メトロ映画情報 メトロ映画情報

18
04月

PMC ザ・バンカー(4/18~5/1)

Take_Point.jpg

俺が、絶対守る。


監督:
 キム・ビョンウ
出演:
 ハ・ジョンウ/エイハブ
 イ・ソンギュン/ユン・ジイ
 ジェニファー・イーリー/マッケンジー
 ケビン・デュランド/マーカス
 マリク・ヨバ/ジェラルド
 スペンサー・ダニエルズ/ローガン
原題:
 Take Point
上映時間:
 125分
日本公開日:
 2020年2月28日
製作年:
 2018年
映倫区分:
 G
配給:
 ツイン

軍事境界線、地下30メートルの秘密“地下要塞(バンカー)”。
取り残された傭兵(PMC)たちの運命は、たった1人の男に託された―

生き残る、仲間、そして愛する者のために――

韓国特殊部隊の元兵士で、今は民間軍事会社(=PMC)の傭兵として作戦成功率100%を誇る隊長エイハブ(ハ・ジョンウ)は、依頼主であるCIAの密かな策謀、仲間の裏切り、国家間の政治的な駆け引きによって孤立し、バンカー内で絶体絶命の窮地に陥る。度重なる想定外の誤算に見舞われて状況は混乱し、ついにはアメリカ、北朝鮮、韓国、中国の陰謀が究極の死闘へと発展していく―。エイハブは自分を信じる部下たち、そして愛する妻のもとへ帰るため、本来は敵同士である北朝鮮のエリート医師(イ・ソンギュン)と手を組み無謀ともいえる作戦に打って出る。果たして、彼は仲間と共に生きてこの巨大バンカーから脱出することができるのか。いま、究極のサバイバルが始まる!

キム・ビョンウ監督の創造意欲を刺激した
地下バンカーという斬新なアイデア
朝鮮半島情勢という今そこにある危機を題材に、先読みを一切許さない怒涛のストーリー展開で観る者を圧倒し、一瞬たりとも目を離すことが出来ないミリタリー・サバイバル・アクション『PMC:ザ・バンカー』。P.O.V.やドローンの視点を取り入れた驚異的なカメラワークで、傭兵戦のスリルと臨場感を余すところなく描き出し、映画が創造しうる“極限映像”のレベルを新次元に引き上げた衝撃作がいよいよ日本に上陸する!
主演は、世界的に大ヒットした『神と共に』シリーズのハ・ジョンウ。監督はハ・ジョンウとは『テロ,ライブ』以来の再タッグとなったキム・ビョンウ。そして共演にはポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』にも出演するイ・ソンギュンが務め白熱の演技バトルを繰り広げる。製作チームには『神と共に』シリーズのスタッフも参加しこれまでの韓国映画とは一線を画す戦争映画を作り出した。
関連記事

0 Comments

Leave a comment