メトロ映画情報 メトロ映画情報

25
04月

ハスラーズ(4/25~5/8)

Hustlers.jpg

私たちは、もう媚びない―


監督:
 ローリーン・スカファリア
出演:
 コンスタンス・ウー/デスティニー
 ジェニファー・ロペス/ラモーナ
 ジュリア・スタイルズ/エリザベス
 キキ・パーマー/メルセデス
 リリ・ラインハート/アナベル
 リゾ/リズ
 カーディ・B/ダイヤモンド
 メット・トーレイ/ジャスティス
原題:
 Hustlers
上映時間:
 110分
日本公開日:
 2020年2月7日
製作年:
 2019年
映倫区分:
 PG12
配給:
 REGENTS

2008年リーマンショックで困窮するニューヨーク・ウォール街。
裕福な金融マンを相手に、大胆な詐欺を企てたストリッパー達を描く、驚愕の実話。

刺激的な毎日、贅沢な暮らし、
煌びやかな世界の果てに彼女たちが見た景色とは─。
幼少の頃に母に捨てられ、祖母に育てられたデスティニー(コンスタンス・ウー)は、祖母を養うため、ストリップクラブで働き始める。そこでトップダンサーとして活躍するラモーナ(ジェニファー・ロペス)と出会い、協力し合うことで大金を稼ぐようになり、姉妹のように親しい関係になってゆく。ダンサー仲間のダイヤモンド(カーディー・B)からもストリップでの振る舞いをレクチャーされ、デスティニーは祖母とともに安定した生活ができるようになる。
しかし2008年、リーマン・ショックによる影響で世界経済は冷え込み、ストリップクラブで働くダンサーたちにも不況の打撃が押し寄せる。シングルマザーとしての生活費や、収監中の恋人の弁護士費用など、それぞれの差し迫った事情で“お金が必要”というストリッパーたちに、ラモーナは「真面目に働いても生活が苦しいのに、経済危機を引き起こした張本人であるウォール街の金融マンたちは、なぜ相変わらず豊かな暮らしをしているのか」と言い、ウォール街の裕福な男たちから金を騙し取る計画を企てる。

実際に起きた事件の取材記事をもとに映画化
この映画は、2008年のリーマン・ショック後、急激に景気が悪化したニューヨークにて、ストリップクラブで働く4人のダンサーが中心となり、ウォール街の裕福な男たちから数年に渡って大金を巻き上げた、2013年に摘発された事件の実話に基づく。2013年から当事者や警察など関係者に取材を重ね、2015年に「NewYork Magazine」誌に掲載されたジェシカ・プレスラーによる記事“ザ・ハスラーズ・アット・スコア(原題:The Hustlers at Scores)” から着想を得て、製作された。

アメリカで強く支持される女性たちが豪華共演
主演・製作総指揮は、女優としても活躍するラテンの歌姫ジェニファー・ロペスが務め、世界的に大ヒットした映画『クレイジー・リッチ』のコンスタンス・ウーがダブル主演。現在アメリカでブレイクしている人気女性ラッパーのカーディ・Bと、オリジナルの個性と存在感で高い人気を誇るシンガーでラッパーのリゾが、本作で映画女優デビューをしたことも話題となっている。ラッパーのアッシャーとGイージーもカメオ出演。ミュージックビデオさながらのスタイリッシュな映像、リアーナ、ジャネット・ジャクソン、リル・ウェイン、ブリトニー・スピアーズほか、2000年代前半のヒット曲やショークラブで定番のダンス・ナンバーがストーリーを彩る。脚本・監督・共同プロデューサーは、スティーヴ・カレルとキーラ・ナイトレイ主演による2012年の映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』で映画監督デビューしたローリーン・スカファリア。女たちの女たちによる映画が完成した。
関連記事

0 Comments

Leave a comment