13
01月

Peter Barakan's Music Film Festival(1/13~1/19)

2024PB.jpg
ピーター・バラカンが選んだ 音楽映画フェスティヴァル

◆1/13(土) ピーター・バラカン氏 トーク付上映

多岐にわたり活躍されているピーター・バラカン氏がメトロ劇場に来場!
『Dance Craze / 2TONEの世界 スカ・オン・ステージ!』をバラカン氏のトーク付でお届けします!

スケジュール:
2024/1/13(土)
 12:20 入場券販売開始
 12:40 開場
 上映後 ピーター・バラカン氏トーク
※ ご予約は不要です。当日お越しいただいた方から先着順に入場券を販売・ご入場いただきます。

料金:
2000円 均一
入場券をお買い求めの際に、『ピーター・バラカンの出前DJ in FUKUI』ご購入チケット画面をご提示ください。
※ 特別興行のため、メトロカード、各種割引、ご招待券はご利用いただけません。ご了承ください。
※ 1/15(月) ~の『Peter Barakan's Music Film Festival』上映作品は通常料金となります。

peter_barakan.jpg

ピーター・バラカン Peter Barakan

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、来日。 現在フリーのブロード キャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM) など多数のラジオ番組を担当。著書に「Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤」(駒草出版)など。

◆上映スケジュール

1/13(土) 1/14(日) 1/15(月) 1/16(火) 1/17(水) 1/18(木) 1/19(金)
Dance Craze
Pバラカン
トーク付上映
ガッジョ・ディーロ Dance Craze ダブ・ポエット
ロッカーズ
DJAM ガッジョ・ディーロ


◆作品詳細

 ピーターさんによるおすすめコメントで各作品紹介!!

Dance Craze / 2TONEの世界 スカ・オン・ステージ!

©Chrysalis Records Limited.
Dance Craze / 2TONEの世界 スカ・オン・ステージ!  (1/13, 16)
Dance Craze
1981年/89分/イギリス
監督:ジョー・マソット
出演:ザ・スペシャルズ、マッドネス、ザ・ビート、ザ・ボディスナッチャーズ、ザ・セレクター、バッド・マナーズ

日本初上映
1980年に大流行したスカ・リヴァイヴァルを体現したバンドのライヴだけで綴った楽しいコンサート映画です。ザ・スペシャルズ、マッドネス、ザ・ビート、ザ・セレクター、ザ・ボディスナッチャーズ、バッド・マナーズの6組が1曲ごとに交代し、踊らずにはいられない強烈なスカ・ビートが続きます。特にスペシャルズのオリジナル・メンバーによる演奏はゴキゲンです。
ガッジョ・ディーロ

©Princes Films 1997
ガッジョ・ディーロ  (1/15, 19)
Gadjo Dilo
1997年/100分/ルーマニア、フランス
監督トニー・ガトリフ
出演:ロマン・デュリス、ローナ・ハートナー、イシドア・セルバン

アルジェリア生まれのフランス人トニー・ガトリフは主にロマの音楽と文化を紹介するロード・ムーヴィーを得意とする監督です。1997年のこの作品の舞台はルーマニア。父が好きだった歌手を探して迷い込んでくる若いフランス人ステファンはロマの集落で暮らしながら徐々に彼らの文化に触れて行きますが、ストーリーよりもとにかく音楽の存在が大きいです。
ダブ・ポエット リントン・クウェン・ジョンスン

©1979 The British Film Institute
ダブ・ポエット リントン・クウェン・ジョンスン  (1/17)
Dread Beat An' Blood
1979年/44分/イギリス
監督:フランコ・ロッソ
出演:リントン・クウェシ・ジョンスン

日本初上映
11歳でジャマイカからロンドンに移住したリントン・クウェシ・ジョンスンはジャマイカ訛りの詩をレゲェのビートに乗せる「ダブ・ポエット」として活動、差別を受けながらも生き生きとした音楽を生んだカリブ文化を伝えます。1979年にデビューした時期の彼を追ったこのドキュメンタリーでは音楽活動の他に人種問題に取り組んだ雑誌の編集者としての姿も見ることができます。
※「ロッカーズ」との併映となります。
ロッカーズ

©1979 Blue Sun Film Company. All Rights Reserved.
ロッカーズ  (1/17)
Rockers
1978年/99分/アメリカ
監督:セオドロス・バッファルーコス
出演:リロイ・ホースマウス・ウォレス、リチャード・ダーティーハリー・ホール、ジェイコブ・ミラー
配給:テントセント

最初はドキュメンタリーのつもりだったものが結局劇映画になり、低予算感は否めませんが、ルーツ・レゲェの最盛期だった1978年故に見応え、聞き応えが十二分にあります。中心のキャラクターを演じるドラマーのホースマウス・ウォレスの他にグレゴリー・アイザックス、ジェイコブ・ミラー、ビッグ・ユース、バーニング・スピアという大物揃い。
※「ダブ・ポエット」との併映となります。
ジャム DJAM

©2017 Princes Productions Pyramide Productions Auvergne-Rhône Alpes Cinéma - Blonde Güverte Films - Princes Films
ジャム DJAM (1/18)
DJAM
2017年/97分/フランス、ギリシャ、トルコ
監督:トニー・ガトリフ
出演:ダフネ・パタキア、シモン・アブカリアン、エレフセリア・コミ、ヤニス・ボスタンツォーグロウ

日本初上映
トニー・ガトリフの2017年の作品。相変わらず音楽ありきのロード・ムーヴィーです。今回の舞台はギリシャとトルコ。エーゲ海の演歌のような大衆音楽レンベティカが随所に聞こえてくる背景で、ジャムという若い女性は父のボートの壊れた部品を買いにイスタンブルへ。そこで出会ったフランス人女性アヴリルとつるんで2人で帰ってくる道は脱線だらけです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment