メトロ映画情報 メトロ映画情報

06
07月

マローボーン家の掟(7/6~7/19)

MARROWBONE.jpg

〝掟に隠された謎〟が打ち破られた時あなたは衝撃の結末を目撃する!


監督:
 セルヒオ・G・サンチェス
出演:
 ジョージ・マッケイ/ジャック
 アニヤ・テイラー=ジョイ/アリー
 チャーリー・ヒートン/ビリー
 ミア・ゴス/ジェーン
 マシュー・スタッグ/サム
上映時間:
 110分
日本公開日:
 2019年4月12日
製作年:
 2017年
映倫区分:
 G
配給:
 キノフィルムズ

美しい楽園で死体とともに暮らす若き4人兄妹
純粋無垢な彼らが守る“掟”が打ち破られたとき、
屋敷に隠された恐ろしい秘密と邪悪な何かが動き出す

 1968年、ローズは4人の子供たち(ジャック、ジェーン、ビリー、サム)を連れてイギリスからアメリカの田舎町に移住してきた。彼女たちの新居であるマローボーン屋敷はローズの生家でもあった。ローズは子供たちにイギリスでの出来事を全て忘れるようにと強く言い聞かせた。子供たちが新天地での暮らしに慣れた頃、ローズは病に倒れそのまま帰らぬ人となった。亡くなる間際、ローズは長男のジャックを呼び出し「4人で一緒にこの家で暮らし続けなさい」「貴方が21歳になるまで私が死んだことは役所に届けないで。21歳になれば、貴方が3人の面倒を見る法的な権利を得られる。一家が離散しなくて済む。」と言い遺した。

 ローズの死から1年後、4人は遺言通りにマローボーン屋敷で暮らしていた。その間に幽霊騒ぎが発生したため、家中の鏡は撤去された。生活必需品の買い出しはジャックが行い、他の3人は家の敷地から一歩も出ない生活を送っていた。ジャックは唯一の友人であったアリーの付き添いの下、事務手続きを行うために弁護士(トム)を尋ねた。トムは素性不明のジャックに関心を持ち、ジャックたちの家を直接訪れることにした。手続きのための費用、200ドルを工面する必要に迫られ、ジャックはやむなく隠し財産に手を付けることにした。それはローズが夫から奪った金で、彼女本人はそれを使うことを良しとせず、「呪われた金」と呼んでいた。4人は「呪われた金」を使ったばかりに自分たちが祟られると確信していた。

 翌日、ビリーは「呪われた金」の残りを焼却したが、屋敷では再び幽霊が目撃されるようになった。幽霊の正体は4人の父親(サイモン)であった。サイモンは凶悪な犯罪者であったが、ジャックの証言がきっかけで有罪判決を受けたものの、後に脱獄したのである。ローズは彼から逃れるためにアメリカへ移住した。ところが、彼女の死の半年後にサイモンは屋敷に姿を現したのである。報復を怖れたジャックは、サイモンを屋根裏部屋に閉じ込めて餓死させた。その頃、トムは4人の過去について独自の調査を進めており、真実の一端に辿り着いていた。しかし、真実はトムが予想していたよりもはるかに闇の深いものであった。

スペインの類い希な才能と米英の新世代俳優の
濃密なコラボレーションによって完成した
想像を絶する謎と衝撃に満ちたサスペンス・スリラー
 心理的なスリルをかき立ててやまない繊細なビジュアル、全編至るところに謎と伏線をちりばめた巧妙なストーリーテリング。そのひとときも目の離せない濃密な映像世界は、やがて最大の衝撃が炸裂するクライマックスへと突き進んでいく。すべての秘密が解き明かされるそのシークエンスには、あらゆる観客の想像力を超えた“恐ろしくも切ない”真実が待ち受けている。純真な子供たちが大人への成長過程で直面する過酷な試練、すなわちイニシエーションという普遍的なテーマを、残酷童話の趣もある一級のサスペンス・スリラーに仕上げたサンチェス監督とバヨナのコラボレーションに驚嘆せずにいられない。
関連記事

0 Comments

Leave a comment