31
12月

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ(12/31~)

Louis_Wain.jpg
君と猫との思い出が、永遠に僕を守ってくれる。

監督/脚本:
 ウィル・シャープ
原案:
 サイモン・スティーブンソン
ナレーション:
 オリビア・コールマン
出演:
 ベネディクト・カンバーバッチ
 クレア・フォイ
 アンドレア・ライズボロー
 トビー・ジョーンズ
原題:
 The Electrical Life of Louis Wain
製作:
 2021年製作/G/イギリス
上映時間:
 111分
配給:
 キノフィルムズ

夏目漱石にも影響を与え、
英国で爆発的な人気を博したネコ画家ルイス・ウェイン
彼を守り続けた妻とネコとの愛の物語

イギリスの上流階級に生まれ、父亡きあと一家を支えるためにイラストレーターとして活躍するルイス。妹の家庭教師エミリーと恋におちた彼は、大反対する周囲の声を押し切り結婚するが、まもなくエミリーは末期ガンを宣告される。庭に迷い込んだ子猫にピーターと名付け、エミリーのために彼の絵を描き始めるルイス。深い絆で結ばれた“3人”は、残された一日一日を慈しむように大切に過ごしてゆくが、ついにエミリーがこの世を去る日が訪れる。以来、ピーターを心の友とし、ネコの絵を猛然と描き続け大成功を手にしたルイスだった。しかし、次第にルイスは精神的に不安定となり、奇行が目立つようになる。やがて「どんなに悲しくても描き続けて」というエミリーの言葉の本当の意味を知る──。

Louis_Wain1.jpg
19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで大人気だったイラストレーター、ルイス・ウェイン。夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場する、絵葉書の作者だとも言われている。彼が描いたネコは、愛らしくてコミカル、生き生きとしたタッチで今にも絵から飛び出してきそうなものばかり。
そんな絵を残したルイス・ウェインとは、どんな人物だったのか? ネコを描き始めたきっかけと理由とは? そこには、周囲からの大反対のなか結婚し、3年後にこの世を去ってからも、その愛で夫を生涯守り続けた妻エミリーと、親友であり人生の師でもあるネコのピーターとの物語があった。
出演は、ベネディクト・カンバーバッチ(『パワー・オブ・ザ・ドッグ』)、クレア・フォイ(『ファースト・マン』)。監督は、俳優・監督としても、その才能が注目されている日系英国人のウィル・シャープ。
たとえ命が尽きても、愛は残された者と共に生き続ける──その美しくも貴い真実を観る者に信じさせてくれる、優しく温かな愛の物語が誕生した。

関連記事

0 Comments

Leave a comment