05
12月

福井映画祭14th 受賞作品上映会(12/5~12/11)

CATEGORYイベント
FFF14 metro _l
FFF14_metro-2.jpg

福井映画祭14th 受賞作品上映会

11/7(土)、11/8(日)にオンラインで開催された福井映画祭14TH。
観ていただいた観客の皆様、ご協力いただいた上映作品の監督・関係者の皆様ありがとうございました。

メトロ劇場では、12/5〜12/11の1週間、受賞作品をレイトショー上映いたします!
見逃した方は是非、劇場へお越し下さい!!
入場料金:1000円

日付 上映時間 上映作品
12/5(土)
19:00「アリ地獄天国」 監督:土屋トカチ
※上映後、監督とのリモートインタビュー
12/6(日)
19:00「Birth-めぐるいのち」 監督:一色あづる、若見ありさ、川崎技花
19:43「愛をたむけるよ」 監督:団塚唯我
20:27「いる」 監督:礒部泰宏
※各作品上映後、監督とのリモートインタビュー
12/7(月)
9(水)
11(金)
19:00「アリ地獄天国」 監督:土屋トカチ
12/8(火)
10(木)
19:00 「Birth-めぐるいのち」 監督:一色あづる、若見ありさ、川崎技花
「愛をたむけるよ」 監督:団塚唯我
「いる」 監督:礒部泰宏
3作品連続上映

◆長編部門観客賞『アリ地獄天国』

監督:土屋トカチ


◆短編部門観客賞『いる』

監督:礒部泰宏


◆アニメーション部門観客賞『Birth-めぐるいのち-』

監督:一色あづる 川崎技花 若見ありさ


◆審査員特別賞『愛をたむけるよ』

監督:団塚唯我
07
11月

スパイの妻(11/7~12/4)

sow.jpg
太平洋戦争前夜。
愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀かー

スパイの妻


監督:
 黒沢清
出演:
 蒼井優/福原聡子
 高橋一生/福原優作
 坂東龍汰/竹下文雄
 恒松祐里/駒子
 みのすけ/金村
 玄理/草壁弘子
 東出昌大/津森泰治
 笹野高史/野崎医師
上映時間:
 115分
日本公開日:
 2020年10月16日
製作:
 2020年製作/日本
映倫区分:
 G
配給:
 ビターズ・エンド

第77回 ベネチア国際映画祭(2020年)銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞 黒沢清

太平洋戦争前夜の日本。
時代の嵐が、夫婦の運命を変えていく・・・

1940年、神戸で貿易会社を営む優作は、赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム…聡子の知らぬところで別の顔を持ち始めた夫、優作。それでも、優作への愛が聡子を突き動かしていく———。
すべての国民が同じ方向を向くことを強いられていた太平洋戦争開戦間近の日本。正義を貫くためには、誰かを陥れなければならない。愛を貫くためには、誰かを裏切らなければならない。正義、欺瞞、裏切り、信頼、嫉妬、幸福。相反するものに揺られながら、抗えない時勢に夫婦の運命は飲まれていく。

名匠・黒沢清監督が初めて挑む歴史の闇
 世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督、黒沢清が『スパイの妻』で歴史の闇に初めて挑んだ。ロケ地、衣裳、美術、台詞回し、すべてにこだわり、描き出した疑心暗鬼渦巻く狂乱の時代。脚本を手掛けたのは黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)。3人が結合することで生まれた化学反応に目を見張る。
音楽を担当したのは、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、浮雲名義でロックバンド「東京事変」のギタリストとしても活動している長岡亮介。本作で映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きを広げた。そして、安宅紀史が美術、纐纈春樹が衣裳を担い、美しくもリアリティのある昭和初期世界観を鮮やかに再現している。

主演、蒼井優が放つ圧倒的な 存在感! 静かな炎を燃やす高橋一生に しびれる!
 主演は日本アカデミー賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、狂気にも近い想いを持って夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続き蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。スリーピースに身を包み、聡明で正義の遂行のためには手段を選ばぬ優作を魅力的に体現した。脇を固める俳優たちも実力派が揃った。黒沢組常連となりつつある東出昌大、出演作が数多く控える注目俳優・坂東龍汰のほか、恒松祐里、みのすけ、玄理、そして笹野高史が激動の時代に抗う夫婦を取り巻く人物として、個性豊かに彩っている。

01
12月

若尾文子映画祭(2020/12/26~2021/1/29)

CATEGORYイベント
wakaoayako_201912_poster.jpg

若尾文子映画祭

数多の巨匠たちに愛された映画女優 若尾文子の代表作から
アンケートにて選ばれた15作品を一挙上映!

上映スケジュール



25
12月

2020年 上映予定

tytleD.gif 

◆ 2020年 上映予定
※予告なく変更される可能性があります。時間表(こちら)をご確認ください。

新型ウィルス禍の影響により、突然のスケジュール変更を行う可能性がございます。
ご来場の際には最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。


11/28

12/4

スパイの妻

プラネティスト

わたしは金正男を殺してない

マイルス・デイヴィス クールの誕生
12/5

12/11
fukuieiga 福井映画祭
福井映画祭14th
受賞作品上映会

異端の鳥
12/12

12/18

キーパー ある兵士の奇跡

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ
12/19

12/25

ようこそ映画音響の世界へ
12/26

1/1
wkao_titlesq.jpg
若尾文子映画祭
(~2021/1/29)

ばるぼら(~1/15)

燃ゆる女の肖像(~1/8)
予定
エイブのキッチンストーリー(1/9~1/22)

博士と狂人(1/9~1/22)

少女ムシェット [1967]

バルタザールどこへ行く [1966]

天井棧敷の人々 [1945]

FUNAN フナン

ブレッドウィナー

ウルフウォーカー

ハリエット

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン
21
05月

【重要】新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力のお願い

CATEGORYお知らせ

【重要】新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力のお願い


ご来場のお客様へ
『新型コロナウィルス』のよる感染の予防対策といたしまして、お客様には以下のご協力をお願い致します。

ご来場時に検温を実施しております

  • 37.5度以上の場合はご入場をお断りさせて頂きます。予めご了承ください。
  • 下記に該当する方はご来場をお控えください。
 ・発熱咳・咽頭痛等の症状のある方 
 ・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある方
 ・同居家族や身近な知人の感染が疑われる方
 ・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方

◆ご来場前には必ずマスクをご着用ください。

  • マスク着用されていない方は、申し訳ございませんがご鑑賞をお断りさせて頂きます。
 ※マスクお忘れの方は1枚50円にて販売いたします。受付にて申し付けください。

ソーシャル・ディスタンス(1~2m)をお守りください

  • エレベーター、発券場、売店では間隔を空けてお並びください。
  • ご鑑賞の際には充分に席の間隔を空けてご着席ください。
  • 座席間隔を充分に空けることが難しい場合、入場を制限する可能性がございます。ご了承ください。

手洗い・消毒等 感染予防にご協力ください

    • 劇場入口に消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。
    • 大変失礼ではございますが当面の間、対面接客は控えさせて頂きます。
    • 各回休憩時に換気を行います。空調の効きが悪くなりますがどうぞご了承ください。
    ※ 当劇場におきましては、スタッフの健康管理の実施、館内衛生の維持に努めております。予防措置としてスタッフのマスク着用を認めておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    ※ 当館の新型コロナウイルス対策は、全国興行生活衛生同業組合連合会の『映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(9月19日改訂)』に基づいています。
    kansen_202008200914153cf.jpg
    06
    02月

    ウルフウォーカー(調整中)

    Wolfwalkers.jpg
    神秘の森の不思議な子。
    オオカミで人間で私の友だち。

    ウルフウォーカー


    監督:
     トム・ムーア
     ロス・スチュアート
    声の出演:
     オナー・ニーフシー/ロビン
     エバ・ウィッテカー/メーヴ
     ショーン・ビーン/ビル
     マリア・ドナル・ケネディ/モル
     サイモン・マクバーニー/護国卿
     トミー・ティアナン
     ジョン・ケニー
     ジョン・モートン
    原題:
     Wolfwalkers
    上映時間:
     103分
    日本公開日:
     2020年10月30日
    製作:
     2020年製作/アイルランド・ルクセンブルク合作
    映倫区分:
     G
    配給:
     チャイルド・フィルム

    1950年、アイルランドの町キルケニー。
    イングランドからオオカミ退治の為にやってきたハンターを父に持つ少女ロビン。ある日、森で偶然友だちになったのは、人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある “ウルフウォーカー”のメーヴだった。
    メーヴは彼女の母がオオカミの姿で森を出ていったきり、戻らず心配でたまらないことをロビンにうちあける。母親のいない寂しさをよく知るロビンは、母親探しを手伝うことを約束する。翌日、森に行くことを禁じられ、父に連れていかれた調理場で、掃除の手伝いをしていたロビンは、メーヴの母らしきオオカミが檻に囚われていることを知る。
    森は日々小さくなり、オオカミたちに残された時間はわずかだ。ロビンはなんとしてもメーヴの母を救い出し、オオカミ退治を止めなければならない。それはハンターである父ビルとの対立を意味していた。それでもロビンは自分の信じることをやり遂げようと決心する。そしてオオカミと人間との闘いが始まろうとしていた。

