01
02月

上映時間表 2月2024年

CATEGORY上映時間表
202402newtime2.jpg
※ 画像の3/4(月)~3/8(金)の日付がずれておりました。ここに訂正してお詫び申し上げます。

◆上映時間表 2月 2024年

日付 時間 作品
2/24
(土)

3/1
(金)
10:45エル・スール
12:40ファースト・カウ
15:00PERFECT DAYS
17:25ビヨンド・ユートピア 脱北
19:40シャクラ
3/2
(土)

3/6
(金)
10:00弟は僕のヒーロー
12:00瞳をとじて
15:10VORTEX ヴォルテックス
18:00ファースト・カウ
20:20PERFECT DAYS
1/27
(土)
1/29
(月)

2/2
(金)
11:00ほかげ
12:55宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました
15:05市子
17:30リアリティ
19:10キャロル・キング ホーム・アゲイン
2/3
(土)

2/9
(金)
10:45父は憶えている
12:45枯れ葉
14:25ほかげ
16:20ラ・メゾン 小説家と娼婦
18:10市子
20:30ほかげ
2/10
(土)

2/16
(金)
11:00PERFECT DAYS
13:20ゴーストワールド
15:35枯れ葉
17:15父は憶えている
19:15ラ・メゾン 小説家と娼婦
2/17
(土)

2/23
(金)
10:45ミツバチのささやき
12:45シャクラ
15:15ビヨンド・ユートピア 脱北
17:30PERFECT DAYS
19:45ゴーストワールド
01
02月

メトロ映画情報2月号2024年

メトロ映画情報 2月号2024年


※ 映画情報誌の作成が遅くなり申し訳ございません。お詫び申し上げます。
※ 画像において下記の誤りがございました。ここに訂正してお詫び申し上げます。
 ・ 表面 時間表の3/4(月)~3/8(金)の日付がずれておりました。
 ・ 裏面 「エル・スール」「みつばちのささやき」の公開日付が逆になっておりました。

2024年2月号。
役所広司さんがカンヌ映画祭男優賞を受賞したことでも話題になったヴィム・ヴェンダース監督の『PERFECT DAYS』アカデミー賞では国際長編映画賞にノミネートされました!これを記念し2/10(土)からの上映が決定!

そして2月号のトップを飾るのは『ゴーストワールド [2001]』
2001年、当時では新しい “低体温系” 青春映画として大ヒットした本作。あの2人がスクリーンに帰ってきます! 今ではすっかりブラック・ウィドウなスカーレット・ヨハンソンは当時17歳。瑞々しい演技も見所の一つ。

そのほかにもドニー・イェン『シャクラ』アキ・カウリスマキ監督『枯れ葉』ビクトル・エリセ監督特集(『ミツバチのささやき / エル・スール』『瞳をとじて』)、A24『ファースト・カウ』、ほっこり感動系『弟は僕のヒーロー』…挙げ始めるときりがありませんが、名作・話題作目白押しの2月、どうぞスクリーンにてお楽しみください!

ご来場お待ちしております!!

202402new2-1.jpg

202402new2-2.jpg
01
01月

2024年 上映予定

CATEGORY年間予定
tytleD.gif 

◆ 2024年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

ご来場の際には最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。


2/24

3/1
アカデミー賞
国際長編映画賞
ノミネート記念


PERFECT DAYS

ファースト・カウ
ビクトル・エリセ特別上映

『ミツバチのささやき』
(2/17~23)

『エル・スール』
(2/24~3/1)

シャクラ

ビヨンド・ユートピア 脱北
3/2

3/8
ビクトル・エリセ

瞳をとじて

弟は僕のヒーロー

VORTEX ヴォルテックス
3/9

3/15
3/16

3/22
★カンヌ パルムドール
★ゴールデングローブ賞 2冠
★アカデミー賞 5部門ノミネート


落下の解剖学
3/23

3/29
3/30

4/5
日程
調整中
葬送のカーネーション
無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語
ハンテッド 狩られる夜
一月の声に歓びを刻め
ストップ・メイキング・センス4Kレストア
風よ あらしよ 劇場版
ビニールハウス
Firebird ファイアバード
16
03月

