メトロ映画情報 メトロ映画情報

21
05月

【重要】営業再開のお知らせ(5/23(土)から)

CATEGORYお知らせ
平素よりお世話になっております。メトロ劇場でございます。

メトロ劇場では福井県による休業要請の解除を受け、5/23(土)より営業を再開いたします。
当面は、業界団体による新型コロナウイルス対策のガイドラインによる対策を行った上での営業となります。ご来場の際には(【重要】新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力のお願い(5/21記))をお読みください。
お客様にはご不便をおかけすることもあるかと存じますが、何卒ご了承ください。

また、先日終了致しましたクラウドファンディング:ミニシアターエイド基金(https://minitheater-aid.org/)におきましては、皆さまの多大なるご支援を頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りし厚く御礼申し上げます。
これを励みにより良い作品と感動をお届けできるよう、一層精進致します。

今後ともメトロ劇場をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
2020/5/21 メトロ劇場 館主/支配人
logo中白

21
05月

【重要】新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力のお願い(5/21記)

CATEGORYお知らせ

【重要】新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力のお願い


ご来場のお客様へ
『新型コロナウィルス』のよる感染の予防対策といたしまして、お客様には以下のご協力をお願い致します。

◆ご来場前に検温を行い、下記に該当する方はご来場をお控えください。

発熱や咳・咽頭痛等の症状のある方 、 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方、 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方

◆ご来場前には必ずマスクをご着用ください。

マスク着用されていない方は、申し訳ございませんがご鑑賞をお断りさせて頂きます。

ソーシャル・ディスタンス(1~2m)をお守りください

  • エレベーター、発券場、売店では間隔を空けてお並びください。
  • ご鑑賞の際には充分に席の間隔を空けてご着席ください。
  • 座席間隔を充分に空けることが難しい場合(目安30名以上)、入場を制限する可能性がございます。ご了承ください。

手洗い・消毒等 感染予防にご協力ください

    • 劇場入口に消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。
    • 大変失礼ではございますが当面の間、対面接客は控えさせて頂きます。
    • 各回休憩時に換気を行います。空調の効きが悪くなりますがどうぞご了承ください。
    当劇場におきましては、スタッフの健康管理の実施、館内衛生の維持に努めております。予防措置としてスタッフのマスク着用を認めておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    kansen.jpg
    31
    12月

    2020年 上映予定

    tytleD.gif 

    ◆ 2020年 上映予定
    ※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

    新型ウィルス禍の影響により、突然のスケジュール変更を行う可能性がございます。
    ご来場の際には最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。


    5/23

    5/29
    確定

    ハスラーズ

    ジョン・F・ドノヴァンの死と生

    名もなき生涯
    5/30

    6/5
    確定

    レ・ミゼラブル
    6/6

    6/12
    確定

    PMC ザ・バンカー

    彼らは生きていた
    6/13

    6/19
    確定

    娘は戦場で生まれた

    ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像
    6/20

    6/26
    確定

    もみの家
    6/27

    7/3

    在りし日の歌

    世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
    7/4

    7/10

    最高の花婿 アンコール
    7/11

    7/17
    7/18

    7/24

    ポップスター
    7/25

    7/31
    8/1

    8/7

    ロングデイズ・ジャーニー

    白い暴動
    8/8

    8/14
    8/15

    8/21
    平和と環境 ForPeace
    フィッシャーマンズ・ソング
    8/22

    8/28

    ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020(8月予定)

    その手に触れるまで(8/22~9/4)
    8/29

    9/4
    9/5

    9/11

    市川雷蔵祭(9月予定)
    9/12

    9/18
    9/19

    9/25
    9/26

    10/2
    予定 fukuieiga 福井映画祭
    福井映画祭14th(11/7、8)
    01
    09月

    【市川雷蔵祭】怪盗と判官 [1955](9月予定)

    raizo_kaito.png

    (c)KADOKAWA1955

    若き雷蔵×勝新のフレッシュコンビで描く、明朗ユーモア時代劇

    怪盗と判官 [1955]


