)でアカデミー賞®助演男優賞ノミネートのエド・ハリス、そして、『イージー・ライダー』以来、アメリカを体現してきたレジェンド俳優ピーター・フォンダにとって最後の出演作品となった。

 監督は『ファントム/開戦前夜』(13)のトッド・ロビンソン。1999年、別プロジェクトのリサーチ中にウィリアム・ピッツェンバーガーの存在を知り、その勇気ある献身に心を打たれ、リサーチを重ねて脚本を仕上げて自ら監督を務めた。