落下の解剖学(3/16~4/5)

2024anatomy.jpg
これは 事故か、自殺か、殺人か――。

監督・脚本:
 ジュスティーヌ・トリエ
脚本:
 アルチュール・アラリ
出演:
 サンドラ・ヒュラー
 スワン・アルロー
 ミロ・マシャド・グラネール
 アントワーヌ・レナルツ
 サミュエル・セイス
 ジェニー・ベス
 カミーユ・ラザフォード
原題:
 Anatomie d'une chute
製作:
 2023年製作/G/フランス
上映時間:
 152分
配給:
 ギャガ

第76回 カンヌ国際映画祭 <最高賞>パルムドール 受賞
第81回 ゴールデングローブ賞 脚本賞/非英語作品賞 2部門受賞
第96回 アカデミー賞(2024年)5部門ノミネート

2024anatomy-1.jpg

雪山の山荘で、男が転落死した。
男の妻に殺人容疑がかかり、唯一の証人は視覚障がいのある11歳の息子。

人里離れた雪山の山荘で、男が転落死した。
はじめは事故と思われたが、次第にベストセラー作家である妻サンドラに殺人容疑が向けられる。
現場に居合わせたのは、視覚障がいのある11歳の息子だけ。
証人や検事により、夫婦の秘密や嘘が暴露され、登場人物の数だけ<真実>が現れるが──。

2024anatomy-5.jpg

疑念の中に 〈落ちて〉いく――

2023年のカンヌ国際映画祭で審査員長を務めた奇才リューベン・オストルンド監督から「強烈な体験だった」と破格の称賛を受け、最高賞のパルムドールに輝いたのが、ジュスティーヌ・トリエ監督の長編4作目となる本作だ。
本国フランスでは、公開3週目にして週末ランキングで1位を獲得し、口コミによる観客の圧倒的な支持を証明。さらに、5週目には観客動員数100万人を越える大ヒットを記録。
第81回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞(ドラマ部門/ザンドラ・ヒュラー)、脚本賞、非英語作品賞の4部門にノミネートされ、脚本賞と非英語作品賞の2部門を受賞。アカデミー賞®最有力の呼び声も、日に日にリアリティを増している本年度最大の注目作が、遂に日本でもその全貌を明かす。

2024anatomy-4.jpg

あの日、あの場所で、いったい何があったのか?

主人公のサンドラ役には、『レクイエム~ミカエラの肖像』でベルリン国際映画祭銀熊賞、『ありがとう、トニ・エルドマン』でヨーロッパ映画賞女優賞を受賞し、本作で本年度映画賞レース主演女優賞の最有力候補となっているザンドラ・ヒュラー。人気作家としての知的なポーカーフェイスの下で、底なしの冷酷さと自我を爆発させる圧巻の演技で、観客を一気に疑心暗鬼の渦へと引きずりこむ。本年度のカンヌで次席のグランプリを獲得した『The Zone of Interest』でも主演を務めている、今最も見逃せない俳優だ。息子のダニエル役のミロ・マシャド・グラネールと、彼の愛犬スヌープに扮しパルムドッグ賞を受賞したボーダーコリーのメッシの、演技を超越した存在感が物語のカギを握る。

事件の真相を追っていくうちに、観る者は想像もしなかった人間の深淵に、登場人物たちと共に〈落ちて〉いく。そこでは、あらゆる価値観が覆され、愛と信頼の意味さえ解体されていく。そして最後に突き付けられるのは、あなた自身を映し出す鏡──今、現代を抉る新たな傑作が誕生した。

2024anatomy-5.jpg
(C)LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE

02
03月

VORTEX ヴォルテックス(3/2~3/8)

2024vortex.jpg
人生は、夢の中の夢

監督・脚本・編集:
 ギャスパー・ノエ
出演:
 ダリオ・アルジェント
 フランソワーズ・ルブラン
 アレックス・ルッツ
 キリアン・デレ
原題:
 Vortex
製作:
 2021年製作/PG12/フランス
上映時間:
 148分
配給:
 シンカ

