メトロ映画情報 メトロ映画情報

07
09月

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(9/7〜9/20)

sinkorswim.jpg

人生を舞え。ぶざまに かっこよく

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

監督:
 ジル・ルルーシュ
出演:
 マチュー・アマルリック/ベルトラン
 ギョーム・カネ/ロラン
 ブノワ・ポールブールド/マルキュス
 ジャン=ユーグ・アングラード/シモン
 フィリップ・カトリーヌ/ティエリー
上映時間:
 122分
日本公開日:
 2019年7月12日
製作年:
 2018年
映倫区分:
 PG12
配給:
 キノフィルムズ

生き悩む8人の〝サエないおじさん″がシンクロチームを結成!
狙うメダルは、プールでも金!人生でも金!?

 2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング※」のメンバー募集を目にする。途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン(ギョーム・カネ)、事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス(ブノワ・ポールヴールド)、内気で女性経験のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモン(ジャン=ユーグ・アングラード)など皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中の悩めるおじさん集団だった!
 元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになるのだが・・・!?

フランスで動員400万人突破の大ヒット!
実話を基に描く、人生のリスタートを応援するヒューマンドラマが遂に日本上陸
おじさんシンクロチームに世界中が熱狂した!
 本国フランスで動員400万人突破の大ヒットを記録し、全世界15の公開地域で累計興収約40億円を打ち出した本作。さらに、2019年セザール賞において最多10部門ノミネート(助演男優賞受賞)を果たし、質の高さもおりがみつきの逸品が遂に日本公開だ。
 本作は、人生の折り返し地点を過ぎ、家庭、仕事、将来 etc で生き悩む8人のおじさんたちが、プールを舞台にイチかバチかの再起に挑む姿を描いたヒューマンドラマ。実際にスウェーデンに存在する男子シンクロナイズド・スイミングチームをモデルに、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが初の単独監督を務めた。惜しげもなく「サエないおじさん」を体現したのは、マチュー・アマルリック『潜水服は蝶の夢を見る』(07)、ギョーム・カネ『ザ・ビーチ』(00)、ブノワ・ポールヴールド『チャップリンからの贈り物』(15)、ジャン=ユーグ・アングラード『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(86)などヨーロッパのトップ俳優たち。彼らが裸一貫で魅せる〝不格好な人間臭さ″は、同じ時代を生きるすべてのミドルエイジにこの夏、圧倒的な奮起をもたらしてくれるに違いない。
関連記事

0 Comments

Leave a comment