29
05月

『海辺の彼女たち』舞台挨拶(5/29、5/30)

CATEGORYイベント
umikano-ogp.jpg

『海辺の彼女たち』舞台挨拶(5/29、5/30)

◆スケジュール

5/29(土)/5/30(日)
11:00~
 『海辺の彼女たち』(上映時間:88分)
12:30
 舞台挨拶
   藤元明緒監督(29日)
  (福井出身)渡邉一孝プロデューサー(29日/30日)

※ 状況により登壇者は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

umikano-director.jpg

脚本/監督/編集:藤元明緒

1988年生、大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪で映像制作を学ぶ。日本に住むあるミャンマー人家族の物語を描いた長編初監督作『僕の帰る場所』(18/日本=ミャンマー) が、第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門2冠など受賞を重ね、33の国際映画祭で上映される。長編二本目となる『海辺の彼女たち』(20/日本=ベトナム)が、国際的な登竜門として知られる第68回サンセバスチャン国際映画祭の新人監督部門に選出された。現在、アジアを中心に劇映画やドキュメンタリーなどの制作活動を行っている。

プロデューサー:渡邉一孝

1986年生、福井県出身。配給会社、俳優事務所、映画祭のスタッフを経て、日英翻訳のコーディネートや映像字幕制作、自主映画の制作を行う。2014年に映画の企画から配給/セールス及び翻訳字幕制作を行う株式会社E.x.N (エクスン)を設立。製作/プロデュース作として『黒い暴動♥』(16/監督:宇賀那健一)、藤元明緒監督作『僕の帰る場所』(17/日本=ミャンマー)、短編『白骨街道』(20/日本=ミャンマー)。山形国際ドキュメンタリー映画祭ラフカット!部門のプログラムコーディネーター。映像を観て対話する「見たことないモノを観てみる会」を主宰。
22
05月

『福井駅前物語』上映会&駅前シンポジウム(5/22)

CATEGORYイベント
20210522_ogp.jpg

『福井駅前物語』上映会&駅前シンポジウム(5/22)

2021年5月22日(土)


◆スケジュール

13:00~15:00
 映画福井駅前物語(上映時間 111分)

15:05~15:50
 駅前シンポジウム
 テーマ「まちづくり・福井の未来」
  ~行政・JR・民間の視点から見える福井駅前の未来は!?~
 パネリスト:
  桑原雄二(福井市 都市戦略部 部長)
  見寺展幸(JR西日本 福井駅長)
  岩崎正夫(まちづくり福井株式会社 代表取締役社長)
 コーディネーター
  根岸佳代 (福井メトロ劇場 支配人)

入場料:一般 1,000円/高校生以下 500円
会場:メトロ劇場
31
12月

2021年 上映予定

tytleD.gif 

◆ 2021年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

新型ウィルス禍の影響により、突然のスケジュール変更を行う可能性がございます。
ご来場の際には最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。


5/15

5/21

愛のコリーダ [1976]

私は確信する

アンモナイトの目覚め

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

旅立つ息子へ
5/22

5/28

椿の庭

種まく旅人

サンドラの小さな家
5/29

6/4

海辺の彼女たち

僕が跳びはねる理由

BLUE ブルー
6/5

6/11

JUNK HEAD
6/12

6/18

劇場版 殺意の道程
6/19

6/25
19
06月

レッド・スネイク(6/19~7/2)

Soeurs_darmes.jpg
私は闘う―― 彼女たちと共に

監督:
 カロリーヌ・フレスト
出演:
 ディラン・グウィン
 アミラ・カサール
 マヤ・サンサ
 カメリア・ジョルダナ
 エステル・ガレル
 ナンナ・ブロンデルヌーシュ・スコーゲン
 マーク・ライダー
 パスカル・グレゴリー
 ダリナ・アル・ジュンディ
原題:
 Soeurs d'armes
上映時間:
 112分
日本公開日:
 2021年4月9日
製作:
 2019年製作/フランス・イタリア・ベルギー・モロッコ合作
映倫区分:
 PG12
配給:
 クロックワークス