2024vortex-1.jpg

認知症を患う妻、心臓病を抱える夫。同時進行で映し出される老夫婦
人生最期の “死に様” 人はどう死んでいくのか。

映画評論家である夫と元精神科医で認知症を患う妻。離れて暮らす息子は2人を心配しながらも、家を訪れ金を無心する。心臓に持病を抱える夫は、日に日に重くなる妻の認知症に悩まされ、やがて、日常生活に支障をきたすようになる。そして、ふたりに人生最期の時が近づいていた…。

2024vortex-3.jpg

壊れるのは脳が先か、心が先か――
ギャスパー・ノエ監督の新境地にして最高傑作。

新作のたびにその実験的な試みと過激描写で世界中を挑発し続けてきた鬼才ギャスパー・ノエ監督が、「暴力」「セックス」を封印、「病」と「死」をテーマに自身の経験を経て新たな世界を作り上げた。人は、どう死んでいくのか?誰もが目をそむけたくなる現実を真正面から冷徹なまでにまざまざと描いた、新境地にして最高傑作。
主演は、80歳にして初主演を果たしたホラー映画の帝王ダリオ・アルジェントと、『ママと娼婦』の娼婦役で鮮烈な映画デビューを飾り伝説的な女優となったフランソワーズ・ルブラン。演技とは思えないふたりの奇跡の名演に目を奪われずにはいられない。 スプリットスクリーンの画面分割によって、老夫婦の日常が2つの視点から同時進行で映し出されていく。心通わぬ家族、不測の出来事、やがて訪れる死。我々は、暴力なき恐怖の渦に吸い込まれ、“死ぬまで”を追体験する。

2024vortex-2.jpg
(C)2021 RECTANGLE PRODUCTIONS - WILD BUNCH INTERNATIONAL - LES CINEMAS DE LA ZONE - KNM ARTEMIS PRODUCTIONS - SRAB FILMS - LES FILMS VELVET - KALLOUCHE CINÉMA Visa d’exploitation N° 155 193

02
03月

瞳をとじて(3/2~3/15)

2023CloseYourEyes.jpg
22年の時を経て、動き出す

監督:
 ビクトル・エリセ
出演:
 マノロ・ソロ
 ホセ・コロナド
 アナ・トレント
原題:
 Cerrar los ojos
製作:
 2023年製作/G/スペイン
上映時間:
 169分
配給:
 ギャガ

2023CloseYourEyes-1.jpg

かつての親友は、 なぜ姿を消したのか——。
未完のフィルムが呼び起こす、 記憶を巡るヒューマンミステリー

映画『別れのまなざし』の撮影中に主演俳優フリオ・アレナスが失踪した。当時、警察は近くの崖に靴が揃えられていたことから投身自殺だと断定するも、結局遺体は上がってこなかった。それから22年、元映画監督でありフリオの親友でもあったミゲルはかつての人気俳優失踪事件の謎を追うTV番組から証言者として出演依頼を受ける。取材協力するミゲルだったが次第にフリオと過ごした青春時代を、そして自らの半生を追想していく。そして番組終了後、一通の思わぬ情報が寄せられた。

「海辺の施設でフリオによく似た男を知っている」——

2023CloseYourEyes-2.jpg

1985年『ミツバチのささやき』
日本に社会現象を巻き起こした
スペインの巨匠の集大成、遂に———

1985年、伝説のミニシアター“シネ・ヴィヴァン・六本木”で記録的な動員を打ち立て社会現象を巻き起こし、今もなおタイムレスな名作として多くの映画ファンの「人生ベスト」に選ばれる『ミツバチのささやき』のビクトル・エリセ監督が、第76回カンヌ国際映画祭で31年ぶりの長編新作を発表。世界が騒然、そして歓喜する声に包まれた。長い沈黙を破り描かれるのは元映画監督と、謎の失踪を遂げたかつての人気俳優ふたりの、記憶をめぐる 【人生】と【映画】の物語。
『ミツバチのささやき』で見出されたアナ・トレントが50年ぶりに同じく“アナ”の名前を持つ女性を演じることも話題となっている。