    監督:加戸敏
    脚本:小国英雄
    撮影:今井ひろし
    美術:菊池修平
    音楽: 大久保徳二郎
    主題歌:勝新太郎「役者道中」
    出演: 市川雷蔵、勝新太郎、阿井美千子、清水谷薫、長谷川裕見子、堺駿二、益田キートン
    (1955年/モノクロ/86分/スタンダード)

    名奉行“遠山の金さん”こと遠山金四郎(雷蔵)と侠盗鼠小僧(勝新)がお互いの素性を知らないまま繰り広げる珍道中。勝新は主題歌も担当。マキノ正博『弥次喜多道中記』を同じ脚本でリメーク。
    01
    09月

    【市川雷蔵祭】忠直卿行状記 [1960](9月予定)

    raizo_tadanao.png

    (c)KADOKAWA1960

    『大菩薩峠』と合わせて雷蔵が大きく役幅を広げた傑作時代劇

    忠直卿行状記 [1960]


    監督:森一生
    原作:菊池寛
    脚本:八尋不二
    撮影:相坂操一
    美術:西岡義信
    音楽:伊福部昭
    出演: 市川雷蔵、小林勝彦、浦路洋子、山内敬子、丹羽又三郎、林成年、中村鴈治郎、水谷八重子
    (1960年/モノクロ/94分/スコープ)

    菊池寛が文壇で認められるきっかけとなった同名小説の映画化。雷蔵は孤独にさいなまれ、暴君として振る舞う悲運の藩主・忠直役。家臣への不信を持ち、暴君へと変貌していく様を苦悩と狂気を交えて見事に演じた。
    01
    09月

    【市川雷蔵祭】婦系図 [1962](9月予定)

    raizo_fukeizu.png

    (c)KADOKAWA1962

    『歌行燈』に続き幾度も映画化された、泉鏡花原作の傑作恋愛ドラマ

    婦系図 [1962]


    監督:三隅研次
    原作:泉鏡花
    脚本:依田義賢
    撮影:武田千吉郎
    美術:内藤昭
    音楽: 伊福部昭
    出演: 市川雷蔵、万里昌代、船越英二、三條魔子、木暮実千代、水戸光子
    (1962年/カラー/99分/スコープ)

    明治の下町を舞台に、恋情と恩師への義理の板挟みで苦悩する青年を雷蔵が爽やかに演じた悲恋物語。身分の違いによって引き裂かれる芸者の哀しみを見事に演じた万里の演技も必見。ラスト湯島天神の場面など美術も見所。
    01
    09月

    【市川雷蔵祭】濡れ髪牡丹 [1961](9月予定)

    raizo_nurekami.png

    (c)KADOKAWA1961

    京マチ子共演!濡れ髪シリーズの中でも異彩を放つ傑作時代劇

    濡れ髪牡丹 [1961]


    監督:田中徳三
    脚本:八尋不二
    撮影:相坂操一
    美術:内藤昭
    音楽:塚原晢夫
    出演:市川雷蔵、京マチ子、小林勝彦、小桜純子
    (1961年/カラー/90分/スコープ)

    女親分の婿選びが行われ全国から男たちが集まるが、出される難問に退散する者ばかり。そこに算術、剣術…なんでもこいの瓢太郎(雷蔵)が現れ…。京マチ子の勇ましい大姐御に、飄々とした旅鴉の雷蔵が沸かせるシリーズ第5作。
    01
    09月

    【市川雷蔵祭】忍びの者 [1962](9月予定)

    raizo_shinobi.png

    (c)KADOKAWA1962

    旧来の忍者のイメージを一新、リアルな忍者の姿を描く傑作ドラマ

    忍びの者 [1962]


    監督:山本薩夫
    原作:村山知義
    脚本:高岩肇
    撮影:竹村康和
    美術:内藤昭
    音楽:渡辺宙明
    出演: 市川雷蔵、藤村志保、伊藤雄之助、小林勝彦、城健三朗、浦路洋子、藤原礼子、真城千都世、岸田今日子、西村晃
    (1962年/モノクロ/104分/スコープ)

    社会派の巨匠・山本薩夫が市川雷蔵とタッグを組み、動乱の戦国の世に活動した諜報活動の専門集団としての苛酷で非人間的な忍者の姿を徹底的にリアルに描き切り、忍者ブームを巻き起こす大ヒットを記録した。