メトロ映画情報 メトロ映画情報

14
09月

コレット(9/14~9/20)

Colette.jpg

ココ・シャネルに愛され、オードリー・ヘプバーンを見出した、実在の小説家


監督:
 ウォッシュ・ウエストモアランド
出演:
 キーラ・ナイトレイ/コレット
 ドミニク・ウェスト/ウィリー
 デニース・ゴフ/ミッシー
 フィオナ・ショウ/シド
 エレノア・トムリンソン/ジョージー・ラオール=デュバル
原題:
 Colette
上映時間:
 111分
日本公開日:
 2019年5月17日
製作年:
 2018年
映倫区分:
 PG12
配給:
 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

 フランス文学界で最も知られている女性作家シドニー=ガブリエル・コレット。彼女の絶大な人気と影響力は衰えることなく、今なお人々を魅了し続けている。近代の幕開けという時代の変革期において、彼女の功績は計り知れないが、そんな波乱と情熱に満ちた人生が実力派のキャストとスタッフによってスクリーンに蘇った。
 片田舎に生まれ育った自由奔放な少女コレットが、いかにしてフランス屈指のベストセラー作家と呼ばれるようになったのか。カリスマ的な人気を誇る作家ウィリーとの波乱に満ちた結婚生活や運命を変えた出会い、そして“本当の自分”を見つけるまでの半生を描く。

 そんな魅力に満ち溢れたコレットを体当たりで演じたのは、イギリスが誇る人気女優キーラ・ナイトレイ。2015年に第一子を出産したキーラは、表現力にもさらなる深みが増し、見事な熱演を見せている。「コレット役に必要な資質をすべて兼ね備えている女優」というのもキャスティングの決め手になったというが、キーラもコレット同様に知性と強さを併せ持つ女性。昨年末には、演劇界とチャリティー活動への長年にわたる貢献が認められ、大英帝国勲章を受章した。
まさに完璧とも言えるキャストとともに本作へ挑んだのは、『アリスのままで』(14)のウォッシュ・ ウェストモアランド監督。かねてよりコレットに想像力を掻き立てられてきたウェストモアランド監督は、公私ともにパートナーだった故リチャード・グラッツァーと16年以上に渡って脚本を推敲してきたという。それだけにキャリアのなかでも、思い入れの強い意欲作となっている。
関連記事

0 Comments

Leave a comment