2023CloseYourEyes-3.jpg

元映画監督と失踪した人気俳優の【人生】と【映画】

これまでの不在を微塵も感じさせない詩情豊かに綴られるワンシーン・ワンカット、そしてラストに待ち受ける映画の始まりと未来を繋ぐ、圧倒的映画体験。
ビクトル・エリセのまなざしは今、私たちに向けられる——。

2023CloseYourEyes-4.jpg
(C)2023 La Mirada del Adios A.I.E, Tandem Films S.L., Nautilus Films S.L., Pecado Films S.L., Pampa Films S.A.

02
03月

弟は僕のヒーロー(3/2~3/15)

2024hero.jpg
君がいれば 世界がきらめく

監督:
 ステファノ・チパーニ
原作:
 ジャコモ・マッツァリオール
 『弟は僕のヒーロー(原題:Mio fratello rincorre i dinosauri)』
出演:
 アレッサンドロ・ガスマン
 イザベラ・ラゴネーゼ
 フランチェスコ・ゲギ
 ロレンツォ・シスト
 ロッシ・デ・パルマ
原題:
 Mio fratello rincorre i dinosauri
製作:
 2019年製作/PG12/イタリア・スペイン合作
上映時間:
 102分
配給:
 ミモザフィルムズ

2024hero-1.jpg

小さな嘘がイタリアの田舎町全体を巻き込む大騒動に
そして見つけた かけがえのない真実とは

5歳のジャックは初めてできた弟に大喜び、しかし両親から弟ジョーは「特別」な子だと聞かされる。ジョーがスーパーヒーローだと信じるジャックだが、やがて「特別」の意味を知り、思春期を迎えると弟の存在を隠すようになる。ある日、好きな子を前についてしまった嘘が、家族や友達、町全体を巻き込んで、やがて取り返しのつかない事件となり――。

2024hero-3.jpg

世界60万人が泣いた!
ダウン症の弟と兄が作った5分の YouTube 動画から生まれた、
大ベストセラーの映画化

イタリアに住む高校生のジャコモ・マッツァリオールが、2015年3月21日「世界ダウン症の日」に合わせて、ダウン症の弟ジョーを主人公に据えて一緒に撮影した5分のショートムービー『ザ・シンプル・インタビュー』をYouTubeに公開するや、瞬く間にイタリア国内外で60万回を超えて再生され、主要各紙が取り上げるなど大きな話題となった。それが大手出版社の目に留まり、ジャコモが弟との物語を執筆。2016年に出版された小説『弟は僕のヒーロー(原題:Mio fratello rincorre i dinosauri)』は、ヨーロッパ各国で翻訳出版され、スペインのエル・パイス紙は2017年最も興味深い児童書に選出した。日本でも装画を絵本作家ヨシタケシンスケが担当した邦訳版が刊行されるなど、現在までに25万部を超えるベストセラーになっている。本作はそんな大人気書籍の待望の映画化作品だ。

2024hero-4.jpg

イタリア版 『ワンダー 君は太陽』!
世界が注目した兄弟のとびきりキュートでパワフル、
そして世界中が優しくなれるハートウォーミングストーリー

主人公のジャックに扮するのは、今後の活躍が最も期待されるイタリアの若手俳優のひとり、フランチェスコ・ゲギ(『僕らをつなぐもの』)。そしてピュアな心を持ち続ける愛に溢れた弟・ジョー役には、実際にダウン症のあるロレンツォ・シスト。さらに『盗まれたカラヴァッジョ』『泣いたり笑ったり』など、イタリアを代表する人気俳優アレッサンドロ・ガスマン、ペドロ・アルモドバル監督作品常連のロッシ・デ・パルマなど豪華キャストが集結し、ダウン症の子を持つ家族の葛藤や奮闘、喜びや困難もリアルに捉え、その中でも決して揺らがない家族愛を、ユーモアをたたえながら描き出した。第76回ヴェネツィア国際映画祭<ヴェニス・デイズ>部門にて上映されるなど、イタリア国内外で旋風を巻き起こしたこの冬一番のハートウォーミングストーリーをお見逃しなく!

2024hero-2.jpg

24
02月

ファースト・カウ(2/24~3/8)

2024firstcow.jpg
おいしい話にご用心。

監督/脚本:
 ケリー・ライカート
脚本:
 ジョナサン・レイモンド
音楽:
 ウィリアム・タイラー
出演:
 ジョン・マガロ
 オリオン・リー
 トビー・ジョーンズ
 ユエン・ブレムナー
 スコット・シェパード
 ゲイリー・ファーマー
 リリー・グラッドストーン
原題:
 First Cow
製作:
 2020年製作/G/アメリカ
上映時間:
 122分
配給:
 東京テアトル、ロングライド

2024firstcow-1.jpg

甘いドーナツが人生を左右する――!
アメリカン・ドリームを夢見る男たちの友情物語

物語の舞台は1820年代、西部開拓時代のオレゴン。アメリカン・ドリームを求めて未開の地にやってきた料理人のクッキーと、中国人移民のキング・ルー。共に成功を夢見る2人は自然と意気投合し、やがてある大胆な計画を思いつく。それは、この地に初めてやってきた“富の象徴”である、たった一頭の牛からミルクを盗み、ドーナツで一攫千金を狙うという、甘い甘いビジネスだった――!

2024firstcow-2.jpg

世界中の映画人が愛し、うらやんだ傑作がついに日本へ上陸!
A24×ケリー・ライカート 映画史に刻まれる最強タッグが実現

現代アメリカ映画の最重要作家と評され、最も高い評価を受ける監督のひとりであるケリー・ライカート。映画ファンの間で確かな人気を誇りながらも、これまで紹介される機会が限られていたライカート監督作品がついに、日本の劇場で初公開される!
長編7作目となる『ファースト・カウ』は、世界の映画祭でお披露目されるやいなや、たちまち絶賛の声が上がり157部門にノミネート、27部門を受賞。さらに映画人からの評価も高く、ポン・ジュノ、ジム・ジャームッシュ、トッド・ヘインズ、濱口竜介ら、名だたる監督たちが口を揃えて本作を称賛している。そんな本作の本国配給を行なったのは、いま映画ファンに最も愛される配給会社A24。作家ファーストでありながら大ヒット作を次々と世に送り出しているA24と、一貫したスタイルで映画を撮り続けているライカート監督のタッグが初めて実現。彼女の最高傑作との呼び声も高い本作が誕生した。

2024firstcow-3.jpg
(C)2019 A24 DISTRIBUTION. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

17
02月

シャクラ(2/17~3/1)

2024sakramovie.jpg
俺が貴様を 地獄へ送る!

製作・監督・主演:
 ドニー・イェン
アクション監督:
 谷垣健治
製作:
 ウォン・ジン(バリー・ウォン)
出演:
 ドニー・イェン
 チェン・ユーチー
 リウ・ヤースー
 ウー・ユエ
 カラ・ワイ
 チョン・シウファイ
 グレース・ウォン
 ドー・ユーミン
 レイ・ロイ
 チョイ・シウミン
原題:
 天龍八部之喬峰傳 Sakra
製作:
 2023年製作/G/香港・中国合作
上映時間:
 130分
配給:
 ツイン

2024sakramovie-1.jpg

武林最強の技「降龍十八掌」ですべてを倒す!!

宋代の中国。丐幇(かいほう)の幇主・喬峯(きょうほう/ドニー・イェン)は誰からも慕われる英雄的な存在だった。だがある日、何者かに副幇の馬が殺害され、その犯人に仕立て上げられてしまう。しかも自分が漢民族ではなく契丹人であるという出自まで明かされ丐幇を追放される。自らを陥れた人間を探し出し、さらに自身の出生の真実をつきとめるため喬峯は旅にでる。しかし、彼の行く手には更なる罠が仕掛けられていた!武林最強の技、「降龍十八掌」を使い、襲い来る刺客たちをなぎ倒す喬峯。果たして彼は黒幕を突き止め復讐を果たすことが出来るのか!?

copy.png
2024sakramovie-3.jpg

ドニ―が挑んだ、アクション映画の更なる高み!

