ラストタンゴ・イン・パリ[1972](11/2〜11/8)

0 -
lasttangoinparis.jpg 

官能の美学か、絶望の愛か・・・

ラストタンゴ・イン・パリ[1972]

監督:
 ベルナルド・ベルトルッチ
出演:
 マーロン・ブランド
 マリア・シュナイダー
 マリア・ミキ
 ジョバンナ・ガレッティ
 ジャン=ピエール・レオ
上映時間:
 129分
日本公開日:
 2019年3月16日
製作年:
 1972年
映倫区分:
 R18+
配給:
 コピアポア・フィルム

ベルナルド・ベルトルッチ監督 追悼上映
 パリ・パッシーのアパルトマンの空室でうらぶれた中年男ポールはアパートの空き室で偶然出会った若い女性ジャンヌを衝動的に犯し、その後、2人は何事もなかったように別れる。ジャンヌには婚約者がいたが、再びポールとアパートで逢瀬を重ねてしまう。そして、やがて2人は悲劇的な結末を迎えることになる。

 イタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが1972年に手がけ、公開当時、大きなセンセーションを巻き起こした一作。ベルトルッチの名を世界に広め、同監督のフィルモグラフィーを代表する一作でもあり、アカデミー賞にもノミネートされた。
 過激で生々しい性愛描写が世界中で議論を巻き起こし、ベルトルッチの故国イタリアでは上映禁止処分になったほか、アメリカなどでは一部がカットされた。後年、劇中のレイプシーンがシュナイダーの合意なしに撮影されたと明かされ、波紋を広げた。
関連記事
ページトップ