    眠ると魂が抜けたしオオカミになる ”ウルフウォーカー”
    中世からアイルランドで密かに伝えられてきた伝説。
    中世アイルランドの町キルケニー。イングランドからオオカミ退治のためやってきたハンターを父に持つ少女ロビンが、森の中で友だちになったのは“ウルフウォーカー”のメーヴだった。人間とオオカミがひとつの体に共存しているばかりか、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある彼女とロビンが交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。だが、少女は勇気を持って信じる道を進もうとする。

    生命に注がれるどこまでも優しい眼差し
    この作品は世界的なロックダウン中に完成した。共同監督のトム・ムーアは「現在の危機の大部分は、私たちグローバル社会が動物に対して行ってきた、無計画かつ好ましくない態度が生んだものだ。」*と語る。少女ロビンはなんとかしてオオカミを殺さず、人間との共存の道を探そうとする。古代ケルトの人々はオオカミを自分たちより強い生き物と捉え、尊敬の念をもって接したという。自然の中では人間も動物も先祖から受け継いだ生命を、次の時代につなぐ役目を果たす。全ての生命に対して謙虚であろうとすること、それが本作の持つ優しさの由縁だ。アイルランドでは1786年を最後にオオカミは絶滅してしまった。長い間語り継がれた伝説に新しい生命がふきこまれ、魅力的なキャラクターと共に再生した物語は、深い傷を負った現代を生きる私たちに、優しい感情を取り戻させてくれる。 *IndieWire 4.27.2020

    06
    02月

    天井棧敷の人々 [1945](調整中)

    Les_enfants_du_paradis.jpg
    パリに織りなす絢爛の人生模様!
    世界映画史に輝く不滅の金字塔

    天井棧敷の人々 [1945]


    監督:
     マルセル・カルネ
    出演:
     アルレッティ/ガランス
     ジャン=ルイ・バロー/バチスト
     マリア・カザレス
     ピエール・ブラッスール
     ルイ・サルー
     マルセル・エラン
     ピエール・ルノワール
    原題:
     Les enfants du paradis
    上映時間:
     190分
    日本公開日:
     2020年10月23日
    日本初公開:
     1952年
    製作:
     1945年製作/フランス
    映倫区分:
     G
    配給:
     ザジフィルムズ

    全世界映画史に燦然と輝き続ける 金字塔的傑作が今、4Kで甦る!

    第一部[犯罪大通り]

    “恋なんて簡単よ”
    1840年代、劇場が立ち並ぶパリの《犯罪大通り》。パントマイム師のバチストは、女芸人ガランスを偶然助けたことから、彼女に恋心を抱く。若き俳優ルメートルや、犯罪詩人ラスネールも彼女に惹かれていたが、ガランスは誰のものにもならない。そこに、ガランスに魅せられたもう一人の男・富豪のモントレー伯爵が現れ…。

    第二部[白い男]

    “でも悲しくはなかった、
     あなたが愛してくれたから”
    数年後――。座長の娘ナタリーとの間に一児をもうけたバチストは、フュナンビュル座の看板俳優として舞台に立つ日々を送っていた。そんなバチストを毎夜お忍びで観に来る一人の女性が。それは、伯爵と一緒になったガランスだった。ガランスが訪れていることを聞いたバチストは、たまらず舞台を抜け出すが…。

    映画史に輝く詩的リアリズムの傑作!
    作品生誕75周年に、至高の190分が4Kで蘇る―。
    ヴェネチア国際映画祭で監督賞を受賞した『霧の波止場』(38)や、『陽は昇る』(39)、『悪魔が夜来る』(42)等を生み出した名コンビ、監督マルセル・カルネと脚本家ジャック・プレヴェールが、第二次世界大戦中ナチス占領下となったフランスで、丸2年を費やし完成させた本作。1945年、解放後まもないフランスで公開され大ヒットし、ヴェネチア国際映画祭特別賞やセザール賞特別賞を受賞。1952年に初公開された日本でも大きな反響を呼び、今日まで語り継がれるふたりの代表作となりました。

    台詞、美術、衣裳、音楽…
    すべてに酔いしれる 美しくも悲しい愛の物語。
    恋に落ちたパントマイム師にジャン=ルイ・バロー、艶やかさと気品を備えた女芸人にアルレッティなど当代随一の役者が勢ぞろいし、詩人プレヴェールのエスプリの利いた名台詞に彩られます。美術、音楽、衣裳すべてが完璧に作り上げられ、3時間10分という長さを微塵も感じさせません。
    全長400mに及ぶオープンセットに、1500人のエキストラを動員した大通りのシーンは、戦時下で撮影したとは思えない壮大さに満ちています。愛することの喜びと悲しみ、夢と現実、19世紀に生きる人々のひたむきさは、今日の私たちにも一層の切実さをもって迫り、人生を豊かにしてくれるでしょう。

    30
    01月

    少女ムシェット [1967](調整中)

    Mouchette.jpg
    孤独、あまりにも孤独

    少女ムシェット [1967]


    監督:
     ロベール・ブレッソン
    原作:
     ジョルジュ・ベルナノス「新ムシェット物語」
    出演:
     ナディーヌ・ノルティエ
     ジャン=クロード・ギルベール
     マリー・カルディナル
     ポール・エベール
     ジャン・ビムネ
     マリー・ジュジーニ
    原題:
     Mouchette
    上映時間:
     80分
    日本公開日:
     2020年10月30日
    日本初公開:
     1974年9月
    製作:
     1967年製作/フランス
    配給:
     コピアポア・フィルム、lesfugitives

    孤独で、惨めで、あまりに哀れな少女の受難劇。
    多くの映画監督たちを魅了した、ブレッソンの問題作にして伝説の一作。

    重病に苦しむ母と、酒に溺れ暴力を振るう父。自分が面倒を見るしかない赤ん坊を抱え、14歳のムシェットは、貧しい生活のなか、ひたすら孤独な日々を過ごしていた。家でも学校でも居場所のないムシェットは、森の中に逃げ込むが、突然の嵐で道に迷ってしまう。やがて森をうろつく密猟者のアルセーヌと遭遇したムシェットは、その夜、彼に強姦される。翌朝帰宅した少女は、母親の死去という悲劇に見舞われる。いつものように牛乳をもらいに出かけたムシェットは、ただ一人、村はずれの池に向かう…。

    受難の少女、その苛烈なる「生」を厳格に見つめる
     ―プレッソンによる永遠に過激な問題作
    ロベール・ブレッソンが傑作『バルタザールどこへ行く』の直後に手がけた本作は、またも一人の少女の悲運な運命をまざまざと描きだす。原作はカトリックの作家ジョルジュ・ベルナノスの小説。ブレッソンは、これ以上ない厳格なフレーミングと、俳優たちの演技を最小限に抑制することにより、原作にあった冷酷さを忠実に映像化。常に孤独な魂を映し続けてきたブレッソン映画のなかでもとりわけ苛烈な問題作が誕生した。強情で忍耐強い少女ムシェットを演じたのは、この映画のために抜擢されたナディーヌ・ノルティエ。彼女の悲惨さが極まるそのラストシーンは、ベルイマン、タルコフスキー、ジャームッシュら多くの映画監督をも魅了し、映画史に残る名場面として今も語り継がれる。

    30
    01月

    バルタザールどこへ行く [1966](調整中)

    Au_Hasard_Balthazar.jpg
    少女とロバの苛烈な運命

    バルタザールどこへ行く [1966]


    監督:
     ロベール・ブレッソン
    出演:
     アンヌ・ビアゼムスキー
     フランソワ・ラファルジュ
     フィリップ・アスラン
     ナタリー・ジョワイヨー
     バルダー・グリーン
     ジャン=クロード・ギルベール
    原題:
     Au Hasard Balthazar
    上映時間:
     96分
    日本公開日:
     2020年10月30日
    日本初公開:
     1970年5月
    製作:
     1966年製作/フランス・スウェーデン合作
    配給:
     コピアポア・フィルム、lesfugitives

    少女マリーと聖なるロバが辿る無慈悲な運命。
    巨匠ロベール・ブレッソンによる、映画史に輝く至高の傑作。

    小さな農村で、農園主のジャックと幼なじみのマリーは、生まれたばかりのロバに「バルタザール」と名づけ可愛がる。だが年月が経ち、バルタザールは別の飼い主のもとへ。やがて逃げ出したバルタザールは、美しく成長したマリーと再会し、まるで愛し合う恋人たちのように慰め合う。だが運命は、バルタザールにもマリーにもあまりも過酷な試練を与えていく。マリーの両親は誇り高さゆえに没落し、マリーもまた不良少年ジェラールに拐かされ悪徳の道に落ちていく。バルタザールもまたマリーのもとを引き離され、次々と人手に渡っていく…。