女性だけの特殊部隊に救われた少女は、戦うことを選択する―
実話を基に描くハード・ミリタリー・アクション
IS が突然、イラク西部の少数派ヤジディ教徒の村を襲った。
ザラは父親を殺され、弟と生き別れ、自身は奴隷として IS のメンバーに売られてしまう。クルド人を支援している連合軍に様々な国の女性だけで構成される特殊部隊「蛇の旅団」があった。IS は古い言い伝えから女性に殺されると天国に行けないと信じているので、女性だけの部隊は恐れられていたのだ。IS のメンバーの元から逃げ出し、「蛇の旅団」に救われたザラは武器を取ることを選び、部隊に加わり兵士になるための厳しい訓練を受ける。訓練を終え、コードネームを「レッド・スネイク」としたザラは、“姉妹たち”と共に前線へと赴く。
果たしてザラは無事に弟を救うことができるのか!?

12
06月

街の上で(6/12~6/25)

machinouede.jpg
誰も見ることはないけど
 確かにここに存在している

監督:
 今泉力哉
主題歌:
 ラッキーオールドサン
出演:
 若葉竜也
 穂志もえか
 古川琴音
 萩原みのり
 中田青渚
 成田凌
 上のしおり (福井出身)
 芹澤興人
 村上由規乃
 遠藤雄斗
 カレン
 左近洋⼀郎
 小竹原晋
 廣瀬祐樹
 春原愛良
上映時間:
 130分
日本公開日:
 2021年4月9日
製作:
 2019年製作/日本
映倫区分:
 G
配給:
 「街の上で」 フィルムパートナーズ

下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。

今泉力哉監督が、変容する“文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、
古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。
古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは“告白”だ!」とそそのかされるが——
映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』『his』と話題作を立て続けに発表する今泉力哉が、共同脚本に漫画家・大橋裕之を迎え、オール下北沢ロケで挑んだオリジナル脚本による長編最新作。
主人公の青を演じるのは 『愛がなんだ』ナカハラ役で注目を集め、本作が映画初主演となる若葉竜也。主人公・青の元恋人である雪に、『少女邂逅』の穂志もえか。青が通う古書店の店員・田辺役に、『十二人の死にたい子どもたち』の古川琴音。青に映画出演を依頼する美大生の映画監督・町子役に、『お嬢ちゃん』の萩原みのり。町子が監督を務める現場の衣装スタッフ・イハ役に、新星・中田青渚。フレッシュな実力派女優陣が物語に彩りを添え、成田凌も重要な役どころで友情出演している。
また、『愛がなんだ』『退屈な日々にさようならを』『サッドティー』などでタッグを組んできた撮影・岩永洋、録音・根本飛鳥をはじめ、「今泉組」のスタッフが再結集。
街の住人たちとの他愛ない会話。魅惑的な女性たちとの出会いと別れ。変わらない想いと変わりゆく街並み。どこにでもある下北沢の日常が今泉独特のユーモアと優しさに包まれながら紡がれていく。「今泉映画最高傑作」の呼び声も高い、珠玉の群像劇。

12
06月

キンキーブーツ(6/12~6/25)

Kinky_Boots_The_Musical.jpg
みんなと同じ寄り、自分の個性で生きてみる。

キンキーブーツ


監督:
 ブレット・サリバン
音楽:
 シンディ・ローパー
出演:
 マット・ヘンリー
 キリアン・ドネリー
 ナタリー・マックイーン
 ショーン・ニーダム
 コーデリア・ファーンワース
 アントニー・リード
原題:
 Kinky Boots: The Musical
上映時間:
 122分
日本公開日:
 2021年3月5日
製作:
 2018年製作/イギリス
映倫区分:
 G
配給:
 松竹

人と違うことを恐れない、最強の“重唱”
舞台はイギリスの倒産しそうな靴工場。自分の意思に反して、跡継ぎのチャーリーは経営困難に苦しむ。そんな中、チャーリーはドラァグクィーンのローラと仲間たちに出会う。外見も振舞いも違うチャーリーとローラ。しかし思いがけない2人の共通点から、物語は意外な新展開を見せるー。

トニー賞®受賞作品大ヒット・ミュージカル、“本家本元”版が遂に日本上陸!
実話を元にした映画『キンキーブーツ』から、ニューヨーク・ブロードウェイ界の明星、
ハーヴェイ・ファイアスタインの脚本とシンディ・ローパーの作詞作曲による、
記録破りのミュージカルが誕生!
 『キンキーブーツ』は、イギリスで本当にあった話を元に誕生した、派手だけどセンチメンタルで、悲しいけど愉快なスーパー・ミュージカルである。
 ハーヴェイ・ファイアスタインの脚本は、観客に最高なショーと素敵な物語をプレゼントしてくれる。正に宝物に相応しい時間を過ごすことが出来る作品に仕上がっている。元気をもらえるストーリーに出会える事は実に貴重である。
 パフォーマンスは勿論の事、シンガーソングライターとしても一流のポップ・アイコン、シンディ・ローパーの曲は、キャッチーでありながらずっと語り継がれるであろう深みを、随所に感じ取る事が出来る名曲揃いである。
 そして、キャストの面々も実に才能に溢れている。チャーリー役のキリアン・ドネリーは、自分の方向性に悩みためらいながらも、進むべき道を猛進する主人公を熱演している。
 もう一人の主役、ローラ役のマット・ヘンリーは、見た目はゴージャスだが、心の中はガラス細工のように繊細な面を持つ人物像を、見事に作り上げている。
 ローラの仲間達は、完璧なスタイルとリズムで観客へ最高のショーを見せ、チャーリーの周囲も、表現豊かで、誰しもが主役級の輝きを放っている。
 更に華やかさを加えているのは、圧巻とも言えるデイヴィッド・ロックウェルの舞台セット、色彩豊かでファッショナブルなグレッグ・バーンズの最高な衣装デザインと言う点も追記すべきであろう。
 そして『キンキーブーツ』のもう一つの魅力は、強烈な個性を持つ役者達の、"重唱"である。十人十色をビジュアル面でも描いている本作は、文字通りオリジナリティの溢れる登場人物達のオンパレードである。それぞれの個性を表現しながら同じ目標に向かって一つになっている様子は、見ているオーディエンスを魅了し元気にしてくれる。人と違うことを恐れずに突き進んで行く事で、本当の絆が生まれることを、本作は教えてくれる。

12
06月

劇場版 殺意の道程(6/12~6/25)

satsui_movie.jpg
全ては、復讐のために。

劇場版 殺意の道程


監督:
 住田崇
出演:
 バカリズム
 井浦新
 堀田真由
 日野陽仁
 飛鳥凛
 河相我聞
 佐久間由衣
 鶴見辰吾
上映時間:
 120分
日本公開日:
 2021年2月5日
製作:
 2021年製作/日本
映倫区分:
 G
配給:
 WOWOW

ある日、小さな金属加工会社の社長・窪田貴樹が自ら命を絶った。彼を自殺に追い込んだのは貴樹の会社が下請けをしていた取引先の社長・室岡義之。室岡の口車に乗せられた結果、貴樹は多額の負債を抱え、会社は倒産。全てを失い絶望した貴樹はビルの屋上から投身した。遺族たちの訴えも虚しく、一切罪を問われることなく、まるで他人事のようにその後ものうのうと裕福な生活を続ける室岡。

貴樹の息子・窪田一馬(井浦新)は司法では裁かれない室岡への復讐を心に誓う。そして、貴樹が息子のように可愛がっていた一馬の従弟・吾妻満(バカリズム)と室岡殺人の完全犯罪を企てる。しかし、人を殺すにも準備は必要。これまで一度も犯罪に手を染めたことのない二人は、信頼する人たちの協力を得て悪戦苦闘しながら殺害方法を探っていく。「殺害計画の打合せ」から「必要な物資の買い出し」、「殺害実行のシミュレーション」など。果たして、一馬と満は復讐を成し遂げることができるのか—

