メトロ映画情報 メトロ映画情報

08
02月

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(2/8〜2/21)

cheval_movie.jpg

ピカソも驚愕の実話!愛娘のため33年かけたった一人で築いた奇跡の宮殿


監督:
 ニルス・タベルニエ
出演:
 ジャック・ガンブラン/シュヴァル
 レティシア・カスタ/フィロメーヌ
 ベルナール・ル・コク/オーギュスト
 フローレンス・トマシン/フェリシエンヌ
 ナターシャ・リンディンガー
原題:
 L'Incroyable histoire du Facteur Cheval
上映時間:
 105分
日本公開日:
 2019年12月13日
製作年:
 2018年
映倫区分:
 G
配給:
 KADOKAWA

完成まで9万3000時間!ピカソも驚嘆のDIY宮殿
寡黙で不器用な男の途方もない挑戦を支えた愛と夢想の物語

19世紀末、フランス南東部の村オートリ―ヴ。日々、村から村へと手紙を配り歩く郵便配達員シュヴァルは、新しい配達先で未亡人フィロメーヌと運命の出会いを果たす。結婚したふたりの間には娘が誕生したが、寡黙で人付き合いの苦手な彼は、その幼い生命とどう接したらいいのか戸惑っていた。
ある日、配達の途中で石につまずいた彼は、その石の奇妙な形に心奪われ、石を積み上げて壮大な宮殿を作り上げるという奇想天外な挑戦を思いつく。そしてそれは同時に、不器用な彼なりの、娘アリスへの愛情表現でもあった。

村人たちに変人扱いを受けながらも、作りかけの宮殿を遊び場に育っていくアリスとともに、シュヴァルの幸せな生活は続いて行くかに見えた。しかし、過酷な運命が容赦なく彼に襲い掛かるのであった…。

 ある郵便配達員が33年の歳月をかけ、たった一人で築き上げた“シュヴァルの理想宮”。ある日偶然つまずいた奇妙な形の石に魅せられた男は、自然が作り上げた複雑な表情を持つ石を素材に、新聞や雑誌や絵葉書で見知った遠い異国の景色の断片を組み合わせるようにして、幅26m、高さ10mに及ぶ、複雑な意匠をこらした建造物を完成させた。木製の手押し車で石を拾い集め、積み上げること9万3000時間。愛娘のために世界にふたつとない“おとぎの国の宮殿”を手作りするという彼の果てしない挑戦を支えたのは、夢を信じる心と深い愛だった―。ピカソやアンドレ・ブルトンが絶賛し、フランス政府指定の重要建造物となった奇想の宮殿の誕生秘話。
人付き合いが下手で周囲に変人と噂されながら、また専門的な教育を受けることもなくまったくの独学で、途方もない夢を実現した男・シュヴァル。この風変わりな人物を見事に体現したのは、『レセ・パセ自由への通行許可証』(02)でベルリン国際映画祭最優秀男優賞を受賞した名優ジャック・ガンブラン。ひたすら頑固に信念を貫く夫と周囲の人々との間に生じる軋轢の中で、それでも彼を見放すことなく生涯にわたって傍で見守り支えた妻フィロメーヌを演じたのは、モデル・女優として絶大な人気を誇り、ルイ・ガレル監督作『パリの恋人たち』(19)での演技も印象的なレティシア・カスタ。

『エトワール』(01)などドキュメンタリー映画でも知られるニルス・タヴェルニエ監督が、ドローム県の美しい景色の中に佇む不可思議な歴史的建造物を絶妙な色彩とともに描き出し、この驚くべき実話を映画化。現地の全面的な協力を得て、撮影はほぼ全編を通して現存する“シュヴァルの理想宮”で行われた。
関連記事

0 Comments

Leave a comment