    巨匠ロベール・ブレッソンが長年映画化を望んだ、聖なるロバ “バルタザール” をめぐる現代の寓話。ドストエフスキーの長編小説『白痴』の挿話から着想を受け、一匹のロバと、少女マリーとの数奇な運命を描きだす。純粋さから悪の道へと堕ちていく少女マリーを演じるのは、当時17歳のアンヌ・ヴィアゼムスキー。その後『中国女』(1967)などゴダール作品に数々出演することになる彼女にとって、これが初の映画出演作となった。ブレッソンの意を汲み、完璧に抑制され尽くした映像は、『夜と霧』(1955)『ロシュフォールの恋人たち』(1967)等で知られる名撮影監督ギスラン・クロケの手によるもの。緊張感溢れる画面が、この崇高な悲劇を美しくも冷酷に映し出す。ヴェネチア国際映画祭審査員特別表彰をはじめ数々の映画賞を受賞し、いまも多くの映画人を魅了しつづける、映画史に残る最高傑作。

    30
    01月

    ハリエット(調整中)

    Harriet.jpg
    彼女は一度も失敗せずに 奴隷から英雄になった。

    ハリエット


    監督:
     ケイシー・レモンズ
    出演:
     シンシア・エリボ/ハリエット・タブマン(ミンティ)
     レスリー・オドム・Jr./ウィリアム・スティル
     ジョー・アルウィン/ギデオン・ブローダス
     ジャネール・モネイ/マリー・ブチャノン
     ボンディ・カーティス=ホール
     マイケル・マランド/エドワード・ブローダス
     ザカリー・モモー/ジョン・タブマン
     クラーク・ピータース/ベン(ベンジャミン)・ロス
     バネッサ・ベル・キャロウェイ/リット(ハリエット)・ロス
     オマー・J・ドージー/ビガー・ロング
     ヘンリー・ハンター・ホール/ウォルター
     ジェニファー・ネトルズ/エリザ・ブローダス
    原題:
     Harriet
    上映時間:
     125分
    日本公開日:
     2020年6月5日
    製作:
     2019年製作/アメリカ
    映倫区分:
     G
    配給:
     パルコ

    生涯で800人以上の奴隷解放を手助けし、南北戦争では黒人兵士を率いて戦った。
    米ドル新紙幣に採用された史上初のアフリカ系アメリカ人、知られざる真実の物語。

    1849年アメリカ、メリーランド州。ブローダス農場の奴隷ミンティ(シンシア・エリヴォ)は、幼いころから過酷な労働を強いられていた。そんな彼女の願いはただ1つ、いつの日か自由の身となって家族と共に人間らしい生活を送ること。ある日、借金の返済に迫られた農場主がミンティを売りに出す。遠く離れた南部に売り飛ばされたら、もう二度と家族には会えず、お互いの消息すらわからなくなってしまう。脱走を決意したミンティは、奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指してたった1人で旅立つのだった。

    誰もが生きる厳しさを感じる現代にこそ観て欲しい、
    不屈の精神と明日を見据える物語。
    アフリカ系アメリカ人として、史上初めて新しい米ドル紙幣に肖像が採用され、アメリカでは誰もが知る実在の奴隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を描いた話題の映画『ハリエット』がいよいよ日本で公開される。奴隷として生まれた女性が、たった一人で自由を目指して逃亡し、家族や仲間を助けたい一心から組織の一員として活躍するようになる。そして、いつしか彼女は奴隷制度そのものを撤廃するために命をかけ、南北戦争では黒人兵士を率いて戦う「英雄」になっていた。

    世界が認める”ディーバ”シンシア・エリヴォが
    圧巻の演技と歌唱力でハリエットを熱演。
    崇高な使命のため命をかけて戦うハリエットを演じるのは、ミュージカル「カラー・パープル」の主人公セリー役でブロードウェイ・デビューを果たしてトニー賞主演女優賞、グラミー賞、エミー賞ほか、数々の賞を総なめにした実力派スター、シンシア・エリヴォ。映画出演たった3作目の『ハリエット』で初主演を務め、第92回アカデミー賞®において主演女優賞と、自ら歌うテーマ曲「スタンド・アップ」が歌曲賞に、ダブルノミネートされるという快挙を遂げた。世界有数の映画賞で絶賛されたシンシア・エリヴォが紡ぐ魂の演技と歌に刮目したい。