ドラマ「素敵な選TAXI」、「住住」、そして第36回向田邦子賞を受賞した「架空OL日記」など脚本家としても多彩な作品を手がけるバカリズムのオリジナル脚本をWOWOWで連続ドラマ化した「殺意の道程」(全7話)。放送当初から、復讐殺人計画の準備を1つずつミッションとしてクリアしていく満(バカリズム)と一馬(井浦新)の真面目でピュアな姿が面白い!可愛い!癖になる!と反響を呼んだ本作が、キャスト・スタッフの撮影時からの熱望も受けて再編集劇場版として製作される。

そして、2021年2月5日(金)の全国劇場公開と同時にauスマートパスプレミアム/TELASAでの独占配信もスタートさせることが決定!上映劇場は全国津々浦々のミニシアターを中心に随時上映劇場は拡大中。

併せて、バカリズムの作品を多数手掛けてきた住田崇監督のもと、劇場版の為に新たな編集演出も加わり、ドラマでは1話ごとにクリアしていたミッションが、1本のジェットコースタームービーとして生まれ変わること必至で、WOWOWで放送されたドラマ版の視聴者も再度楽しめる作品となる。

脚本家・バカリズムが紡ぐ独特の世界観の中で、バカリズムと井浦新の絶妙な空気感が如何なく発揮されたサスペンスコメディを凝縮した、「誰も見たことがない新たなる復讐劇」を映画館と配信でお見逃しなく!

05
06月

JUNK HEAD(6/5~6/18)

JUNK_HEAD.jpg
未来は、《ガラクタ》に託された。

監督・原案・キャラクターデザイン・撮影・照明・編集・音楽:
 堀貴秀
清作:
 やみけん
上映時間:
 99分
日本公開日:
 2021年3月26日
製作:
 2017年製作/日本
映倫区分:
 G
配給:
 ギャガ

生殖機能を失ったことにより、世界の人口は激減。
人類存続のカギは――?
環境破壊が止まらず、もはや地上は住めないほど汚染された。人類は地下開発を目指し、その労働力として人工生命体マリガンを創造する。ところが、自我に目覚めたマリガンが人類に反乱、地下を乗っ取ってしまう。それから1600年──遺伝子操作により永遠と言える命を得た人類は、その代償として生殖能力を失った。そんな人類に新種のウイルスが襲いかかり、人口の30%が失われる。絶滅の危機に瀕した人類は、独自に進化していたマリガンの調査を開始。政府が募集した地下調査員に、生徒が激減したダンス講師の“主人公”が名乗りを上げる。地下へと潜入し、〈死〉と隣り合わせになることで命を実感した主人公は、マリガンたちと協力して人類再生の道を探る。今、広大な地下世界の迷宮で、クセ者ぞろいのマリガンとの奇想天外な冒険が始まる!

《映画作りは独学》《たった一人で始動》《制作期間7年》《本職は内装業》
──そんな驚愕ワードをひっさげ、アニメーション界に突如出現した孤高のクリエイター、堀貴秀。総コマ数約14万、フィギュアはすべて手作りという狂気の愛と情熱で完成させた作品は、北米最大のジャンル映画祭の呼び声も高いファンタジア国際映画祭で最優秀長編アニメーション賞を奪取! さらにギレルモ・デル・トロから、同じ高みを目指す才能として激賞された。カルトなのに壮大な世界観と、不気味なのにどこかクセになるキャラクターに中毒者が続出した、最高のディストピア!? が遂に海外から逆輸入上映を果たす!
05
06月

約束の宇宙(そら)(6/5~6/18)

Proxima.jpg
あなたがいるから、頑張れる。

約束の宇宙(そら)


監督:
 アリス・ウィンクール
音楽:
 坂本龍一
出演:
 エバ・グリーン
 ゼリー・ブーラン=レメル
 マット・ディロン
 ラース・アイディンガー
 サンドラ・フラー
 アレクセイ・ファティーフ
原題:
 Proxima
上映時間:
 107分
日本公開日:
 2021年4月16日
製作:
 2019年製作/フランス
映倫区分:
 G
配給:
 ツイン

宇宙飛行士で、ひとり親の母サラと娘のステラ。
会えない時間の中で、親子は互いに様々な壁を乗り越えていく―。
フランス人宇宙飛行士のサラ(エヴァ・グリーン)は、ドイツの欧州宇宙機関(ESA)で、長年の夢だった宇宙へ行く事を目指して、日々訓練に励んでいる。物理学者の夫トマス(ラース・アイディンガー)とは離婚し、7歳の幼い娘ステラ(ゼリー・ブーラン・レメル)と2人で暮らす彼女は、「プロキシマ」と名付けられたミッションのクルーに選ばれる。大喜びのサラだったが、このミッションに旅立てば、約1年もの間、娘と離れ離れになる。ステラを残し宇宙へ飛び立つまでに2ヶ月しかない。過酷な訓練の合間に、娘は母と約束する「打ち上げ前に2人でロケットを見たい」と。母は約束を果たし、無事に宇宙へ飛び立てるのか。

世界中の映画祭が、温かな涙に包まれた
宇宙飛行士でひとり親の母と、幼い娘のロケット打ち上げまでの日々を描いたのは、『裸足の季節』の脚本が絶賛されたアリス・ウィンクール監督。自身も幼い子供を持つ彼女が、宇宙飛行士という特殊な環境で働く母親と、その子供との特別な関係に焦点を当て、お互いを想い合うあまりぶつかり合い、愛しさも寂しさも経験し成長していく親子の物語を誕生させた。撮影は欧州宇宙機関(ESA)の協力により、ドイツ、ロシア、カザフスタンの関連施設で敢行。宇宙飛行士の知られざる世界をリアリティあふれる映像でスクリーンに表現した。母サラを演じたのは、実写映画『ダンボ』や、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』で、子供から大人まで世界中の観客を魅了したエヴァ・グリーン。娘のステラは約300人の中からオーディションで選ばれたゼリー・ブーラン・レメル。チームリーダーの宇宙飛行士にマット・ディロン等、欧米の実力派俳優が集結。さらに、音楽は世界で活躍する坂本龍一が担当した。

29
05月

海辺の彼女たち(5/29~6/11)

umikano.jpg
生きていく。この世界で―

海辺の彼女たち


監督・脚本:
 藤元明緒
プロデューサー:
 渡邉一孝
出演:
 ホアン・フォン
 フィン・トゥエ・アン
 クィン・ニュー
上映時間:
 88分
日本公開日:
 2021年5月1日
製作:
 2020年製作/日本・ベトナム合作
配給:
 E.x.N

技能実習生として来日した若きベトナム人女性のアンとニューとフォンはある夜、搾取されていた職場から力を合わして脱走を図る。新たな職を斡旋するブローカーを頼りに、辿り着いた場所は雪深い港町。やがては不法滞在となる身に不安が募るも、故郷にいる家族のためにも懸命に働き始める。しかし、安定した稼ぎ口を手に入れた矢先にフォンが体調を壊し倒れてしまう。アンとニューは満足に仕事ができないフォンを心配して、身分証が無いままに病院に連れて行くが——。

外国人労働者たちの実話をもとに描く圧巻のリアリズム。
在日ミャンマー人の移民問題と家族の愛を描いた前作『僕の帰る場所』が、東京国際映画祭「アジアの未来部門」グランプリを受賞した藤元明緒監督の最新作。臨場感あふれる役者の演技によるドキュメンタリーとフィクションを越境するスタイルは本作でも健在だ。

近年、外国人技能実習生にまつわる劣悪な労働環境などが社会問題として注目されているなか、本作は藤元監督が実際に技能実習生から受け取ったSOSメールをきっかけにして着想された。世界第4位の移民大国となった日本で暮らす私たちにとって、国境を越え出稼ぎに来た女性たちの覚悟と生き様が、他人事ではない物語として心に迫る。

また、本作は海外でも評価が高く、世界でも有数の若手監督の登竜門であるサンセバスチャン国際映画祭・新人監督部門に選出され、"映画祭が支援していきたい逸材"と評された。