宇宙最強の異名を持つ国際的アクションスター、ドニー・イェンが自ら製作・監督・主演を務め、超絶武侠アクション『シャクラ』を創り上げた!ドニー映画ではお馴染みの俳優たちが多数出演し、中華圏を代表する小説家・金庸(きんよう)の長編武侠小説「天龍八部」を壮大な世界観で描き出した。金庸の熱烈なファンであるドニーは、作品に対する豊富な知識と敬意をもって、「天龍八部」の4人の武芸者のひとり、喬峯(きょうほう)を自分にしか演じられない人物に仕上げた。アクションを通してキャラクターを雄弁に語り、作品ごとにスタイルを変えて変幻自在のバトルを繰り広げていたドニーだが、『シャクラ』ではさらなる進化を遂げる。武侠映画ならではの動きで宙を飛び交い、武術に於いて最高峰と言われる達人技を次々と繰り出していく。アクション監督を『るろうに剣心』シリーズの谷垣健治が務め、ダンスと武術を融合させ、スクリーンを縦横無尽に駆け巡り闘う武芸者たちの凄技を実現させた!

2024sakramovie-2.jpg
(C)2023 Wishart Interactive Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved

17
02月

『ミツバチのささやき』『エル・スール』ビクトル・エリセ特別上映(2/17~3/1)

2024erice.jpg
いまこそ、エリセ。

ビクトル・エリセ「瞳をとじて」公開を記念し、
「ミツバチのささやき」「エル・スール」を特別上映

◆上映スケジュール

『ミツバチのささやき』2/17(土)~2/23(金)
『エル・スール』2/24(土)~3/1(金)

◆作品詳細

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき (2/17~2/23)

監督:ビクトル・エリセ/脚本:ビクトル・エリセ、アンヘル・フェルナンデス=サントス/撮影:ルイス・クアドラド/音楽:ルイス・デ・パブロ/出演:アナ・トレント、イザベル・テリェリア、フェルナンド・フェルナン・ゴメス、テレサ・ジンベラ
1973年|スペイン|99分|カラー|DCP|提供:アイ・ヴィー・シー


6歳の少女アナはフランコ独占政権下のスペインの小さな村に父、母、姉と暮らしていた。ある日、巡回上映で観た『フランケンシュタイン』に魅せられて、呼びかければ出てきてくれる精霊の存在を信じ、探し始める。姉が見つけた廃屋に精霊の存在を感じて通う日々の中、逃亡中の内戦の兵士に出会い、食べ物や着るものを運ぶのだったが・・・。ビクトル・エリセ監督の記念すべき繊細なデビュー作。
エル・スール

エル・スール (2/24~3/1)

監督・脚本:ビクトル・エリセ/原作:アデライーダ・ガルシア・モラレス /撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ/音楽:エンリケ・グラナドス/出演:オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン、イシアル・ボジャイン、オーロール・クレマン
1983年|スペイン・フランス|95分|カラー|DCP|提供:アイ・ヴィー・シー


8歳のエストレリャは生まれ故郷のアンダルシアを捨てて生きる父親を慕っていた。振り子を使って水脈を見つける父は青春を過ごした南=エル・スールを離れて暮らしながら何を想っていたのか。少女が知ることのなかった一面を垣間見るころ、彼は突然、家を出ていってしまった。15歳に成長したエストレリャは記憶のなかの父の姿を回想する・・・。エリセ監督の『ミツバチのささやき』から10年後の第2作。



ビクトル・エリセ
1940年6月30日生まれ。『ミツバチのささやき』(73)を長編デビュー作として発表し、10年後『エル・スール』(83)を発表。そしてさらに約10年後、画家アントニオ・ロぺス=ガルシアの制作風景に迫った半記録映画『マルメロの陽光』(92) を発表。寡作でありながらも、国内外の映画祭で高い評価を集め、日本でも多くの映画人に愛されるスペインの巨匠。